インフィニティQX60の次期型か?? 日本未発売3列SUV登場!

 日産が手がける高級車ブランド「インフィニティ」の中核SUVが次期モデルを示唆!?

 2020年9月25日、インフィニティは、「QX60 Monograph(モノグラフ)」を発表した。QX60は、3列シート7人乗りのクロスオーバーSUVであり、インフィニティの販売を長年支えてきた、インフィニティにとって、重要なモデルだ。

 インフィニティが目指す、次世代3列シートSUVのデザインの方向性を示した、という、今回の「QX60モノグラフ」。リリースには「インフィニティによる今後の『QX60』の変革のビジョンを示す」とも記されているように、同車は次期モデルとも関連しているようだ。

 そこで本記事では、現行型QX60を振り返りつつ、その詳細を紹介していく。

文:吉川賢一/写真:NISSAN、INFINITI

【画像ギャラリー】インフィニティ次世代SUVの方向性を示唆!? インフィニティ QX60 Monograph(モノグラフ)を見る


■全長5m超! インフィニティが誇る3列シートSUV「QX60」

写真はQX60現行モデル。全長5メートルを超える堂々たる車格のSUVだ

 現行型QX60が登場したのは2012年3月。デビュー当時は、「JX」という車名で販売されていたモデルだ。「Q」に紐付いたインフィニティの新しいネーミング戦略によって、車名を「QX60」と変更したのは2014モデルからのことだ。

 QX60はワイドなボディの3列シートクロスオーバーSUVであり、本格的なオフロード性能の走破性よりも、例えば、子供の送り迎え、といったシーンに合うキャラクターであり、都会に住むファミリー達にむけた使いやすいMPV的な存在だ。

 エクステリアデザインは、他のインフィニティモデルと同様のテイストで、ラグジュアリーブランドならではの統一感がある。特に、大型グリルと、その中央に据えられたインフィニティのブランドバッヂ、なめらかな曲線を用いたサイドのデザインなどは、Q50と似通っている。

 インテリアも、大型ムーンルーフや、前席のヘッドレスト後方に埋め込まれたモニター、内装に用いられたウッド調パネルや本革シートなど、実にゴージャスだ。ボディサイズが、全長5095mm×全幅1960mm×全高1742mm、ホイールベース2900mm、とかなり大きいために車室内が広く、この広さによって、ラグジュアリーで落ち着いた雰囲気を醸し出している。

前席のヘッドレスト背面にモニターが埋め込まれるなど、インテリアもゴージャスだ

 エンジンは、最大出力295ps/最大トルク366Nmを発揮する、3.5リッターV6ガソリンエンジンを搭載、駆動方式はFFとAWDが選べる。EPA燃費は、市街地20MPG(約8.5km/L)、高速27 MPG(約11.5km/L)と、大排気量マルチシリンダーエンジンの中では、まずまずの燃費性能だ。

 現時点、北米インフィニティのSUVラインアップは3台ある。一番小さなQX50は4699×1902×1676(全長×全幅×全高mm)、ホイールベース2799mm。最大級のフルサイズSUV「QX80」は5339×2029×1925(全長×全幅×全高mm)、ホイールベースは3076mmであり、QX60は、その真ん中に位置するサイズだ。

 以前は、QX70というモデルも存在したのだが、2017モデルを最後にラインアップから消えてしまった。QX60(旧JX)も、2012年デビューと、ベースの設計が古いモデルであり、今回、満を持してのモデルチェンジとなる。

 ちなみに、インフィニティは、2020年11月11日に、クーペSUV「QX55」をデジタルワールドプレミアする、と発表しており、こちらも要注目だ。 

■新型QX60はインフィニティの命運を握る

今回発表されたコンセプトカー「QX60モノグラフ」。凹凸を廃したサイドからリアのエクステリアが特徴的だ

 今回発表された新型3列シートSUVのコンセプトカー「QX60モノグラフ」の詳細は、以下の通りだ。

 フロントグリルは、インフィニティのブランドアイデンティティを表した、ダイナミックで存在感のある造形をしている。このフロントグリルやエアインテークには、日本の折り紙に着想を得てデザインされたインナーメッシュを採用しているという。

 パノラマルーフの幾何学的な模様も、絹の着物のひだや、日本の現代建築の構造からインスピレーションを受けているそうだ。

 サイドからリアにかけての、凹凸の少ないエクステリアデザインでは、日本独特の美的感覚である間(ま)の考え方を取り入れた。過剰な凹凸や装飾を施すことなく、必要最小限の要素によって調和のとれたデザインとなっている。

 なんと、ドアノブすら埋め込み式だ。デザイン性と空気抵抗の低減も狙っているのだろう。フロント、サイド、リアのウィンドウも、まるで一枚ガラスのようにみえる設計だ。

 水平基調のコンビネーションランプは、どことなくハリアーなどのトヨタ車の雰囲気も感じるが、4本出しマフラーを備えるなど、インフィニティらしい「ちょい悪オシャレ」な雰囲気も充分にある。

 今回は、インテリアやパワートレイン系については、未発表であったが、3.5L・V6のNAエンジンが廃止され、QX50に搭載されている2.0L可変圧縮式のVCターボエンジンが搭載されるだろう。そして、最上級グレードには、PHEVが登場、というのが予想シナリオだ。

■日本導入は期待薄も重要なモデルに

写真の現行QX60を含めても多いとはいえないインフィニティのSUVラインナップ。新型QX60のヒットにブランドの存亡がかかっているといっても過言ではない

 SUVのラインアップが少ないインフィニティにとって、新型QX60、そして11月に登場予定のQX55は、ブランド存続をかけた重要なモデルだ。これらのモデルがメインマーケットでヒットしなければ、インフィニティは、ブランド消滅も否定できない。

 まずは、メインマーケットである海外市場でしっかりヒットさせること。そして、日本からのラブコールにも応えられるよう、体力作りが求められるタイミングだ。

 新型QX60の量産モデルは、2021年の発表が予定されている。

【画像ギャラリー】インフィニティ次世代SUVの方向性を示唆!? インフィニティ QX60 Monograph(モノグラフ)を見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ