トヨタ車だけどオーラは完璧に欧州車…トヨタプロエースシティが日本で買えるとな??

トヨタ車だけどオーラは完璧に欧州車…トヨタプロエースシティが日本で買えるとな??

 日本で販売していない日本車メーカーの海外専売車は数多いが、トヨタが欧州で販売しているプロエースシティというミドルクラスの商用バン、プロエースシティヴァーソという乗用ミニバンをご存じだろうか?

 このプロエースシティは欧州トヨタとグループPSA(プジョーシトロエン)が共同開発したもので、トヨタ版はプロエースシティ、シトロエン版はベルランゴ、プジョー版はパートナー、そして2017年にグループPSA傘下に入ったオペルからもコンボという、4兄弟車がラインナップされている。

 そのうちの一つ、トヨタのプロエースシティの乗用ミニバン、ヴァーソを愛知県名古屋市に本拠を構えるオートリーゼンが2020年9月20日から欧州から並行輸入し、販売を開始したという。

 兄弟車のシトロエンベルランゴといえば、2019年10月に先行特別仕様の予約が開始され5時間半で完売し話題となった。その後、レギュラーモデルが2020年8月26日から先行予約が開始され、10月1日に正式発売となった。

 そのヒット車、シトロエンベルランゴのトヨタ版といえば期待は高まる。

 そこで、プロエースシティ&ヴァーソとはどんなモデルなのか? いくらで買えるのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。


文/岩尾信哉
写真/欧州トヨタ 

【画像ギャラリー】ライバルよりどこが凄い? 欧州トヨタのプロエースシティヴァーソを写真で徹底チェック!


2019年4月に発表された新型車

右が商用バンのプロエースシティ、左が乗用ミニバンのプロエースシティヴァーソ
右が商用バンのプロエースシティ、左が乗用ミニバンのプロエースシティヴァーソ

 2019年4月に英国バーミンガム商用車ショーで発表され、2019年末からヨーロッパ市場で販売が開始されているトヨタのプロエースシティ。

 このプロエースシティは欧州トヨタ(トヨタ・モーター・ヨーロッパ)とグループPSA(プジョー・シトロエン)が共同開発したミドルサイズの商用バン&乗用ミニバンだ。生産はグループPSAが手がけるため、グループPSAからOEM供給モデルということになる。

 LCV(Light Commercial Vehicle:小型商用車)として、プジョーブランドではパートナー(乗用はリフター)、シトロエンではベルランゴ、同じグループのオペルでは、コンボと呼ばれ、グループPSAのスペイン・ビーゴ工場で生産されている。

 大型商用バンの「プロエース」の弟分であるプロエースシティには、「ヴァーソ」と呼ばれる乗用ミニバン(ワゴン)仕様があり、いくつかの並行輸入業者がすでに取り扱いを開始している。

 さっそく、プロエースシティはどんなクルマなのか解説していこう。

 プロエースシティは、グループPSAが欧州市場のCカテゴリー(プジョーでは308、シトロエンではスペースツアラーなど)以上のモデル向けに採用しているEMP2(Efficient Modular Platform 2)プラットフォームを基本とし、プロエースとプロエースシティはプラットフォームを共有している。

 ちなみに、どちらも2020年から2021年にかけて、欧州の一部地域でEVバージョン「プロエース(シティ)エレクトリック」の販売を開始する予定だ。

次ページは : 欧州生まれのミドルクラスミニバン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ