高すぎた志が仇!? 理想と現実のギャップに苦しんだ日本車5選

日産ティーノ:3ナンバー専用6人乗りハイトワゴン

販売期間:1998~2003年

ワンモーションフォルムが美しい日産のハイトワゴンであるティーノ。日産は快適性を重視した結果1、全幅760mmという3ナンバー専用ボディに挑んだ
ワンモーションフォルムが美しい日産のハイトワゴンであるティーノ。日産は快適性を重視した結果1、全幅760mmという3ナンバー専用ボディに挑んだ

 日産ティーノは1998年に9代目サニーをベースにハイトワゴン化したモデルで、日産の意欲作だった。

 全長4270×全幅1760×全高1610mmというショート&ワイド&ハイトという特異なスタイルを日産は『ティーノプロポーション』と称していた。

 そのスペースにフロント3人掛けのベンチシートに後席3人で最大6名が乗車できるというのが最大のセールスポイントだった。日産の多人数乗車に対する挑戦でもあった。

 そしてリアシートは3席がそれぞれ独立で脱着可能で、全部取り外すと3人乗車+カーゴ並みのラゲッジスペースを実現するなど、使い勝手にも工夫が凝らされていた。

前席は3人掛けながら、真ん中はエマージェンシー的で大人が座るのは厳しい。リアシートは3席が独立で脱着できたのもこだわりのポイント
前席は3人掛けながら、真ん中はエマージェンシー的で大人が座るのは厳しい。リアシートは3席が独立で脱着できたのもこだわりのポイント

 ワンモーションフォルムは美しかったが、フロントマスクが個性的過ぎたのが仇になった感は否めない。それよりも日産で言えばセドリック/グロリアに匹敵する全幅1760mmのワイドな全幅が敬遠されたのは間違いない。

 今ならコンパクトと言われる1760mmの全幅も当時の日本では大きすぎた。

 100台限定販売で終わってしまったティーノハイブリッド(2000年)は、プリウスのバッテリーがニッケル水素だったのに対してこの時点でリチウムイオンを採用するなど、注目されたが、単発で終了してしまった。

 最大のセールスポイントだった前席3人掛けのシートだけではダメだと判断した日産は前席2人掛けの5人乗りを追加。最終的には6人乗りを廃止して5人乗りのみとなった。

 挙句には2002年10月にマイチェンした後、わずか半年後の2003年3月に日本向けの生産を終了。迷走に次ぐ迷走で、ティーノは大きな期待をされていたとは思えない悲しい終わり方となってしまった。

プリウスから遅れること約2年、2000年に日産初のハイブリッドカーとしてティーノがベースに選ばれたが、100台限定販売で終了
プリウスから遅れること約2年、2000年に日産初のハイブリッドカーとしてティーノがベースに選ばれたが、100台限定販売で終了

マツダペルソナ:インテリアへの強いこだわり

販売期間:1988~1992年

全高1335mmという低い車高の4ドアハードトップボディとエアロダイナミクスにもこだわったスッキリ系のデザインで登場し注目を集めた
全高1335mmという低い車高の4ドアハードトップボディとエアロダイナミクスにもこだわったスッキリ系のデザインで登場し注目を集めた

 1988年にマツダから登場したブランニューカーのペルソナは、トヨタカリーナEDが先鞭をつけた、背の低い4ドアピラーレスハードトップだった。ベースとなったのはカペラで1.8Lと2Lの直4DOHCエンジンをラインナップ。

 ユーノスブランドからは、兄弟車のユーノス300が販売された。

 エクステリアデザインはカリーナEDに負けず劣らず背が低くスタイリッシュだったが、最大のセールスポイントは『インテリアイズム』と謳ったインテリアデザインだった。

 当時としては高級セダンでも一部しかオプション設定のなかった本革をふんだんに使ったインテリアは圧巻。カタログでもエクステリアよりもインテリアの詳細説明にページが咲かれていたほどだった。

 このインテリアイズムは1990年登場のユーノスコスモにも継承され、当時のクルマとしては異次元のラグジュアリーさを誇った。その先鞭をつけたのがペルソナだ。

本革シートが一般的ではない時代に、シート、インテリア素材として本革を贅沢に使ったペルソナのインテリア。ソファのようなリアシートは今見ても斬新
本革シートが一般的ではない時代に、シート、インテリア素材として本革を贅沢に使ったペルソナのインテリア。ソファのようなリアシートは今見ても斬新

 ペルソナは、日本車として初めて灰皿とシガーライターをオプションとしたクルマとしても話題になった。

 マツダがマルチチャンネルで混迷していた時期と重なった不運はあるが、内外装の美の追求は今のマツダでも継承されていることからも、マツダのターニングポイントとなったクルマの1台と言っていいかも。

ペルソナの最新中古車情報

次ページは : スバルR1:居住性よりもデザイン追及

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!