高すぎた志が仇!? 理想と現実のギャップに苦しんだ日本車5選


 自動車メーカーはユーザーにとって魅力的なクルマを作るためにいろいろな趣向を凝らしそれを商品化している。いいクルマが売れる要素になることはあっても絶対ではない。

 時代のニーズに合って大ヒットすることもあれば、チャレンジングすぎてユーザーにそのよさが理解されず販売面で苦戦するケースもある。

 本企画では、高い志を掲げながら、現実とのギャップに苦しんだ日本車にスポットを当てていく。

 5台紹介する中で、4台は単発で終わってしまっている。ただ販売面で大きな成功は納めていなくても、存在が否定されるわけではない。

 ライバルやその後に登場したモデルに受け継がれたものもあれば、消滅後に評価されたモデルなど、今でも存在感は絶大だ。

文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、NISSAN、MAZDA、SUBARU、DAIHATSU

【画像ギャラリー】志の高さが魅力!! アイシス、ティーノ、ペルソナ、R1、オプティをジックリとチェック!!


トヨタアイシス:日本専用の左右非対称ボディ採用

販売期間:2004~2017年

アイシスは全高が1460mmの乗用タイプミニバンとBOXタイプミニバンの中間的な背の高さで、両方のいいとこ取りを狙ったが、時代は背の高いほうに流れていた

 アイシスは2004年9月に全長4610×全幅1695×全高1460mmというウィッシュとノア/ヴォクシーの中間的な背の高さのミニバンとしてデビュー。ガイアの後継モデルと思われるが、コンセプトは大きく違っていた。

 アイシスは、助手席側にセンターピラー内蔵のパノラマオープンドアを採用することで、乗降性を高めているのが特徴だ。ユニバーサルデザインのラウムの要素をミニバンと融合した意欲作だった。

 が、乗用タイプミニバン人気がひと段落し、背の高いミニバンに人気が映っている時代だったこともあり、中間的サイズのアイシスは中途半端な存在に映ったのだろう。

助手席側はセンターピラーがないため開口部はもの凄く広く、乗降性は抜群。この左右非対称ボディは日本専用モデルだから実現できた

 センターピラーのないミニバンとしては初代日産プレーリー、アイシスなどがあるが、どれも現在は消滅し、そのコンセプトは受け継がれていない。

 ダイハツタント、タントのOEMのスバルシフォンのみが生き残っている状況だが、乗り手に優しく、使い勝手に優れるため、今後再登場に期待したい。

アイシスの最新中古車情報

日産ティーノ:3ナンバー専用6人乗りハイトワゴン

販売期間:1998~2003年

ワンモーションフォルムが美しい日産のハイトワゴンであるティーノ。日産は快適性を重視した結果1、全幅760mmという3ナンバー専用ボディに挑んだ

 日産ティーノは1998年に9代目サニーをベースにハイトワゴン化したモデルで、日産の意欲作だった。

 全長4270×全幅1760×全高1610mmというショート&ワイド&ハイトという特異なスタイルを日産は『ティーノプロポーション』と称していた。

 そのスペースにフロント3人掛けのベンチシートに後席3人で最大6名が乗車できるというのが最大のセールスポイントだった。日産の多人数乗車に対する挑戦でもあった。

 そしてリアシートは3席がそれぞれ独立で脱着可能で、全部取り外すと3人乗車+カーゴ並みのラゲッジスペースを実現するなど、使い勝手にも工夫が凝らされていた。

前席は3人掛けながら、真ん中はエマージェンシー的で大人が座るのは厳しい。リアシートは3席が独立で脱着できたのもこだわりのポイント

 ワンモーションフォルムは美しかったが、フロントマスクが個性的過ぎたのが仇になった感は否めない。それよりも日産で言えばセドリック/グロリアに匹敵する全幅1760mmのワイドな全幅が敬遠されたのは間違いない。

 今ならコンパクトと言われる1760mmの全幅も当時の日本では大きすぎた。

 100台限定販売で終わってしまったティーノハイブリッド(2000年)は、プリウスのバッテリーがニッケル水素だったのに対してこの時点でリチウムイオンを採用するなど、注目されたが、単発で終了してしまった。

 最大のセールスポイントだった前席3人掛けのシートだけではダメだと判断した日産は前席2人掛けの5人乗りを追加。最終的には6人乗りを廃止して5人乗りのみとなった。

 挙句には2002年10月にマイチェンした後、わずか半年後の2003年3月に日本向けの生産を終了。迷走に次ぐ迷走で、ティーノは大きな期待をされていたとは思えない悲しい終わり方となってしまった。

プリウスから遅れること約2年、2000年に日産初のハイブリッドカーとしてティーノがベースに選ばれたが、100台限定販売で終了

次ページは : マツダペルソナ:インテリアへの強いこだわり