RAV4話題のオフロード仕様は“普通のRAV4”より凄いのか

RAV4話題のオフロード仕様は“普通のRAV4”より凄いのか

 人気SUVのトヨタ「RAV4」に、ランクル並みの車高を持つ特別仕様車登場! 果たしてその実力は?

 2020年10月2日、トヨタは特別仕様車のRAV4「Adventure“OFFROAD package”(アドベンチャー“オフロードパッケージ”)」を発売。RAV4「アドベンチャー」をベースに、最低地上高を10mmアップの210mmとし、悪路にも対応したオールテレインタイヤを採用するなど、走破性に特化したモデルだという。

 210mmといえば、ランドクルーザープラドの最低地上高220mmに迫り、競合するライバルSUVと比較しても高い値。果たしてそのスペック通りの実力を持っているのか? さっそく試乗してみた。

文/国沢光宏、写真/池之平昌信、TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタ RAV4の特別仕様車「アドベンチャー“オフロードパッケージ”」を写真で見る


■走破性に特化したRAV4オフロードパッケージは異例な特別仕様

トヨタ RAV4「Adventure“OFFROAD package”(アドベンチャー“オフロードパッケージ”)」(スーパーホワイトⅡ)
トヨタ RAV4「Adventure“OFFROAD package”(アドベンチャー“オフロードパッケージ”)」(スーパーホワイトⅡ)

 最近のトヨタは元気いっぱいだ。バランスのよいお利口さんより、飛び抜けた個性を持つクルマを作ってきます。

 SUVの場合、本来ならコンディションの悪い道を走れることをストロングポイントにすべきクルマながら、タワーパーキングに入るよう車高を落としたり、静粛性やドライ路面のハンドリングを追求するなど逆方向に進む傾向。

 実際、特別仕様車と言えばローダウンしたモデルばっかり! 私が知る限り車高上げた特別仕様車って日本じゃ初めてです。

 参考までに書いておくと、東京オートサロンでも大阪オートメッセでも直近の1~2年はハッキリ車高上げる方向のドレスアップが人気。トヨタだけキャッチアップしてきた。写真見てもカッコいいでしょ?

近年のカスタムでは車高アップが増えてきている。流行のドレスアップに本家トヨタが乗った形だ
近年のカスタムでは車高アップが増えてきている。流行のドレスアップに本家トヨタが乗った形だ

 素晴らしいことに日本車じゃ極めて珍しくオールレテインタイヤを履いている! 乗用車ベースのSUVに装着されているタイヤは、燃費や舗装路性能、静粛性などを考え普通のオンロードタイヤ。

 オフロード用タイヤの中じゃ舗装路にも対応しているオールテレイン(全ての路面)といえども、普通タイヤと比べたら圧倒的に悪路で強い。

 その代わり燃費が落ちたり、舗装路での快適性は落ちる。けれどオフロードパッケージに装着されているファルケンの「ワイルドピーク」というオールテレイン、カタログ燃費が標準車と同じ。

 オンロードでの乗り心地やハンドリングも大差ないという。オンロードでの性能が良いと聞いていたけれど、純正タイヤとして使えるとは思っていなかった。

次ページは : ■純正で履く全路面対応タイヤ履くRAV4の本気度

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!