令和の「シーマ現象」再び!! 半年前から相場が2倍以上!

令和の「シーマ現象」再び!! 半年前から相場が2倍以上!

 過日、俳優の伊藤かずえさんが所有する「初代日産シーマ」がネット上で大きな話題を呼んだ。

 伊藤さんが自身のインスタグラムに「シーマに乗り始めて今月で30年。今日一年点検してもらったら日産スタッフの方におめでとうございますとお花を頂きました。ありがとうございます」と写真付きで投稿したことに対し、「マジか? 伊藤さん、凄い!」「○○○○ではなく伊藤さんが日産のCMに出演するべき!」など、伊藤かずえさんの偉業(?)とシーマ愛を大絶賛するコメントが多数寄せられたのだ。

 さて、伊藤さんが30年愛したシーマとはいったいどんなクルマなのだろうか? 

 そして、この話を聞いてぜひ乗ってみたいと思った方のために、今どのくらいで買えるのか? 中古車事情に詳しい伊達軍曹が、初代シーマ専門店に直撃取材!


文/伊達軍曹
写真/日産自動車 伊達軍曹

【画像ギャラリー】シーマ現象を巻き起こした魅力は何だったのか? 発売当時のシーマの写真をチェック!


1988年1月に発売されるやシーマ現象を巻き起こす

1988年1月~1991年7月まで販売された初代シーマ
1988年1月~1991年7月まで販売された初代シーマ
ボディサイズは全長4890×全幅1770×全高1400mm。今見ても優雅なデザインだ
ボディサイズは全長4890×全幅1770×全高1400mm。今見ても優雅なデザインだ

 俳優の伊藤かずえさんが新車で購入し、2020年10月で初度登録から丸30年が経過した初代シーマは、すでに走行26万kmを超えているとのこと。

 伊藤さんの場合、最近は近所での買い物にしか使っていないそうだが、それでも「30年前のセダン」というのはごく普通に使えるものなのだろうか? 

 というか初代シーマの中古車ってまだ流通しているのか? 純正部品はまだ供給されているの? ……等々の疑問が湧いてしまったため、そのあたりの現状を専門店に尋ねてみることにした。

 だがその前に初代日産シーマというクルマ自体について、ごく簡単にだが“復習”しておこう。

 スペイン語で「頂上」を意味するシーマが発売されたのは1988年(昭和63年)1月。

 開発の基本コンセプトは「日本的な味を持った世界に通用する新しいビッグセダンを作る」というもので、デザインから性能、乗り味に至るまでのすべてにおいて「最高」を目指すべく、従来のさまざまな制約を取り払ったうえで開発が行われたという。

 プラットフォームは前年に登場したY31型セドリック/グロリア用がベース。ホイールベースはセド/グロと同一だが、シーマには3ナンバー専用の4ドアハードトップボディが採用された。

バブル期に発売されただけにシーマのコクピットは先進的で豪華な印象
バブル期に発売されただけにシーマのコクピットは先進的で豪華な印象

 またインテリアも空間的な広さだけでなく、「視覚・触覚的に柔らかで上質なテイスト」で統一されている。

 エンジンは3L、V6DOHCで、タイプIとタイプIIには自然吸気のVG30DE型、タイプII-SとタイプIIリミテッドには新開発のターボエンジン「VG30DET」を搭載。

 VG30DETが発生した255ps/35.0kgmというパワー&トルクは当時「国産乗用車最強」。

 フル加速時、車体後端を目いっぱい押し下げながら加速していく初代シーマの姿に、当時の男たちは胸踊らせたものだ。

 サスペンションはY31セドリック/グロリアと共通だが、車幅拡大に合わせたさまざまなチューニングがされており、ターボ車にはリアビスカスLSDを標準装着。

 またタイプIIと同リミテッドには、ソフト/ミディアム/ハードという3種類の切り替えが可能な電子制御エアサスペンションが採用された。

次ページは : 10台以上ストックする初代シーマ専門店に直撃取材!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!