ジムニー、ジープ、BMW…定番にはない「クセの強い」オススメグルマ 15選

ジムニー、ジープ、BMW…定番にはない「クセの強い」オススメグルマ 15選

 近年、日本で売れているのは燃費がよくて安全装備が充実したクルマがほとんど。そんな今、そういった売れ筋カーや定番カーにはない「クセの強ーい」現行車10選・中古車5選を紹介!

【画像ギャラリー】一度ハマればもう戻れない!!! 厳選15台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文/岡本幸一郎、伊達軍曹、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■PART01 現行新車で選ぶクセ強グルマ

(TEXT/岡本幸一郎)

 よくいえば「個性」、悪くいえば「違和感」。「クセ」といえばラテン系のお家芸という印象が強いが、最近は一概にそうでもなくなったものの、それでもラテン系にかぎらず欧州のコンパクトカーにはいまだにクセのあるクルマが少なくない。

 筆頭はフィアット500のツインエア。このクルマ、見た目からしてタダモノではないけど、乗っても21世紀のクルマとは思えない感覚。

フィアット500/クセ強度 97%…価格200万~295万円。875cc2気筒ターボエンジンを搭載するツインエアモデルのクセが強い
フィアット500/クセ強度 97%…価格200万~295万円。875cc2気筒ターボエンジンを搭載するツインエアモデルのクセが強い

 デュアロジック(5連AMT)にクセがあるのは言うまでもないとして、2気筒エンジンのツインエアのあの「ボー」という音と独特の加速もひとクセある。

 さらにはショートホイールベースで重心が高いから操縦性もおぼつかないけど、これらはすべてチンクの“味”として許せてしまう。

 逆に、似たようなクセなのに許せないのがVW up!だ。AGS(5速AMT)は出た当初よりはよくなったとはいえ、依然としてクセモノ。

VW up!クセ強度 80%…価格167万3000~205万6000円。スムーズに走らせるのにコツのいるトランスミッションのクセが強い
VW up!クセ強度 80%…価格167万3000~205万6000円。スムーズに走らせるのにコツのいるトランスミッションのクセが強い

 誰もVWにこんな味は求めてない。それはそうだ。現に最初はけっこう売れたのにすぐに中古車市場に流れたもんね。

 でもクルマとしての完成度はさすがはVWだし、シンプルな“素”のよさがある。ミッションくらい大目に見てあげられる人へ。もしくはMTのGTIもあることだし。

 あるいはルノートゥインゴ。こちらのEDCはAMTではなくDCTなんだけど、なぜかAMTのようなクセが見受けられる。

ルノー トゥインゴ/クセ強度 75%…価格179万~213万5000円。RRレイアウトで後輪駆動らしい走りが楽しめる、いい意味でのクセがある!
ルノー トゥインゴ/クセ強度 75%…価格179万~213万5000円。RRレイアウトで後輪駆動らしい走りが楽しめる、いい意味でのクセがある!

 さらにトゥインゴは、このサイズで後輪駆動、しかもRRというのがポイント。

 決してクセが強くて乗りにくいというわけではなく、操縦性がRRならではで独特ということで、よい意味でクセがあるということにしたい。

 ちなみにとりわけフランス車はクセが強いと思われがちだけど、いま時はぜんぜんそうでもない。シトロエンも普通に乗れるし、プジョーもルノーもいたって普通だ。

 そしてBMW i3

BMW i3クセ強度 83%…価格499万~608万円。レンジエクステンダ―車は、強くアクセルを踏んで加速するとエンジンが始動して、音が後ろから聞こえるのも独特
BMW i3クセ強度 83%…価格499万~608万円。レンジエクステンダ―車は、強くアクセルを踏んで加速するとエンジンが始動して、音が後ろから聞こえるのも独特

 これまたパッケージングが独特だけど、リアヘビーで、世界でコレだけという大径で細くて偏平なタイヤを履くせいか、運転がヘタになったような気がするほど高速巡行時にアッチコッチいったことを思い出す。

 ワンペダルによる加減速の感覚もひとクセあり。クルマはちょっとくらいクセがあるほうが面白いという人へ。

 さてほかに何があるだろうと考えた時に、思い浮かんだのがガラリと変わって、ロータスエキシージだ。

ロータス エキシージ/クセ強度 85%…価格990万~1760万円。今の時代にパワーステアリングなし、クラッチもすごく重い。スパルタン過ぎるクセ強スーパースポーツだ
ロータス エキシージ/クセ強度 85%…価格990万~1760万円。今の時代にパワーステアリングなし、クラッチもすごく重い。スパルタン過ぎるクセ強スーパースポーツだ

 いま時の高価なスーパースポーツは、どれも快適でクセらしいクセがない。それはそうだ。快適に乗れないと買ってもらえないもんね。

 ところがロータスだけは我が道を行く。とにかくスパルタン。パワステもなければ、クラッチも激オモ。

 すべてが“素”の感じで、ステアリングのキックバックや路面からの衝撃など、あらゆるものがダイレクトに伝わってくる。

 なかでもエキシージはエンジンが激ハヤで音も派手。このクセは好きな人ならやみつきになりそうだ。

 スパルタンといえばスポーツカー界でも屈指の存在がメルセデスAMG GTだ。

メルセデスAMG GT/クセ強度 82%…価格1216万~1426万円。ハンドリングがシャープで、加速感も超刺激的。日本車では味わえない乗り味があるという意味でクセがスゴイ!
メルセデスAMG GT/クセ強度 82%…価格1216万~1426万円。ハンドリングがシャープで、加速感も超刺激的。日本車では味わえない乗り味があるという意味でクセがスゴイ!

 最新版は最初ほどではないけど、出た当初の乗り心地ときたら、段差を通過するたび地響きを感じたほど。エンジンもハンドリングもハッチャケていて、ドライブフィールはチョー刺激的だ。

 一方、高性能車が増えているSUVで、クセの強さという意味ではこのクルマの右に出るものはいない。アルファロメオ ステルヴィオだ。

アルファロメオ ステルヴィオ/クセ強度 80%…価格635万~1189万円。SUVなのに操縦性は驚くほどスポーティなハンドリングマシン。2.9L V6ターボ車の加速も強烈といえる
アルファロメオ ステルヴィオ/クセ強度 80%…価格635万~1189万円。SUVなのに操縦性は驚くほどスポーティなハンドリングマシン。2.9L V6ターボ車の加速も強烈といえる

 とにかくハンドリングが驚くほどクイック。最強のクアドリフォリオだと、510psを叩き出したエンジンがまた強烈だ。ただし、決してクセがあって乗りにくいというわけではないので、誤解のないように。

 あるいはシトロエン。C3系あたりはあまりクセもなく、C5エアクロスもクセが強いというと少々語弊があるんだけど、こんなに足回りがソフトでストローク感があって乗り心地が快適なクルマは他にない。

シトロエン C5エアクロス/クセ強度 66%…価格409万~431万9000円。こんなにストローク感があってソフトで乗り心地が快適なクルマはほかにはないという点で印象深い
シトロエン C5エアクロス/クセ強度 66%…価格409万~431万9000円。こんなにストローク感があってソフトで乗り心地が快適なクルマはほかにはないという点で印象深い

 それに世のSUVが軒並みスポーティになるなかで、ゆったりと落ち着いた操縦感覚も独特なことから、乗り味があまりに印象的だったので選んだ。

 そして本格オフローダーもやっぱり乗用車に比べるとクセは強め。ジープ ラングラースズキジムニーも現行型になって一気にクセが薄れた(特にGクラス)とはいえ、この2台は車内の雰囲気や運転して感じるいろいろな感覚に、よい意味で往年の味わいが色濃く残っているよね。

ジープ ラングラー/クセ強度 77%…価格490万~612万円。2018年実施の11年ぶりのフルモデルチェンジで快適性が配慮されクセは薄まったが、それでも伝統の味がある
ジープ ラングラー/クセ強度 77%…価格490万~612万円。2018年実施の11年ぶりのフルモデルチェンジで快適性が配慮されクセは薄まったが、それでも伝統の味がある
スズキ ジムニー/クセ強度 73%…価格148万5000~187万5500円。これも先代モデルよりクセが薄くなっているが、軽の本格オフローダーとしての乗り味は濃い
スズキ ジムニー/クセ強度 73%…価格148万5000~187万5500円。これも先代モデルよりクセが薄くなっているが、軽の本格オフローダーとしての乗り味は濃い

次ページは : ■旧型中古で選ぶクセ強グルマ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!