打倒N-BOXなるか!? タントが2020年12月に一部改良! フルハイブリッドも来る!!?

 軽自動車の販売台数ランキングで、トップ3を独占し続けているスーパーハイトワゴン。その大人気カテゴリーにおける不動の王者 ホンダ「N-BOX」、2位スズキ「スペーシア」と熾烈な戦いを繰り広げるのが3位のダイハツ「タント」だ。

 現在上位2台に対して攻めあぐねているタントだが、2020年12月に一部改良を実施し、さらに2021年には軽初となるフルハイブリッドを投入するとの独自情報を入手した!

  打倒N-BOXを目指すタントにとって、一部改良、そしてフルハイブリッド投入は起爆剤となり得るのか!? その気になる最新情報をお届けする。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】2020年12月に改良を実施する現行型「タント」の詳細をチェック!!


■2020年12月1日に一部改良! すでに従来モデルはオーダーストップに

 ダイハツは2020年12月1日にも「タント」を一部改良する。現行モデルがフルモデルチェンジして発売したのは2019年7月9日であるから、1年5カ月ぶりと早めの一部改良となる。

 現行モデルはプラットフォーム、エンジン、駆動系、足回り、トランスミッションなどの基本コンポーネント、安全対策などを全面刷新して開発した期待の新世代モデルだった。

スーパーハイトワゴン軽自動車のパイオニアである「タント」は2019年7月にフルモデルチェンジで新型に切り替わった。2003年に初代が登場して現行が4代目となる

 ところが、その後の販売推移を見ると、トップのホンダ「N-BOX」を抜けないばかりか、最近はスズキ「スペーシア」にも抜かれ、同クラスでは3番手に甘んじている。このため今回、一部改良し商品ラインアップを強化しながら、10~12月の年末キャンペーンでトップの座奪還を目指す方針である。

 すでに従来モデルはこの10月中旬でオーダーストップし、在庫一掃セールに入っている。販社によっては売りつくし、在庫ゼロの店舗も目立っている。

 今回の改良内容はカスタムを中心としたフロントのメッキグリルのデザイン変更、2トーンカラー仕様に採用しているボディサイドの横長のオーナメントを標準仕様車にも設定、最新モデルであるタフト並みの安全パッケージである「スマートアシスト」デバイスの標準装備などとなっている。これによって5万円程度の値上げが予想される。11月18日頃から改良モデルの事前受注を開始する見込みである。

タフトはクルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避にも対応した最新の「スマートアシスト」を搭載。電動パーキングブレーキを採用したことで、アダプティブクルーズコントロールは全車速対応となっている

 ダイハツの正規代理店では10~12月、首都圏を中心に年末に向けての増販キャンペーンを展開している。対象モデルはタントのほか、ムーヴ、ムーヴキャンバス、タフト、ウェイク、キャスト、ミライース、ミラトコットの8車種。

 残価設定クレジット(わくわくプラン)または2回払い(わくわくツイン)を組み成約すると、タントの場合9インチナビ、ドライブレコーダー、コーティング、オリジナル用品パックがセットとなり、ナビから10万円引き、用品プレゼントを10万円分、合わせて20万円の買い得としている。

 10月からスタートしているが、タントの場合だと改良モデルも対象になっている。これによってタントはライバルのN-BOXやスペーシアを凌ぎ、トップセラー奪還を目指す構えだが、現実は一筋縄ではいかない状況にある。

 N-BOXは、2020年12月中旬にも2年4カ月ぶりのビッグマイナーチェンジを行い、商品ラインアップを強化するし、スペーシアも2020年8月20日のマイナーチェンジで好調な販売推移を見せている。

■打倒N-BOXへ! 独自開発のフルハイブリッドで活路を開くか!?

 タントは今後さらなる攻勢強化を予定している。2021年末にもビッグマイナーチェンジし、内外装のデザイン変更、使い勝手の向上、クオリティアップ、追加モデルの設定で商品ラインアップを強化する予定である。

 追加モデルの設定で注目されるのは軽自動車初となる「フルハイブリッド車」の設定である。モーターアシスト方式のマイルドハイブリッドはスズキ、日産、三菱自動車がすでに発売しているが、EV走行可能な「フルハイブリッド」はまだ発売している軽自動車メーカーは存在しない。

スズキは登録車の「ソリオ/ソリオ バンデット」などにフルハイブリッドを設定しているが、軽自動車の「スペーシア」には未設定だ。ほかのメーカーも軽自動車のフルハイブリッド投入はまだない

「マイルドハイブリッド車ならいつでも投入できる状況にあるが、先行各社が存在するので売りにならない。フルハイブリッドであればまだ存在しないので、タントに設定すべく開発を進めている」(ダイハツ商品開発関係者)と明かしている。

 どんなメカニズムになるか明確になっていないが、おそらく1モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたダイハツ独自の開発になると思われる。2モーター方式のほうがより低燃費&高性能の両立に効果的だが、こちらだと大幅なコストアップになり、拡販が難しいとの判断があるためのようである。

■現場が語る今後のライバル対決のポイント

●証言1:首都圏ダイハツ販売店営業関係者
 今回のタントの一部改良は小幅の手直しだから、これによる大幅な販売での立て直しは難しいかも知れない。モデルそのものは新開発の刷新車だから、商品力には自信がある。

 N-BOXやスペーシアに販売実績で負けているのは、ダイハツにとって両側スライドドア仕様は、ほかにムーヴキャンバスやウェイクがあり、これらに需要が分散しているためだ。これらを合わせた総販売台数は引き続きダイハツがトップの座を維持している。

 今後、ビッグマイナーチェンジし、フルハイブリッドが追加されれば、さらに販売が増強され、単独でタントがトップブランドになる可能性があるので期待している。

●証言2:首都圏ホンダカーズ店営業担当者
 ホンダ「N-BOX」とダイハツ「タント」では、基本的にスーパースペースワゴンとしてのクオリティ、室内の広さ、使い勝手、安全性での商品力の格差があるので、販売実績で負けることはないと確信している。

 N-BOXの現行モデルの登場は2017年8月31日で、現行タントより2年近くも古いのに負けていないのが、その証拠だ。2020年12月のマイナーチェンジによって、さらに引き離すのは間違いない。

 N-BOXはハイブリッドがなくてもライバル車とは充分に戦える商品を持っている。もしタントのフルハイブリッドが発売になり、N-BOXを追い抜くことになれば、ホンダとしても対抗策を考えるに違いない。

【画像ギャラリー】2020年12月に改良を実施する現行型「タント」の詳細をチェック!!