時代の徒花か豊かさの証か スポーツカーとはいえないFFクーペ 5選


 クルマ界においてクーペはいつの時代も華やかだ。デートカーやスペシャルティカーの名前で呼ばれることもあるとおり、ほかのどんなカテゴリーのクルマよりもパーソナル性が強い。

 日本車もいろいろなクーペが誕生しては消滅してきているが、誰にでも購入できる価格の手頃なサイズのクーペというのは今の日本車のラインナップには皆無だ。強いて挙げれば86/BRZということになるが、かなり趣味性が強くなる。

 その点かつての日本には、手頃なクーペがいろいろと存在した。クルマ文化は成熟していなかったかもしれないが、ある意味、豊かさの象徴とも言えるだろう。

 本企画では、アンダー2LかつFFの手頃感満点のクーペモデルを集めてみた。

文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、NISSAN、MITSUBISHI、SUBARU、ISUZU

【画像ギャラリー】86&BRZとフェアレディZの新型は2021年登場!! 新車購入できる日本のクーペを総ざらい!!


トヨタサイノス

販売期間:1991~1995年(初代)、1995~1999年(2代目)

日産NXクーペのヒットにより、小さなクーペ市場が活性化したことでトヨタが投入したのが初代サイノス。エンジンは1.5Lのみの設定

 サイノスはコンパクトカーのターセル/コルサ/カローラIIをベースにスペシャルティ色の強いスポーティなデザインが与えられた2ドアクーペだ。それゆえ、全長4415×全幅1645×全高1295mmというコンパクトで扱いやすいサイズになっているのが魅力だ。

 元々はアメリカの女性向けのセクレタリーカーとして開発されたが、日本では圧倒的に男性ユーザーが多かった。

 サイノスは初代、2代目と2世代にわたり販売された。エンジンは初代が1.5Lのみだったが、2代目は1.3Lが加わった。この1.3Lモデルは4MT/3MTと少々チープだったが、そのぶん安く、新車価格は104万1000円からとお手頃。

 初代、2代目とも決して速くはないが、街中を爽快に走ることができ、2代目には4シーターコンバーチブルも設定されていた。手軽にオープンエアを満喫でき、1.3Lなら161万5000円で手に入れることができた。

 ヤリスベースのクーペを見てみたいと切に思う。 

初代よりも洗練されたデザインが与えられた2代目。1.3Lエンジンを追加して、買い得感をアピール。ヤリスベースでの復活に期待したい

日産エクサ

販売期間:1986~1990年

エッジの効いたデザインが特徴のエクサは、コンセプトカーのMID4のテイストが盛り込まれている。キャノピーと共用できていれば楽しみ方が広がったハズ

 日産のコンパクトクーペのパルサーエクサの後継モデルとして1986年にデビュー。パルサーの名前が外れて、エクサという独立車種となった。

 エクサと言えば、クーペボディとキャノピーの2タイプをラインナップし、自在に着せ替えできるというコンセプトが話題になった。Tバールーフにすればクーペ、オープン、ワゴンという3タイプが楽しめることになる。

 が、アメリカでは認可されたものの日本では認可が下りず、クーペ、キャノピーそれぞれが別モデルとして販売された。

 エンジンは1.6L、直4DOHC(CA16DE型)のみで、トランスミッションは5MTと4ATが選べた。

 エクサで特筆すべきは、エクステリア、インテリアにミドシップ4WDスポーツのMID4(残念ながら市販されず)のテイストが随所に盛り込まれていることだろう。リトラクタブルヘッドランプも懐かしい。

 エクサとしては1代限りで消滅したが、チャレンジング精神にあふれていた。記録より記憶に残る1台であることは間違いない。

 後継モデルはNXクーペで、パルサーベースからサニーベースに変更された。

エクサの後継モデルとして1990年にデビューしたNXクーペは、ファニーな個性的な顔は賛否あったが、安く手軽なことがウケてヒットして市場を開拓

次ページは : 三菱ミラージュアスティ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ