今やジムニーだけの絶滅危惧種 日本の個性派3ドアSUV列伝

今やジムニーだけの絶滅危惧種 日本の個性派3ドアSUV列伝

 SUVブームとなってかなり経過し、ラインナップが増殖されているが、3ドアモデルは世界でも少数派となり、日本ではランドクルーザープラドから3ドアが消滅したため、スズキのジムニー&ジムニーシエラだけとなっている。

 ショートボディでスポーティな魅力を持った日本の3ドアSUVで個性が光るものを集めて紹介しよう。

文/ベストカー編集部、写真/ISUZU、NISSAN、TOYOTA、DAIHATSU、SUZUKI、MERCEDES-BENZ、FCA、LANDROVER JAGUAR

【画像ギャラリー】日本での販売を切望!! 復活して大ブレーク中のブロンコは非5ドアSUVの期待の星!!


いすゞミュー

販売期間:1989~1998年

前後のオーバーフェンダーが強烈。全長4135mm、全幅1765mmのショート&ワイドボディはまさにチョロQルック

 いすゞミューは、まだクロカンブームが到来する前の1989年にデビュー。ショートホイールベース、2ドア、前後のオーバーフェンダーが強調されたチョロQルックの個性派だ。

 ボディタイプはハードカバー、ソフトトップの2タイプが用意されていたが、昔ながらのハードなオフロード4WDで、マニア以外はあまり興味の対象となるクルマではなかった。

 しかし1990年にメタルトップを追加したことで一気に注目を集めた。王道のパジェロ、ハイラックスサーフとはひと味違うデザインがウケたのだ。ただ、5MTしかラインナップしていないという硬派でもあった。ちなみにATは1991年に追加された。

5ドアのウィザードの登場により利便性、乗降性は大きく進化したが、3ドアにある個性や存在感は薄れてしまった

 なおメタルトップはラゲッジドアが追加されたことで3ドアとなり、使い勝手が大幅に向上。

 クロカンブームでは、いすゞはビッグホーンがいわゆる本流で勝負していたのに対し、ミューはあくまでも唯我独尊の存在だ。ビークロスに勝るとも劣らない、いすゞの傑作クロカンの1台だろう。

 ちなみに、利便性を高めたのがミューシリーズに追加されたウィザードで、こちらは5ドアだが2ドア、3ドアほどの個性はない。

日産テラノ(初代)

販売期間:1986~1995年

日産の北米デザインスタジオのNDIデザインは当時のクルマ好きの度肝を抜いた。今見てもその斬新なドア後部のデザインは光っている

 日産テラノは、ダットサントラックをベースに仕立てられたクロスカントリータイプで、日産車ではサファリの下に位置する。

 武骨なデザインが当たり前だったクロカンに、新風を吹き込んだのがテラノで、日産の北米デザインスタジオであるNDIによる洗練されたデザインはユーザー、ライバルメーカーに衝撃を与えた。

 特にドア後ろのデザインは画期的で、独創的なデザインに仕上げられている。後に利便性、乗降性を高めた5ドアが追加されるが、3ドアモデルの斬新さは失われてしまった。

 その後オーバーフェンダーを装着したワイドボディも追加されるが、結局は最初にデビューした3ドアが最もシンプルかつ美しかった。

 そのテラノは1995年に2代目が登場するが、3ドアモデルは設定されていない。

5ドアモデルのリアドアは隠れて見えにくくなっているため一見3ドアかと思えるが、3ドアモデルのような斬新なデザインは不可能だった

次ページは : トヨタRAV4