今やジムニーだけの絶滅危惧種 日本の個性派3ドアSUV列伝


トヨタRAV4

販売期間:1994~2000年

3705mmの超ショートボディは、スポーティ感にあふれていて、当時のオフロード4WDに一石を投じた。初代RAV4はクロカンというよりもクーペ的存在だった

 現行モデルが大ヒット中のRAV4だが、初代がデビューしたのは26年前の1994年。シティオフローダーの元祖的存在である。

 全長3705mmというショートボディはスポーティかつオシャレだった。当時CMキャラクターにSMAPの木村拓哉さんを起用したことで、女性からの注目度は絶大だった。

 日本にはプレリュードに代表されるデートカーが一大ブームとなったこともあったが、RAV4は女性が乗りたい、または乗せてもらいたいクルマのナンバーワン的存在で、デートカーの再来と言われた。

室内も広くはないが、デートカーとして使うには充分だった。写真は左ハンドルの北米仕様。アメリカでも若者に人気となった

 RAV4はシティオフローダーで、見た目はナンパグルマだったが、実はオフロード性能もしっかりとしていて、侮れない実力を持っていた。

 ユーザーのニーズに応え、ボディを延長した5ドアが追加されたが、RAV4らしかったのは3ドアだった。

 ちなみにRAV4は2代目にも3ドアモデルがラインナップされていた。

トヨタランドクルーザープラド(3代目)

販売期間:2002~2009年

次期モデルについてはわからないが、日本で販売された最後の3ドアプラドは先代モデル。ラグジュアリー性とスポーティ性を兼ね備えていた

 ランドクルーザープラドは、歴代モデルに3ドアと5ドアの両方をラインナップしてきた。3ドアは軽快でスポーティな走り、5ドアは利便性と乗降性、スタビリティの高い走りがそれぞれセールスポイントとなっている。

 しかし、現行のプラドには3ドアが設定されず、5ドアのみとなってしまった。海外では3ドアが設定されているところもあるようだが、日本でプラドの最後の3ドアは先代モデルということになる。

 先代プラドの3ドアは2.7Lと3.4Lのガソリンエンジンと3Lディーゼルというラインナップで、RX、RZというグレードが用意されていた。

 ボディサイズは全長4340×全幅1875×全高1870mm、ホイールベースは2455mmで、5ドアよりも全長が375mm、ホイールベースが335mm短い。3ドアは全幅こそワイドだが、非常に扱いやすかったのが魅力だ。

 販売面では圧倒的に5ドアのほうが売れていたため、3ドアはタマ数が少なく、中古マーケットでも高値安定傾向にあるという。

タフさはロングボディの5ドアと変わらず、ショーとホイールベースによってキビキビとした走りとコントロール性のよさが3ドアの魅力

次ページは : ダイハツロッキー

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ