パンク事故増加!! 意外と知らないトラブル時のタイヤ交換本数は1本? 2本?? 4本???

 JAF(日本自動車連盟)が実施しているロードサービスの調査によると、タイヤのパンク発生件数が2007年度の約28万7000件に比べ、2017年度は39万2000件と、この10年間で約10万5000件も増えていることがわかっている。

 2018年は約38万8000件とわずかに減ったものの、2019年には約41万2000件と再び増加している。

 タイヤの性能と道路環境が良くなっているにも関わらず、なぜこんなにタイヤのパンクが増えたのか。

 JAFによれば、定期的にタイヤの空気圧をチェックする機会が減っていることなどが要因と分析している。クルマの平均使用年数が伸びて(クルマの老朽化とともに)タイヤの老朽化が進んでいること、そのわりにタイヤを履き替える人が減っていること、加えてフルサービスのガソリンスタンドが減少したり、用品店へ行く機会や洗車する機会が減ったことで、それぞれのドライバーがタイヤの状態をチェックする機会が減っているということだろう。(タイヤの状態や空気圧は運転前にしっかりチェックしましょう。命に関わります)

 さてそこで、不幸にしてパンクしたタイヤが継続使用NGとなった場合、そのタイヤだけを1本だけ新品に交換すればいいのか? それとも前輪か後輪どちらからの2本を新品にするのか? あるいは4本同時に交換しなければいけないのか? またFF、FR、4WDなど駆動方式によって変わってくるのか? 

 本企画では、タイヤ交換にまつわる疑問点をモータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。


文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 Adobe Stock(トビラ写真はNoGal@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】理想のタイヤなのか!? ランフラットタイヤを装着した主なクルマ


季節の変わり目はタイヤの空気圧が変化しやすい

シビックタイプRは245/30R20という低扁平タイヤを履いている。低扁平タイヤの空気圧は特に注意が必要だ

 11月に入ってからというもの、暖かい日でも1日の気温の変化が大きくなるようになってきた。こういう季節の変わり目は、タイヤの空気圧が変化しやすい時期ともいえる。

 特にタイヤのサイドウォールの厚みが少ない、いわゆる薄っぺらい低扁平タイヤは、サイドウォールの剛性が高い構造だが、それは適正な空気圧が保たれてこそ機能するもの。

 むしろ低扁平タイヤこそサイドウォールの変形に対しては弱いから、良いタイヤを履いているユーザーほど空気圧には気を使うべきだ。

 空気圧が低い状態のまま走って、うっかり道路の穴やキャッツアイを踏んでしまうと、サイドウォールやショルダー部が避けてバーストしてしまうこともありえるからだ。

 また、最近のクルマは操作系が軽い感触で、クルマから走行フィールを伝えてくれるインフォーメーションが希薄な傾向にある。

 それに加えて信頼性が高まっていることもあってドライバーはクルマの異常に鈍感になっているから、パンクに限らずその他のトラブルも、いよいよ部品がダメになるまで気付かずに走り続けてしまうこともある。

パンクしたらそのタイヤは使える?

ここまでくるとサイドウォール部分が危険なため、タイヤの新品交換となるだろう(Nipon@Adobe Stock)
応急用パンク修理キット。「タイヤ接地面以外が損傷している時」、「ほとんど空気が抜けている状態で走行した時」など修理不可の条件もある。修理は左の修理剤を右手のコンプレッサーでタイヤに注入して行う

 パンクに気付くのが遅れてタイヤが潰れた状態で走ってしまったり、異物が刺さった場所がショルダー部やサイドウォールだったり、鉄板の破片など大きめな異物だった場合には、パンク修理ができない場合もある。

 最近よく見られるスペアタイヤの代わりに搭載されるパンク修理剤は、液剤と電動コンプレッサーのキットで小さな穴には使えるが、あくまで応急用だ。

 その場では穴が塞がって走行可能になっても、タイヤ専門店などでタイヤをホイールから脱着して薬剤を除去して内側からしっかりパンク修理する必要がある。

 この時にサイドウォールが傷んでしまっていれば、安全のためタイヤを交換することを薦められるだろう。

 ガソリンスタンドで行なってくれるタイヤの外側からパンク穴にゴムチップを差し込んで修理するのは本来は応急修理であり、完全な修理とは見た目の穴を塞ぐだけでなく、内側からパッチを貼ってキッチリと修理することなのだ。

 なお、パンクしても走行可能なランフラットタイヤは確かに便利で安心なタイヤだが、いざパンクすると、そのまま走行したタイヤは修理不可能となるので、パンク修理としては高い出費を強いられる。

 空気圧センサーなどの情報から、クルマがパンクの警告を発したらできるだけ早く修理することで、タイヤ交換の必要性から逃れることができるかもしれない。

 ランフラットだからパンクしても100kmは走れるから大丈夫と、そのまま走行を続けてしまうのは、そのタイヤを捨てる覚悟で運転する、ということになる。

 もし安全に駐車できる場所がすぐ近くにあるのなら、パンク修理キットを使って応急修理をした後、タイヤ専門店でキチンとパンク修理することでそのタイヤは継続使用可能にできるのだ。

1本だけ交換、それとも2本交換、4本交換の目安は?

タイヤを1本だけ新品にするとタイヤの溝に差が生じてしまうため、ハンドルが左や右にとられたり運転に支障は出ないのだろうか(Africa Studio@Adobe Stock)

 パンクしたタイヤが修理不可能となると、新品タイヤに交換することになるが、そうなると悩むのが残り3本との性能差だ。

 理想は4本同時交換だが、経済的にも資源的にもそれはちょっともったいないと思うのが庶民の常識的な感覚だろう。

 タイヤは使っていなくてもダメになる、オイルや水に次いで寿命の短い「生モノ」だ。

 近所の買い物にしか使っていないようなクルマなら、新品タイヤに交換しても違いは感じとれないかもしれないが、月に1度以上はクルマで出掛けるようなドライバーなら、新品タイヤの吸い付くような走りと安定感は、楽しさと安心感を伝えてくれることを知っているだろう。

 タイヤメーカーによってはゴムの劣化を抑える添加剤を配合して長寿命化を図っているが、以前より長持ちするようになったとはいっても、平均の年間走行距離が短くなってきた最近では、残り溝がなくなる前に劣化してしまうことも珍しくない。

 残り溝が5分山(5ミリではなく、新品時の半分でタイヤによって異なる)以上残っているなら、パンクしたタイヤ1本だけの交換でも走行への影響は少ないだろう。

 ただし、その場合でも新品タイヤを履かせる“位置”は考える必要がある。

 基本的には左右のグリップ力などが異なるなら、ステアリングで修正できる前輪に新品1本を履かせるべきで、リアタイヤの左右グリップはなるべく均等にしたほうがいい。

駆動方式によって違うのか?

FRの場合はリアに荷重がかかるため、リアタイヤ1本がパンクしたら2本同時交換が基本?

 タイヤ交換する場合、FF、FR、4WDなど駆動方式によって変わってくるのか?

  FF車の場合は、フロントヘビーで駆動輪もフロントというレイアウトのため、フロントタイヤの負担が大きい。

 それでもFF車の場合、フロントタイヤ1本がパンクしたら、残り溝によって判断が変わってくる。原則はフロント左右2本を新品に交換するべき。フロントタイヤはブレーキ、ハンドリングの性能に大きく影響を与えるからだ。

 リアタイヤがパンクした場合も、それまでのフロントタイヤをリアに回して、新しい2本のタイヤをフロントタイヤとして履いたほうがいいだろう。

 しかし、だからといってリアタイヤを軽視するのは危険な考え方だ。最近また四輪操舵のクルマが登場しているが、リアタイヤの動きは普通のFF車であってもかなり重要だ。

 わずかなアライメントの狂いでもクルマの動きに影響を及ぼすほどで、リアタイヤのグリップ力が変化すれば、クルマの安定性にも関わってくる。

 例えばフロントに新品2本を入れ、リアタイヤは残り溝が3分山以下という状況で雨天の高速道路を走るのは、かなりリスクが高い。

 インターチェンジなどでコーナリング中にブレーキを踏んだ途端に、リアタイヤがズルッと外側に滑るようなことだってありえる。

 残り溝7分山以上で劣化もほとんどないタイヤであればパンクしたタイヤ1本だけ交換しても問題はほとんどない。

 フロント新品2本交換で済ませられるのはリアが残り溝5分山以上ある場合などだ。4分山以下の残り溝なら4本新品に交換する時期が若干早まっただけと諦めたほうが賢明だ。

 注意すべきはFR車だ。前後タイヤの役割分担がしっかりとあり、タイヤのグリップ力をバランス良く使っているために、前後どちらかのタイヤだけを新品にすると、そのバランスが崩れてしまう。

 FRでパワフルなクルマは前後のタイヤサイズも違っていることも多く、フロントタイヤがパンクしたからリアタイヤをフロントに履かせるということができない場合も多い。

 パンクしたら、残り3本のコンディションが非常に良ければいいが、6分山以下になっていれば、前後どちらかがパンクしたら左右を新品にしたほうがいい。やはり4分山以下なら4本新品に交換することをお薦めする。

 スポーティな走りを楽しむドライバーなら、タイヤのグリップを感じとりながらクルマの応答性を楽しんでいることだろう。

 それが前後どちらかのタイヤが古いことによって、ペースを落としてのんびり走らなければならなくなるとしたら、そのクルマ本来の魅力を味わえないのだから、逆にもったいないことになる。

 雨天時などは発進や加速時にグリップの低い方のタイヤが滑って不安定になることも。自動車保険をしっかり掛けているのであれば、タイヤのグリップ力も保険のようなもの。できる限り高いグリップを安定して得られる環境を整えるべきだ。

 4WDは一番安定性の高いパワートレインだが、タイヤの直径がパンクした1本だけ大幅に変わると駆動系に支障が出るため、タイヤの減り具合を見ながら、タイヤローテーションを含め、ディーラーに相談してもらうのが安心。

 駆動システムが多様ということもあるが、5分山以下に減っている場合を除き、普通に一般道を走っているだけなら、それほど気を使わなくても大丈夫だ。それでも1本だけの交換であれば前輪に履かせるほうがいい。

 前輪のどちらに新品タイヤを履かせるかだが、日本の場合どちらかといえば右側タイヤのほうが、減りが早い傾向にある(もちろん車種や運転によって個体差はあるが)。

 それは右ハンドル車にドライバーがひとりで乗っている機会が多いからではなく、右折と左折では左折のほうが小回りするため、アウト側の右側タイヤに負担が掛かりやすいのが原因と思われる。だから右側に履かせたほうが減り具合は均等に近づくのだ。

 タイヤの銘柄については、4本のタイヤは同じ銘柄にすることだ。1本だけ違う銘柄のタイヤを履くとほかのタイヤとグリップレベルや特性が変わってくるからだ。

重量の重いミニバンやSUVは?

重量の重いミニバンはどうなるのか?

 ミニバンの場合はFF車でもリアタイヤにも荷重がかかっているので、乗員が多いと当然タイヤの負担も大きい。

 ミニバン専用タイヤは、一般的にタイヤのケーシング剛性が強化され踏ん張るようになっていて、重心の高いミニバンの安定性を高めるように構造が設計されている。

 ミニバンがパンクした場合でもほかのFF車と同様、1本だけ新品交換にするのではなく、各タイヤの摩耗状況を見ながらタイヤローテーションも視野に入れて、左右2本のタイヤ交換するが基本だ。

 今流行りのSUVは意外とタイヤへの依存度が少ない。パワフルなエンジンを搭載し、ハンドリングも追求したようなスポーティなグレードはタイヤグリップにもシビアだし、その感触もキチンとドライバーへ伝えてくれる。

 しかしタイヤが大きく、グリップ力にも余裕があるため、日常的な走行ペースではタイヤのコンディションによる影響は少ない傾向だ。

 またSUVでもFF構造のクルマもあるから、リアタイヤの負担や減り具合は駆動システムによって変わってくる。

 タイヤの減り具合の違い程度でABSやESCなどの車両制御デバイスは、支障が出ないようになっているので、そこはあまり意識する必要はない。

重量の重いSUVはタイヤ交換はシビアに行う必要がある?

 しかし、本格的なクロカン4WDが採用するトランスファータイプのパートタイム4WDの場合、5分山以下に減ったタイヤでは外径が異なり、デフへの負担が大きくなるので注意が必要だ。

 やはりタイヤの摩耗が進んでいなければタイヤ1本の交換でも問題ないが、摩耗が5分山以下に進んでいたら長距離走行ではデフの温度上昇によるトラブルを防ぐためにも4本の同時交換をお薦めしたい。

 もうそろそろスタッドレスタイヤに履き替えるタイミングというのであれば、スタッドレスを履いて、春までにゆっくり考えて夏タイヤを選ぶという手もある。

 また雪がそれほど降らない地域で、クルマでウインタースポーツなど寒冷地へのドライブを楽しまないのであれば、オールシーズンタイヤという選択もある。

 交換した夏タイヤの保管に困ることはないし、タイヤを使い切れるのでスタッドレスより経済的だ。

 もちろん、性能は、夏は夏タイヤ、降雪時や凍結路ではスタッドレスには敵わないが、グリップ力が低い時には用心して、そのぶん、スピードを落として走れば、実用上は問題ない。

【画像ギャラリー】理想のタイヤなのか!? ランフラットタイヤを装着した主なクルマ

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ