パンク事故増加!! 意外と知らないトラブル時のタイヤ交換本数は1本? 2本?? 4本???


 JAF(日本自動車連盟)が実施しているロードサービスの調査によると、タイヤのパンク発生件数が2007年度の約28万7000件に比べ、2017年度は39万2000件と、この10年間で約10万5000件も増えていることがわかっている。

 2018年は約38万8000件とわずかに減ったものの、2019年には約41万2000件と再び増加している。

 タイヤの性能と道路環境が良くなっているにも関わらず、なぜこんなにタイヤのパンクが増えたのか。

 JAFによれば、定期的にタイヤの空気圧をチェックする機会が減っていることなどが要因と分析している。クルマの平均使用年数が伸びて(クルマの老朽化とともに)タイヤの老朽化が進んでいること、そのわりにタイヤを履き替える人が減っていること、加えてフルサービスのガソリンスタンドが減少したり、用品店へ行く機会や洗車する機会が減ったことで、それぞれのドライバーがタイヤの状態をチェックする機会が減っているということだろう。(タイヤの状態や空気圧は運転前にしっかりチェックしましょう。命に関わります)

 さてそこで、不幸にしてパンクしたタイヤが継続使用NGとなった場合、そのタイヤだけを1本だけ新品に交換すればいいのか? それとも前輪か後輪どちらからの2本を新品にするのか? あるいは4本同時に交換しなければいけないのか? またFF、FR、4WDなど駆動方式によって変わってくるのか? 

 本企画では、タイヤ交換にまつわる疑問点をモータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。


文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 Adobe Stock(トビラ写真はNoGal@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】理想のタイヤなのか!? ランフラットタイヤを装着した主なクルマ


季節の変わり目はタイヤの空気圧が変化しやすい

シビックタイプRは245/30R20という低扁平タイヤを履いている。低扁平タイヤの空気圧は特に注意が必要だ

 11月に入ってからというもの、暖かい日でも1日の気温の変化が大きくなるようになってきた。こういう季節の変わり目は、タイヤの空気圧が変化しやすい時期ともいえる。

 特にタイヤのサイドウォールの厚みが少ない、いわゆる薄っぺらい低扁平タイヤは、サイドウォールの剛性が高い構造だが、それは適正な空気圧が保たれてこそ機能するもの。

 むしろ低扁平タイヤこそサイドウォールの変形に対しては弱いから、良いタイヤを履いているユーザーほど空気圧には気を使うべきだ。

 空気圧が低い状態のまま走って、うっかり道路の穴やキャッツアイを踏んでしまうと、サイドウォールやショルダー部が避けてバーストしてしまうこともありえるからだ。

 また、最近のクルマは操作系が軽い感触で、クルマから走行フィールを伝えてくれるインフォーメーションが希薄な傾向にある。

 それに加えて信頼性が高まっていることもあってドライバーはクルマの異常に鈍感になっているから、パンクに限らずその他のトラブルも、いよいよ部品がダメになるまで気付かずに走り続けてしまうこともある。

パンクしたらそのタイヤは使える?

ここまでくるとサイドウォール部分が危険なため、タイヤの新品交換となるだろう(Nipon@Adobe Stock)
応急用パンク修理キット。「タイヤ接地面以外が損傷している時」、「ほとんど空気が抜けている状態で走行した時」など修理不可の条件もある。修理は左の修理剤を右手のコンプレッサーでタイヤに注入して行う

 パンクに気付くのが遅れてタイヤが潰れた状態で走ってしまったり、異物が刺さった場所がショルダー部やサイドウォールだったり、鉄板の破片など大きめな異物だった場合には、パンク修理ができない場合もある。

 最近よく見られるスペアタイヤの代わりに搭載されるパンク修理剤は、液剤と電動コンプレッサーのキットで小さな穴には使えるが、あくまで応急用だ。

 その場では穴が塞がって走行可能になっても、タイヤ専門店などでタイヤをホイールから脱着して薬剤を除去して内側からしっかりパンク修理する必要がある。

 この時にサイドウォールが傷んでしまっていれば、安全のためタイヤを交換することを薦められるだろう。

 ガソリンスタンドで行なってくれるタイヤの外側からパンク穴にゴムチップを差し込んで修理するのは本来は応急修理であり、完全な修理とは見た目の穴を塞ぐだけでなく、内側からパッチを貼ってキッチリと修理することなのだ。

 なお、パンクしても走行可能なランフラットタイヤは確かに便利で安心なタイヤだが、いざパンクすると、そのまま走行したタイヤは修理不可能となるので、パンク修理としては高い出費を強いられる。

 空気圧センサーなどの情報から、クルマがパンクの警告を発したらできるだけ早く修理することで、タイヤ交換の必要性から逃れることができるかもしれない。

 ランフラットだからパンクしても100kmは走れるから大丈夫と、そのまま走行を続けてしまうのは、そのタイヤを捨てる覚悟で運転する、ということになる。

 もし安全に駐車できる場所がすぐ近くにあるのなら、パンク修理キットを使って応急修理をした後、タイヤ専門店でキチンとパンク修理することでそのタイヤは継続使用可能にできるのだ。

次ページは : 1本だけ交換、それとも2本交換、4本交換の目安は?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ