なぜ異例のe-POWER専売に? 新型ノートが純エンジン車を廃止した訳

 国産コンパクトカーでは異例のエンジン車廃止! 日産 新型ノートはなぜe-POWERだけに?

 日産の人気コンパクトカー、新型ノートが12月23日に発売される。約8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型だが、シリーズハイブリッドの「e-POWER」専売となることもトピックのひとつ。

 トヨタのヤリス、ホンダのフィットなど価格競争力が求められ、法人需要もある国産コンパクトカーは、純エンジン車とハイブリッド車をともにラインナップするのが定石。そうしたなかで新型ノートがe-POWER専売に舵を切った理由とは?

文:御堀直嗣/写真:奥隅圭之

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジしたノートの内外装とe-POWERシステムがコレだ!


■ “第二世代”e-POWER搭載で新型ノートは大きく進化した

第2世代のe-POWERは、パワートレインのハードウェアとその制御を刷新することで、これまでよりも上質な走りをもたらしてくれる

 日産ノートの新型が、シリーズハイブリッドのe-POWERのみでの販売となることについて、星野朝子副社長は「日産にはゼロエミッションをリードしていくというビジョンがある。電動化に集中する象徴であり、これを成功させ、低炭素社会に貢献していく」と、語った。

 試乗した新型ノートは、第2世代のe-POWERが改良された成果を大きく実感することができ、ハイブリッド車であるにもかかわらずエンジン騒音がよく抑えられ、また出力も向上して、ECOモードでも市街地での運転では不足のない動力性能をもたらす。

 この傾向は、先に発売されたSUV(スポーツ多目的車)のキックスでも体感してきたことだが、キックスはまだ第1世代の改良型であり、新型ノートの第2世代ではガソリンエンジンの冷却性能が改善され、ノッキング(異常燃焼)を抑えることで燃費が向上している。

これまで、モーター駆動のみでの走行を実現するe-POWERは、アクセルのワンペダル操作など電気自動車(EV)と同様の運転感覚を味わえる一方で、燃費はエンジンとモーターの両方で駆動するパラレル式に比べ劣る面があった。

 だが、第2世代のe-POWERは、燃費性能諸元でみるかぎり、パラレル式に迫る燃費を実現しているようだ。またシリーズ式のよい点は、一時的なアクセルの余分の操作があっても、平均燃費値を大きく左右しにくいこともあり、実用燃費では高い競争力を持つのではないか。

■一方エンジン車の廃止で打ち出し価格は上昇

高速道路での同一車線走行時の運転操作をサポートする「プロパイロット」を設定するなど、装備面ではライバル車に対し、十分な競争力を備える

 一方で、同じコンパクトカーでは、トヨタ ヤリスやホンダ フィットにはガソリンエンジン車の選択肢がある。

 これによって、新車価格の打ち出しは、ヤリスが139.5万円から、フィットが155.76万円からであるのに対し、ハイブリッド車(HV)のみとなる新型ノートは205.48万円からとなる。ヤリスとは約66万円、フィットとは約50万円の打ち出し価格に差が出てしまう。

 ちなみにHV同士の比較でみると、ヤリスが199.8万円から、フィットが199.76万円からなので、新型ノートとの差はヤリスで約5.7万円、フィットとは約5.8万円となり、それでも新型ノートが高めだが、差額はぐっと縮まる。

 細かくみれば、装備の違いなどもあるだろうが、たとえばモーター駆動であることを活かしたワンペダル操作は、新型ノートでしか得られない特徴だ。

 HV同士では互角の価格競争力を持ち、あとは外観の好みや、乗り味の違いなどから、どれを選ぶか判断されていくことになるだろう。

■なぜ新型ノートはe-POWER専売に?

従来よりも出力とトルクを向上したモーターと小型・軽量化されたインバーターで、e-POWERシステムは着実に進化した

 それでも一般的には、打ち出し価格の安さが販売店の集客につながるとされている。そして来店した顧客が実車確認をするうちに、装備などの点で上級車種が売れていくという構図だ。

 いわば呼び水ともいえる打ち出し価格の意味は少なくないはずだが、ガソリンエンジン車を設定しなかったことについて、開発者は実態を次のように語っている。

 「ガソリンエンジン車を設けると、法人需要(営業車用やレンタカーなど)への対応が視野に入ってくるため、価格の勝負だけに陥りやすく、そこを重視すると基本性能の部分でどうしても譲らなければならないところがでてきてしまう」

 「しかし新型ノートでは、e-POWERが第2世代となり、そのよさを商品性に活かすためには、ふさわしい基本性能を与える必要があり、あえてガソリン車を設けない決断をした」

 言葉を選ばずにいえば、打ち出し価格となる車格では、値段勝負となり、原価が重視される。その原価でつくったクルマで、静粛性など乗り心地が改善され、また確かな操縦安定性を加味した新型ノートの魅力は出し切れないということである。試乗すれば、それだけの価値あるクルマに仕上がっているのがわかる。

 一方で、ヤリスの場合、エンジン車ではアイドリングストップが省かれている。環境基準は満たしているとのことであり、また、アイドリングストップ用の鉛バッテリーは充放電の頻度が高くなるので買い替えの際の値段も高くつくこともあって、アイドリングストップを使わない顧客もあると、その背景を説明する。

 しかし、停車中にアイドリングを続けるエンジン車は、今日となっては一昔前のクルマの乗車感覚だ。

■従来のコンパクトカー像を崩した新型ノートの気概

横一文字のシェイプをもつ特徴的なリアコンビランプなど、デザインにも先進性を感じさせる

 お客様の為といえば、そうしたところがトヨタらしい姿勢ではある。

 だが、いま世界の自動車メーカーに求められているのは、単に基準を満たせばいいという環境性能ではなく、さらに環境性能に優れることが求められているのだ。それほど今日の気候変動は抜き差しならぬ自然災害をもたらしている。

 それが、10数年以降のエンジン車販売禁止や、罰則付きの厳しい燃費基準、あるいは電動車両の強制導入に表れているのである。そこでたとえばホンダは、欧州で販売するフィットはHVのみである。

 そして昨今、日本市場においても経済産業省が2030年代半ばまでにエンジン車の販売を禁止し、東京都は2030年にエンジン車の販売を禁止する動きに出てきた。打ち出し価格というような販売店への配慮は必要であるかもしれないが、行政と消費者の意識は、瞬時に転換する可能性がある。

 日産の星野副社長の語る「ゼロエミッションで世界をリードする」との姿勢に加え、EV技術を最大に活かしたe-POWERのよさを最大に活かすため、新型ノートはエンジン車の設定を止めた。その結果いまは、法人営業などで厳しい側面もあるだろう。

 しかし、日本のみならず、世界の未来を考えるなら、電動化を強く推進する姿勢は日産のブランド力を高めるはずであり、日本の誇りでもあり、また若い世代の人たちの希望を叶える未来を築く足掛かりともなる。

 それを、身近な価格で買えるコンパクトカーで実践すれば、多くの消費者が、未来を築く一員になることができるのである。

【画像ギャラリー】フルモデルチェンジしたノートの内外装とe-POWERシステムがコレだ!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ