TRD NISMO 無限…ド迫力!! メーカー純血チューニング車の艶姿と真価


 メーカーからチューニングを許された「ワークス」イチ押しのチューニングカーたちがツインリンクもてぎに集結。ワークスが手がけたクルマって凄いの!? ということでインプレをお届けしよう!

【画像ギャラリー】ひと味もふた味も違う! ツインリンクもてぎを走り抜けるチューンドアップカーたちを16枚の画像で見る

※本稿は2020年11月のものです
文/武井寛史 写真/平野 学
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■TRD…3台のコペンを乗り比べ! ライズ ハイラックスも!!

 TRDはA、B、C、3タイプのコペンGRスポーツを持ち込んでいた。まずはタイプAから試乗。この個体は基本となるノーマル。スポーツに振った味付けでサスペンションは硬め。細かなギャップを越えた際の収まりはイマイチだった。

 次に試乗したのはタイプB。最近流行りのチューニングパーツ“パフォーマンスダンパー”がインストールされているだけのコペン。

 エンジンを始動した瞬間から何か違うぞっ……と変な気分のまま走り出す。

 動き出した瞬間から乗り心地に違いが! ノーマルでは嫌な硬さがあったけど、それが軽減されていてビックリ。停まった状態でも車体に伝わる振動も軽減されていてその効果が理解できた。

 最後に試乗したのはタイプC。パフォーマンスダンパーに空力パーツが装着されているコペンGRスポーツのフルカスタムバージョン。

 走り出した瞬間から安定感が増しているじゃないかぁ!

パフォーマンスダンパーが装着されただけで振動がグッと減って上質になったコペンGRスポーツ。エアロとアルミテープでさらに上質に!

 特に派手なエアロではないのに低速域から効いていることが体感できるし、車体全体が路面に吸い付くイメージで安心感がある。

 空力だけでここまで変わるものか!? と感心していると、チューニングパーツ“アルミテープ”がインストールされているとか。

 ベストカー本誌でも度々レポートが掲載されているアルミテープチューニングだけど、ここまで違いを見せられると疑う余地がない。

 普段からクルマを乗って評価することを生業としているウチらじゃなくても違いはわかるはず。

 TRDの憎い演出でパーツ全部買います! という気分にさせられた試乗だった。

こちらはライズのTRDパーツ装着車。月1万台近く売れる人気車だけに、ドレスアップして差をつけたい人にピッタリなアグレッシブなルックスに!
ハイラックスTRDパーツ装着車。ドアに連動して降下する電動格納ステップ、グリルやグリルカバー、アンダーカバーなど各種TRDパーツが装着されている

■STI…初登場のインプSTI Sportsを試す!

 空力パーツが装着されているスポーティなスタイリングだけど、STIスポーツの売りはサスペンションだとか。

 路面ギャップを軽減しつつ安定したコーナリング性能を追求するショックアブソーバーの開発に力を注いだそうだ。

 いきなりサーキットで試乗しちゃったんだけど正直、比較する予備知識がなかったからフラットな路面では大きな違いはわからず。

国内WRX STI現行車ユーザーに向けて、S209と同じ考え方で開発された→
→サスペンションキットの発売を準備中とのこと!

 サーキットよりも一般道のほうがサスペンションの収まりのよさを感じられた。

 軽微な路面ギャップを吸収して常に安定した乗り心地を実現している。特に電子デバイスで制御しているわけでもなく、ここまでしなやかで乗り心地を実現させたことにSTIの拘りを感じた。

次ページは : 【閑話休題01】BRZ STI Sportsはどう?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ