これが新時代FR!!! 新型BRZはスバル2ドアスポーツクーペの新たな扉を開く


 次世代ピュアFRスポーツがついにその姿を現した。スバルは日本時間11月18日23時、新型BRZの米国仕様車を世界初公開した。初代86/BRZが登場した2012年2月から8年半ぶりとなるフルモデルチェンジである。

 そもそも初代86/BRZは、スバルとトヨタとの協業によって生まれてきたスポーツモデル。

 2005年に両社の業務提携が発表され、2008年4月には両社の開発と生産の協力関係が強化されて共同開発がスタートしていた。

 その分担はスバル側が開発と生産、トヨタ側が企画とデザインを担当するというものだった。

 低い位置に搭載されるスバル独特の水平対向エンジンにFRパッケージを採用することで、軽量コンパクトかつ低重心なハンドリング性能を持つFRスポーツとして評価された初代86/BRZ。

 すでにBRZは8月に生産を終了しているが(現在は在庫販売のみ)、86は販売継続中だ。

 前置きが長くなったが、新型BRZは何がどう進化しているのか、ポイントを踏まえてみていこう。

【画像ギャラリー】日本上陸は2021年秋!!? 公式画像も織り交ぜ、新型BRZの魅力をギャラリーで見る

※本稿は2020年11月のものです
文/ベストカー編集部、写真/SUBARU、ベストカー編集部、撮影/ケニー中嶋
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■注目のパワートレーンは予想どおり水平対向4気筒の2.4L DOHCを採用

排気量が2.4Lにアップされたことにより、低速からトルクフルな走りを披露する新型BRZ

 初代ではFA20型水平対向4気筒DOHCを採用し、そのパワー&トルクは前期型で200ps/20.9kgm、後期型でMT車が207ps/21.6kgmだった。

 新型は新開発の直噴2.4L DOHCに排気量を拡大し、最高出力228hp(231ps)、最大トルク184lb-ft(25.4kgm)に向上。

新開発の直噴水平対向2.4L DOHC(231ps/25.4kgm)を搭載する。型式名は未発表だが、FA24型であることはほぼ間違いないだろう

 吸排気性能の強化とフリクションの低減を徹底したことにより、最大トルクは初代のFA20から15%アップさせている。

 レスポンスの速さと滑らかに吹け上がるスポーツモデルらしさが特徴とのことで、その進化ぶりが楽しみ。

 6速AT車はSPORTモードの制御が進化し、クルマがスポーツ走行中であると認識された場合、ドライバーの意志や操作に応じた最適なシフト操作を行う。

 ダイレクト感のあるコーナリングが可能となっている。

ダックテールを持つリアビューが特徴的だ

■SGPは未採用だが、その知見からボディを再構築

 シャシーについては初代モデルのキャリーオーバーとなるものの、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の開発から得られたノウハウが取り入れられ、インナーフレーム構造に構造用接着剤を使用してボディを再構築。

新開発の直噴水平対向2.4L DOHC(231ps/25.4kgm)を搭載する。型式名は未発表だが、FA24型であることはほぼ間違いないだろう

 初代からフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%と大幅に向上している。ステアリング操作の応答性、旋回時のトラクション性能を高め、「操る愉しさ」を進化させている。

 また、ルーフとエンジンフード、フロントフェンダーには軽量アルミ素材を採用。エンジン排気量アップと安全性向上に伴う重量増を抑え込んでいる。

 ボディサイズは全長167.9×69.9×51.6インチ(4265×1775×1311mm)、ホイールベース101.4インチ(2576mm)となっており、4240×1775×1320mm、ホイールベース2570mmの初代からほぼ変わらないボディサイズを保っている。

新型BRZのボディサイズは全長4265mm、→
全幅1775mm、→
全高1311mm(米国仕様)と、初代の全長4240×全幅1775×1320mmからほぼ変わっていない。

 エクステリアデザインは、初代の正常進化版といえるもので、より躍動感を高めたスポーツカーらしいデザイン。

 フロントマスクのヘキサゴングリルは低重心を表現し、グリルから始まって後方へ連なる造形で体幹の力強さを感じさせる。

 サイドシルスポイラーやWRX系を彷彿とさせるフロントフェンダー後方のエアアウトレット、特徴的なダックテールのリアビューなどはベストカーのスクープCGにきわめて近いデザインだ。

 トランスミッションは6MTと6ATが設定されるのも初代と同様。

アイシン・エーアイ製の6速MTが初代から同様にキャリーオーバーで設定されている
ATも同じく初代を踏襲。アイシン・エー・ダブリュ製の6速ATが採用されている

 サスペンション形式もフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンとなるのも初代を踏襲している。

次ページは : ■AT車にはアイサイトを歴代初導入!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ