新型ソリオ絶賛!! 早くもヒット中 スズキ渾身の新車にプロがうなった長所は…?


「これぞ、究極のドメスティックカーだ!!」――。スズキは、小型自動車「ソリオ」、「ソリオバンディット」をフルモデルチェンジし、12月4日より発売開始した。

 先代の3代目ソリオが登場したのは2015年のこと。コンパクトで取り回しのよいボディと、広い室内空間を両立し、後席両側スライドドアや、前後左右ウィークスルー、使い勝手にとことんこだわったインテリアなど、国内で大きな支持を集め、販売台数を伸ばしてきた。

 現在では、スズキの小型車の中で最も売れている小型車にまで成長している。4代目となる新型ソリオ/ソリオバンディットは、ソリオ本来の魅力はそのままに、後席の快適性や、荷室の広さを中心に改良を施し、予防安全などの最新技術も盛り込んだ。

 今回、この新型ソリオ/ソリオバンディットに、公道で試乗させていただいたので、その魅力をお伝えしたいと思う。

文/吉川賢一、写真/池之平昌信、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】横になっても大丈夫なほど広い新型ソリオの室内をチェック!(34枚)


■ソリオのお客様は「賢い」買い物が得意

4代目となる新型スズキソリオ。高品質なエクステリアデザインに進化した
3代目となる新型スズキソリオバンディット。初代バンディットは2代目ソリオに追加設定された

 スズキによると、ソリオのお客様は、クルマについての情報を調べ、実際に店舗へ足を運んだ上で購入される方が多いそうだ。

 営業マンの言葉に乗せられたり、その場の勢いで買ってしまったりせず、冷静にクルマの長所・短所を把握した上で、お買い物をする。

 そのため、どれほど進化したのか、そしてコストパフォーマンスは高いのか等、他のクルマ以上にアピールを大切にしたという。

 新型ソリオの開発にあたっては、お客様や販売現場の声を重視し、先代ソリオの課題と、新型ソリオに期待する点を把握していったそうだ。

 その結果、新型ソリオは、エンジン特性や燃費、静粛性、乗り心地といった基本性能のポテンシャルアップと共に、デザイン、パッケージング、安全装備、使いやすさ、快適性など、全方位で、スズキ自らが自慢できるレベルに達したそうだ。

先代スズキソリオ。押し出しの強いフロントマスクを採用
先代のソリオバンディット。新型モデルに似た上下分割のいヘッドライトデザイン

 しかも質感を上げながらも、コストは徹底的に管理し、手に入れやすい価格で提供することを目指したという。

 例えば、カラーヘッドアップディスプレイ(スズキの小型車で初、HYBRID MZのみ)、アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付、HYBRID MZ/MXのみ)、6エアバッグ全車標準、予約ロック付の後席パワースライドドア(HYBRID標準)、などキャッチーなアイテムを多く採用している。

ソリオのMZとバンディットのMVには天井部分にサーキュレーターが装着される。フロントから入った空気を後方に流すことで、冷房の効率が向上し、前後席の温度を均一化する

 また、車室内の空気を循環させるスリムサーキュレーター(MZのみ)も、ナイスなアイディアだ。エアコンの導入口をピラー内に這わせるよりも、ずっとリーズナブルであり、そして効果も十分ある。

■コンパクトなのに室内が広い!!秀逸なパッケージングはGOOD!!

前席、後席の位置はそのままに、後輪から後ろ側を80mmほど伸ばした。旧型ソリオと比べ、後席スライド時の広さと、荷室容量は圧倒的に増した

 ボディサイズは3790(+80)×1645(+20)×1745(±0) mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2480(±0)mmと、先代ソリオに対して大型化したが、国内での使い勝手を考えると、コンパクトなボディサイズに収まっている(※カッコ内は先代ソリオ比)。

 全長を伸ばした分はすべて、荷室エリアの拡大に使っている。また、横幅を広げたことで、後席の肩回りのスぺ―スに余裕が生まれ、後席の居心地がとても良い。

後席、助手席を倒せば、身長166cmの筆者が足を延ばして横になっても余裕があるほどに広い

 足も余裕で組めるし、後席シートをリクライニングすれば、圧倒的なくつろぎ空間となる。同社のスペーシアのような、軽スーパーハイトワゴンの後席の広さですら驚いていたが、この新型ソリオは、その比ではないほどに広い。

 資料によると、荷室に35Lクラスのスーツケースを5個積んでも後席のひざ前に余裕があるそうだ。 また、後席を倒せば、フラットで広大なスペースが誕生する。

助手席まで倒せば、長物が収納できる

 試しに横になってみたが、身長170cm弱の筆者なんて余裕で収まる寸法だ。車中泊で寝返りをするには、もうちょっと幅が欲しいところだが、コストコやIKEAで巨大なアイテムを買っても、余裕で積み込むことができるだろう。

 荷室下のラゲッジボード下の空間も、買い物かごがすっぽりと入るほど広く、使い方は無限大だ。

次ページは : ■キープコンセプトだがハイグレードな雰囲気のフロントフェイスに変身!!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ