謹賀新年! 2021年に起きる自動車界の5大注目トピック


名門プレミオ生産終了 ホンダは軽トラ撤退

「農道のNSX」という異名も持ち、ファンから親しまれてきたホンダの軽トラ「アクティトラック」。同車の生産終了により、軽トラ市場は事実上、スズキ・ダイハツとそのOEM

 2021年はまだ明けたばかりですが、すでにいくつかの名門国産車が、今年限りで姿を消すことが決まっています。

 まず大きいのは、トヨタのプレミオ/アリオンでしょう。トヨタは、昨年末の12月1日に、プレミオ・アリオン・プリウスαの3モデルについて「2021年3月末をもって生産終了いたします」と発表しました。生産終了車についてメーカーが事前にこのようなアナウンスをするケースは少なく異例です。

 プレミオは、1957年に誕生した「コロナ」の後継車。つまり、60年以上の歴史をもつ名門セダンが姿を消すことになります。

 また、ホンダは2021年6月をもって「アクティ トラック」の生産を終了すると発表しています。同車の後継車はなく、事実上1977年から44年続いたホンダの軽トラ事業が終焉を迎えることとなります。

 歴史あるクルマの消滅は寂しいものですが、クルマは絶えず進化するもの。その代わりに時代に合った新しいクルマが登場することを期待したいです。

欧州で燃費規制導入 電動化さらに加速へ

東京モーターショー2019で公開された日産アリア。4WDの90kWhバッテリー搭載車は、実に290kW、600Nmというハイパワー&大トルクを誇る

 欧州ではいよいよ2021年から企業別平均燃費基準(CAFE)が始まります。

 CAFEは、その名の通り企業別の平均燃費に関する環境規制。グローバル化が進むなか当然、日本市場の国産車も無関係というわけではなく、こうした規制は国際調和で、日本でもほぼ同じ基準を採るのが通例ですから、その影響は小さくないでしょう。

 昨年は日本でもスバルのBRZなどが生産終了するという動きがありましたが、今年は燃費規制と合わせてクルマの電動化がさらに進みそうな気配。

 実際、日産は今年、パワフルな電動SUVの「アリア」を発売予定で、マツダも年初に「MX-30」EV仕様を発売予定となっています。

 伝統的なクルマの価値観でいえば、やはりエンジン車の魅力には替え難いものがありますが、新しい価値観を持った楽しい電動車の誕生にも期待が高まります。

次ページは : ホンダで走る! 7年振りに日本人F1ドライバー誕生