ミツオカ初のSUV「バディ」 なぜこんなに大人気…!?? アクセス殺到の勝因とは?


 光岡自動車としては初のSUVとなる「バディ」。現行型のトヨタ RAV4をベースに、あの「オロチ」や「ロックスター」も担当した光岡自動車の青木孝憲企画開発課課長がデザインした、アメリカンビンテージ心あふれる造形のSUVである。

 発表は2020年11月26日、先行予約受付は同日から開始し、発売は2021年6月からとなる。2020年11月26日の正式発表では、仕様と価格が公開されたこともあり、公式サイトがつながりにくい状態となった。

 もちろん予約も好調でなんと発表2日後の2020年11月28日には、200台を突破。当初の生産計画では、2021年の50台と2022年からの150台という予定であったが、それをたった2日で売り切ってしまった。

 光岡バディの納期などについて2021年1月14日に公開されたベストカーwebの記事は「記録的」ともいえるほどのページビュー数となり(なんと紹介記事が、画像ギャラリー含めて400万PVを突破!!)、人々のミツオカバディに対する興味と期待の強さをひしひしと感じさせる結果となった。

 そこで改めて2021年2月上旬に光岡自動車を尋ね、現在のバディの状況を徹底取材した。バディの最新の状況はどうなっているのか、伊達軍曹が報告する。

文/伊達軍曹
写真/ベストカーweb編集部 光岡自動車

【画像ギャラリー】秘蔵写真続々! アクセス殺到でサーバーダウン!! ミツオカ新型SUVバディ全画像38枚


絶好調のバディの最新情報を聞きに光岡自動車に再取材!

ミツオカ史上初となるSUV、バディが登場。2020年11月26日の発表以降、わずか3日で2022年までの製造予定台数200台を売りきってしまった
ベース車のトヨタRAV4 アドベンチャー
予定の生産台数を2倍にしても、まだ納期はそれほど縮まらず…

 そして2021年2月上旬。増産の決定により、「2年待ち」とされていた納期は少々でも短縮されたのではないか? ……との期待を込め、東京麻布の光岡自動車ミツオカ事業部を訪ね、販売企画課課長の笠原勝義氏に「納期」を中心とする話を聞いた。

――ということで笠原課長、2022年以降は当初予定の2倍の数を増産するとのことですので2年待ちだった納期が1年待ちぐらいになりましたか?

笠原さん いやいや(笑)。確かに2021年に50台、2022年に150台という予定だったバディの生産台数を、おかげさまで「2022年に300台作る」ということに変更しましたので、若干ながら納期が早まったという部分はあります。

――早まりましたか!

笠原さん しかしそれは正確な数字ではなく。あくまでニュアンスとしての話ですが、少し早くなったというレベルです。そのため、大変恐縮ではありますが「相変わらず約2年待ち」というのが、おおむねのスケジュールとなっております。

リアビュー。フェンダー後方はオリジナルの角ばったデザインに変更された
ベース車のトヨタRAV4 アドベンチャー

――これだけ多くの人がバディに注目しているのですから、これを機にもっとバンバン増産すればいいのでは……とも思うのですが、そう簡単にはいかないものですか?

笠原さん まず「多くの人がバディに注目している」というのは、大変ありがたいことにそのとおりだとは思います。しかしながら私どもはごく小規模なメーカーであり、1つの車種が月に何万台も売れるような大手メーカーさんとは話の規模がまったく異なります。

そのため、バディのご注文が殺到しているといってもあくまで「数百台レベルの話」ですので、ベストカーさんはちょっと騒ぎすぎでは……とも思う次第です(笑)。

――まぁそうかもしれませんが、そうだとしても、さらなる増産は難しいんですか?

笠原さん 私どもが作れる数というのは、年間で約500台というのがマックスなんですよ。小規模で、なおかつ手作りですので。そしてその約500台という枠のすべてをバディに割り振ることは当然できませんので、発表済みである「2022年は300台作る」という数字がギリギリの線なんですよね。

売れ筋グレードや人気のボディカラーは?

ステアリングにはトヨタロゴの代わりに「MITSUOKA」のロゴが入る
現代の国産新型車にはないテイストが、多くのクルマ好きの心をとらえた

【画像ギャラリー】秘蔵写真続々! アクセス殺到でサーバーダウン!! ミツオカ新型SUVバディ全画像38枚

――なるほどそうですか……。残念ですが、まぁ仕方ないですよね。1月14日に公開した本web記事の時に売れ筋のグレードやボディカラー、購買者の年齢層などを聞かせていただきましたが、その後、変化はありましたか?

笠原さん うーん、若干の変化はありましたが、おおむねの傾向は変わっていませんね。購買者様の年齢層は、

1位 30代 32%
2位 40代 27%
3位 50代 20%
4位 20代 14%
5位 60代以上 7%

ということで、20代の若いお客様がその後若干ながら増えた、という感じです。

そして直近のグレード別受注比率は、

1位 ハイブリッドDX 31%
2位 ガソリン20DX 26%
3位 ガソリン20LX 16%
4位 ガソリン20ST 2WD 14%
5位 ガソリン20ST 4WD 6%

 ということで、上級グレードの4WDに人気が集まっている状況は続いています。

 ボディカラーも前回とほぼ同様です。

1位 MJブラックマイカ(標準色) 26%
2位 ノースカロライナブルー/ホワイト(2トーンオプション) 19%
3位 グローブワンホワイトパール(標準色) 14%
4位 ビーチベージュ/ホワイト(2トーンオプション) 10%

というのが直近の数字です。この4色以外のカラーはどれも一桁パーセントですね。

写真はフューリーイエロー/ホワイトの2トーン仕様車

――個人的には「フューリーイエロー/ホワイト」の2トーンオプションを選びたいですが、私の話はどうでもいいとして、「バディ」というクルマはなぜ、こんなにも人気になったと思われますか?

笠原さん 前回のベストカーwebさんの記事では、要約しますと「アメリカンビンテージスタイル系の物を好む人たちは、アメ車にも憧れが強い。しかし往年のアメリカンSUVはボディサイズに加え、故障など不安もつきまとうため、見た目は当時のSUV風だが、中身は最新の国産車であるバディが絶好の存在になった」という旨が書かれていました。

 そこについては本当にそのとおりだと思いますし、そのうえであえて付け加えるとしましたら、この「四角いカタチ」ですよね。

 空力や、それに伴う燃費性能、あるいは安全性等々の理由から、昨今のクルマは『どれも似たように丸みを帯びたフォルム』にならざるを得ません。

 それはそれでもちろんまったく問題のない話なんですが、でも、やはりそういったカタチではどうしても満足できない人、「四角いクルマが好きだ!」という方も必ずいらっしゃるんです。

 バディは、そういった方々の潜在的なニーズを満たす、今の時代には希有な「わくわくドキドキするクルマ」を作ることができたのだと思います。

■ミツオカバディ・ハイブリッド DX 4WD 主要諸元
●全長×全幅×全高:4730×1865×1685mm
●ホイールベース:2690mm
●車両重量:1750kg(4WD、HV車)
●エンジン:2487㏄、直4、178ps/22.5kgm
●フロントモーター:120ps/20.6kgm
●リアモーター:54ps/12.3kgm
●タイヤサイズ:225/60R18
●価格:589万9300円

次ページは : そのほかの光岡自動車のユニークなクルマたち