今どき最期の見送りもデラックスに! ミツオカが送り出すグランエースの最新霊柩車が登場!!

 クラシカルなデザインを施したオリジナルカーを送り出す小さな自動車メーカー「光岡自動車」が、2020年11月に新型車『グランエースエボリューション』を発表した。

 しかし、このグランエースは、一般向けのカスタム仕様ではなく、葬儀業者向けの霊柩車だ。意外かもしれないが、光岡自動車は、搬送車及び霊柩車のビルダーの顔も持つ。

 光岡自動車の霊柩車ビルダーとしての歴史と、新型車『グランエースエボリューション』の特徴について、光岡自動車の光岡太進取締役に話を伺った。

文/大音安弘
写真/MITSUOKA

【画像ギャラリー】最期のお見送りもこだわりたい! 光岡自動車の霊柩車たち


■米国製霊柩車の輸入から始まった歴史

 新車の開発製造から中古車の販売まで、多様な自動車事業を展開する光岡自動車だが、その主力事業のひとつに、長年続けている並行輸入車ビジネスがある。バブル真っただ中の1990年前後の日本では、為替レートがよかったこともあり、並行輸入車ビジネスも活気に溢れていた。

 当時の光岡自動車でも並行輸入を積極的に行っており、その中で、少数の米国製霊柩車の販売も手掛けていた。これがのちの霊柩車ビジネスへの本格参入のきっかけになったという。この頃販売していたのが、贅沢なキャデラックやリンカーンなどの高級車をベースとした米国架装メーカーのもの。まさに華やかな時代を彷彿させるエピソードだ。

写真は現在取り扱う『リンカーンMKTセンターストレッチリムジン』。2017年8月、光岡自動車は米国クオリティコーチワークス社と正規取扱店契約を交わし、再びリンカーンの取り扱いを開始した

 バブル崩壊後、為替レートが悪化したことで、一時的に霊柩車の取り扱いをやめていた時期もあったそうだ。しかし、ある日、日産『クルー』をベースとしたオリジナルカー『我流(ガリュー)』が霊柩車に改造され、使用されていることを知る。光岡自動車としては、クラシカルな雰囲気を楽しむ趣味クルマであるガリューが、特殊用途の霊柩車になるとは想像もできなかったのである。

■ガリュー霊柩車でビルダーに!

 自車の新たな活躍の場を見出した光岡自動車は、1998年頃より『ガリュー霊柩車』を市場投入。霊柩車ビルダーの歴史を歩み始まる。

 ただ車両架装のノウハウこそあれど、霊柩車は新たな領域。その開発は手探りであったという。この頃からデザインは、洋型のみとしていた。同時に架装車のバリエーションとして、ショファー向けのリムジンも手掛けるようにもなる。

 当初、月1台程度の生産だった霊柩車は、『ガリュー2(日産セドリックがベース)』を投入した1999年頃には、月2台弱まで拡大。基本的には、乗用車の生産が主で、その余力を霊柩車に割り当てたこともあり、生産台数は少なかった。

 ニーズが拡大したのは、10年ほど前で、霊柩車が月4台まで拡大。さらに搬送車も手掛けるようになる。搬送車(寝台車)とは、ご遺体を病院から自宅や葬儀場にお送りするためのストレッチャーが搭載できるクルマのこと。そのため、長さのあるミニバンなどがよく使われている。最後をお送りする霊柩車との最大の違いは、棺を納めるかどうか。因みに、法的にはいずれも「霊柩車」の扱いとなるそうだ。

代々日産やトヨタのセダンをベースにする、光岡自動車・ガリュー。霊柩車でないほうの現行型ガリューは、2020年5月で新車販売を終了した

 現在の生産体制は、搬送車が年間120台ほど、霊柩車が年間50台ほどとなっており、事業としてはより大きくなっている。以前のように米国製の輸入霊柩車も取り扱うが、販売は年間数台程度とのことだ。

■時代の流れが霊柩車に変化をもたらす

 圧倒的に搬送車が多いのは、2020年に発売した寝台霊柩車「プレミアムフュージョン」の好調にあるという。その理由は、お亡くなりになった方の高齢化で、家族葬が増えたこともひとつだ。

 現役を離れて10年以上となると参列者の数も少ない傾向にあり、ご葬儀自体が小規模化しているようなのだ。家族だけとなると、豪華な霊柩車まで必要ないと考える方も少なくない。そのため、葬儀業者も費用を抑えるべく、搬送車と霊柩車の共用できる寝台霊柩車を選んでいる。

 プレミアムフュージョンは、つまり搬送車を豪華にしたもの。大型ワゴンのアルファードをベースに、最小限の架装に留め、価格も抑えている。アルファードなので、見た目の贅沢さも感じられ、霊柩車としても十分な素質を備えている。

光岡自動車・アルファードプレミアムフュージョン。内装は木目パネルとレザーで、外観と合わせて高級感が漂う。なお、パネルとレザーは色を選択でき、雰囲気を変えることもできる

■新たな声から生まれた「エボリューション」

本稿の題名にも入っている『エボリューション』。光岡自動車は市場の声に耳を傾け、一歩進化した「お見送り」の形を提案した

 新型霊柩車『グランエースエボリューション』は、ひとりの葬儀業者の相談がきっかけとなった。

「最近、家族葬だけでなく、病院などから直接火葬場へとお送りする直葬も増えてきた。また老人ホームなどで亡くなった方は、施設に葬儀を行えるスペースがなく、やむを得ず直接火葬場にお送りするケースもある。ただそれではあまりにも寂しい。移動式の葬儀が行える車両があるとよいのではないか」

と新たな霊柩車の形を提案されたという。

 そこで光岡自動車では、棺を納めるスペースの横に遺影などを飾る祭壇スペースを備えた車両の開発に取り組んだ。グランエースを採用したのは、単にベース車のままで棺が収まるだけでなく、背が高いことでお別れをしていただく際に、参列者が窮屈さを感じさせず、立ったままの姿勢でお別れできるように配慮したためだ。

 2020年11月に開催された葬儀業者向け展示イベント「エンディング展」で、グランエースエボリューションが初披露。展示車を見た関係者に、祭壇にもあるスペースを設けた理由を説明すると、前向きに検討したいという声が多かったという。

 小さな祭壇を設けることで、参列が難しい老人ホームなどの友人とのお別れ、自宅や勤務先など故人の所縁のある場所への立ち寄りなど、喪主に故人供養のために新たな提案できるのが、よいと評価されたという。

■霊柩車でも定価を表示!

 霊柩車自体は、基本的にはオーダー制のため、ワンオフが基本だ。そのため、葬儀業者から車種を指定されるケースも多い。だからこそ定価が示しにくいのが現実だ。

 しかし、光岡自動車では、ベース車と基本的なパッケージを定めることで、定価を表示。業者が検討しやすいように配慮する。これも自動車メーカーとしてのこだわりのひとつだ。

 もちろん、トヨタ『センチュリー』やクライスラー『300』、メルセデスベンツ『Eクラス』ベースなどの高級霊柩車をベースとしたフルオーダー車の架装も行っている。ただメンテナンスやランニングコストの観点から、国産車ベースの霊柩車がほとんどのようだ。またニーズも1000万円クラスの本格的な霊柩車は減少傾向で、価格を抑え、多目的に使える寝台霊柩車の需要が増えているという。

写真は霊柩車のヴェルファイアグランドリムジン。価格は税込で1053万8000円〜。前述の寝台霊柩車、アルファードプレミアムフュージョンは558万8000円〜

■消えゆく宮型霊柩車の事情

 光岡専務に昨今の霊柩車事情を伺うと、昔、葬儀でよく見かけた日本独自の華やかな宮型霊柩車は、現存数は600台以下ではないかという。

 縮小の原因は、単に製造維持コスト高ではなく、火葬場が宮型霊柩車の使用を禁じているケースが多いため。一目で霊柩車とわかる姿が、地域住民に受け入れられず、そのような措置が取られているようなのだ。

 自身も最後はお世話になる霊柩車を嫌うのは、複雑な気持ちにもなるが、日々の生活で人の死を意識しなければならいのも辛いのも確かだ。ただ近年、海外で宮型霊柩車を葬儀に利用するケースも増えており、海の向こうで第2の人生を送る車両もあると聞く。

 新しい時代に合わせた独自の霊柩車を世に送り出しているのは、少ないがこだわりの強い顧客を相手にしてきた光岡自動車の乗用車開発のノウハウも反映されているのだろう。霊柩車の車両の在り方や簡素化が進むことは、人生最後の舞台となる葬儀の在り方に時代の変化を間接的に感じさせるものでもあった。

【画像ギャラリー】最期のお見送りもこだわりたい!光岡自動車の霊柩車たち

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ