ミツオカ「バディ」発表!光岡自動車初のアメリカンビンテージ風SUV マジ欲しい!!


 2020年11月26日、富山県富山市にある10番目の日本の自動車メーカー、光岡自動車がトヨタRAV4をベースにモデファイした新型SUV、「バディ」を正式発表した。

 すでに2020年10月29日にデザインを初公開し、大反響を巻き起こしている。

 光岡自動車は、市販車をベースにオリジナルデザインの架装を施したカスタムカーの開発・製造・販売を行う小さな自動車メーカーだ。

 1994年の独自設計のオリジナルスポーツカー「ゼロワン」、2007年にはスーパーカー「大蛇(オロチ)」を発売。

 2018年11月には光岡自動車創業50周年を記念して限定200台で販売したマツダロードスターベースの「ロックスター」が記憶に新しい。

 さて、東京・麻布台にある「MITSUOKA麻布ショールーム」で行われたバディ発表会の模様と、明らかになった内容をお伝えしていこう。


文/ベストカーweb編集部
写真/平野学 光岡自動車

【画像ギャラリー】秘蔵写真! RAV4とどこが違う? ミツオカの新型SUVバディを写真でチェック!


CMキャッチコピーは「Buddy さあ いこうぜ相棒」

右から光岡自動車代表取締役社長の光岡章夫氏、渡部稔執行役員(左)と、デザイナーである青木孝憲企画開発課長(左上)

 2020年11月25日、光岡自動車初のSUV、バディの発表会が東京・麻布の「MITSUOKA麻布ショールーム」で行われた。

 最初に登壇した光岡自動車代表取締役社長光岡章夫氏はこう述べた。

 「私自身も完成車を見るのは、今日が初めてなのですが、もう完全にアメリカンビンテージですね。

 1年半前にスケッチブックを見た時には違和感があったんのですが、フロント、サイド、リア、後ろから見たライン、ほんとにアメリカンビンテージですね。心から喜んでいます。今日価格を発表しましたが、安くて売れると思います。

 ここで、今後の光岡自動車のビジョンを少しお話ししたいと思います。2年前、オンリーワンの企業を目指すため、50周年を迎えた2年前に全社員を集めて次の50年に向けて誓いました。あと48年あります。なんとか、楽しく、無理しないで、おもしろくいくのが光岡自動車だと思います。

 あともうひとつ。私のわがままになるのですが、一番作りたいクルマが新しいオロチです。これはもう計画に入れたいと考えています。

 もう1点は新しいゼロワンです。どうしても、光岡らしい商品をここからもっていかなきゃいけないかなと思っています。これは社員にも言っていません。私が勝手に言っていることですが、今後ともよろしくお願い致します」。

バディの発表発売時期、価格、生産台数について

迫力のある角4灯ヘッドライト
細かいところを見てもよくできているのがわかる
ヘッドライトは上がロービーム、下がハイビーム。横長に光っているのはデイライトとウインカー
縦型のテールランプがカッコいい

 バディの詳細な解説をする前に、みなさんが一番気になっている発表発売時期、価格、生産台数から先に紹介していこう。

 発表は2020年11月26日、先行予約受付は同日から開始し、発売は2021年6月。

 生産計画は、2021年6月から生産を開始し、2021年内は60台、2022年以降は年間150台を予定している。限定生産ではなく通常の光岡自動車のラインナップモデルとなる。

 2020年10月29日から2回目のティーザー広告を発表したが、すでに10万件を超えるホームページへのアクセスが殺到しているとのことで、早くも納車までに相当時間がかかることが予想される。

 気になるバディのラインナップと価格は、ガソリン車が469万7000円~549万4500円、ハイブリッド車が525万300~589万9300円。それぞれ2WDと4WDを用意する。

ちなみにRAV4の価格はガソリン車が274万3000~353万9000円。ハイブリッドが334万3000~402万9000円

次ページは : RAV4をベースにアメリカンビンテージ風にモデファイ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ