光岡自動車初のアメリカンビンテージ風SUV「バディ」本日発表! マジこれ欲しい!!

 2020年11月26日、富山県富山市にある10番目の日本の自動車メーカー、光岡自動車がトヨタRAV4をベースにモデファイした新型SUV、「バディ」を正式発表した。

 すでに2020年10月29日にデザインを初公開し、大反響を巻き起こしている。

 光岡自動車は、市販車をベースにオリジナルデザインの架装を施したカスタムカーの開発・製造・販売を行う小さな自動車メーカーだ。

 1994年の独自設計のオリジナルスポーツカー「ゼロワン」、2007年にはスーパーカー「大蛇(オロチ)」を発売。

 2018年11月には光岡自動車創業50周年を記念して限定200台で販売したマツダロードスターベースの「ロックスター」が記憶に新しい。

 さて、東京・麻布台にある「MITSUOKA麻布ショールーム」で行われたバディ発表会の模様と、明らかになった内容をお伝えしていこう。


文/ベストカーweb編集部
写真/平野学 光岡自動車

【画像ギャラリー】秘蔵写真! RAV4とどこが違う? ミツオカの新型SUVバディを写真でチェック!


CMキャッチコピーは「Buddy さあ いこうぜ相棒」

右から光岡自動車代表取締役社長の光岡章夫氏、渡部稔執行役員(左)と、デザイナーである青木孝憲企画開発課長(左上)

 2020年11月25日、光岡自動車初のSUV、バディの発表会が東京・麻布の「MITSUOKA麻布ショールーム」で行われた。

 最初に登壇した光岡自動車代表取締役社長光岡章夫氏はこう述べた。

 「私自身も完成車を見るのは、今日が初めてなのですが、もう完全にアメリカンビンテージですね。

 1年半前にスケッチブックを見た時には違和感があったんのですが、フロント、サイド、リア、後ろから見たライン、ほんとにアメリカンビンテージですね。心から喜んでいます。今日価格を発表しましたが、安くて売れると思います。

 ここで、今後の光岡自動車のビジョンを少しお話ししたいと思います。2年前、オンリーワンの企業を目指すため、50周年を迎えた2年前に全社員を集めて次の50年に向けて誓いました。あと48年あります。なんとか、楽しく、無理しないで、おもしろくいくのが光岡自動車だと思います。

 あともうひとつ。私のわがままになるのですが、一番作りたいクルマが新しいオロチです。これはもう計画に入れたいと考えています。

 もう1点は新しいゼロワンです。どうしても、光岡らしい商品をここからもっていかなきゃいけないかなと思っています。これは社員にも言っていません。私が勝手に言っていることですが、今後ともよろしくお願い致します」。

バディの発表発売時期、価格、生産台数について

迫力のある角4灯ヘッドライト
細かいところを見てもよくできているのがわかる
ヘッドライトは上がロービーム、下がハイビーム。横長に光っているのはデイライトとウインカー
縦型のテールランプがカッコいい

 バディの詳細な解説をする前に、みなさんが一番気になっている発表発売時期、価格、生産台数から先に紹介していこう。

 発表は2020年11月26日、先行予約受付は同日から開始し、発売は2021年6月。

 生産計画は、2021年6月から生産を開始し、2021年内は60台、2022年以降は年間150台を予定している。限定生産ではなく通常の光岡自動車のラインナップモデルとなる。

 2020年10月29日から2回目のティーザー広告を発表したが、すでに10万件を超えるホームページへのアクセスが殺到しているとのことで、早くも納車までに相当時間がかかることが予想される。

 気になるバディのラインナップと価格は、ガソリン車が469万7000円~549万4500円、ハイブリッド車が525万300~589万9300円。それぞれ2WDと4WDを用意する。

ちなみにRAV4の価格はガソリン車が274万3000~353万9000円。ハイブリッドが334万3000~402万9000円

RAV4をベースにアメリカンビンテージ風にモデファイ

RAV4をベースに1970年代~1980年代のアメリカンSUV風にモデファイしたバディ
難しかったと思われるリアスタイルも実にうまくまとめている

 トヨタのベストセラーSUV、RAV4をベースにアメリカンビンテージ風にモデファイしたのがバディ。

 発表会場でバディを最初に見た印象は、「よくできている。よくぞここまでやったなあ」という言葉が出るほど、その出来に感心した。

 ベースとなったRAV4は、現代的なデザインだが、それが光岡自動車のマジックハンドにかかると、1970年~1980年代にかけて生産されていたシボレーブレイザーやタホを感じさせる角ばった4灯ヘッドライトのフロントマスクに大変身。

 比較写真を見ていただけるとわかるのだが、Aピラーから前のボンネット、フェンダー(サイドダクト)、フロント回り(グリル、バンパー、オーバーライダー)はごっそり代えられている。

 リア回りでは斜めにラインが入るリアフェンダー後方からリアバンパー、バックドアパネル、リアゲートカバーがRAV4からの変更点。

 実際にボンネットを開けてエンジンルームやフェンダーとボディとのチリをチェックしたが、さすが自動車メーカー、しっかり作られているのが確認できた。

 聞けば、これまで光岡自動車が製作してきた、ベース車をモデファイしたモデルたちはFRP製パーツを使ってきたが、今回のバディからは、部品精度と生産性向上を高めるために、金型を成型して作る大手自動車メーカーが採用するABS樹脂やPP(ポリプロピレン)を使っているという。たしかに見た目の質感も高いし、違和感があまりなかった。

 ちなみにボディサイズはベースのRAV4標準車が全長4600×全幅1855×全高1685mm、RAV4アドベンチャーが全長4610×全幅1865×全高1690mm。

 これに対し、バディのボディサイズは全長4730×全幅1865×全高1685mm。RAV4に比べ、全長が170mm長く、全幅がアドベンチャーと同じで、全高もRAV4標準車と同じだ。

角型4灯ヘッドライトで迫力のあるフロントマスクのバディ
ベース車のトヨタRAV4(アドベンチャー)
バディのリアスタイル。フェンダー後方のリアフェイス以降が違う
ベース車のトヨタRAV4(アドベンチャー)
これまでボディの外板部品はFRPを使っていたが、このバディから大手自動車メーカーが使っているABS樹脂とPP(ポリプロピレン)に変更したという
見た目の質感も高く作りもよかった

 パワートレインに関しては、RAV4は2L、直4のガソリン車と、2.5Lハイブリッドの2種類のパワートレインを用意しているが変更はない。

外板パーツの取り付けに抜かりはなし。パワートレインに変更はない

ボディカラーは18色もあり、好みに応じて選べる

 ボディカラーはなんと18色も用意されている。標準カラー(モノトーン)はグローブワンホワイトパール、シルバーメタリック、ベルベットレッドマイカ、ダブルエックスブルーマイカ、ブラックマイカ、ガンメタリックの6色。

 モノトーンのオプションカラー(39万6000円)はグランジデニムパール、ミント(ソリッドカラー)、ディ・オブ・グリーンマイカ、スリラーレッド、イエロー(ソリッド)、ディープパープルメタリックの6色。

 2トーンカラーのオプションカラー(48万4000円)はノースカロライナブルー/ホワイト、ストリートホワイト/ホワイト、トップガングレー/ホワイト、スターオレンジ/ホワイト、フューリーイエロー/ホワイト、ピーチベージュ/ホワイトの6色。

 お気づきの方もいるかもしれないが、ボディカラーのネーミングがかなりおもしろいというか、こだわっているのがわかる。

2トーンカラー、トップガングレー/ホワイト
モノトーンカラー、ディープパープルメタリック

インテリアは基本的にRAV4を踏襲する

コクピット回りのデザインは基本的にRAV4と同じ。ステアリング中央にはトヨタロゴの代わりにMITSUOKAのロゴが入る
ボディカラーの近似色のステッチがシート中央とドアトリムに入るオプションの専用レザーシート&トリムセット。ボディカラーと指定の内装色以外の組み合わせはできない

 コクピット回りやインテリア関係は基本的にRAV4から変わらない。バディ専用装備としては、43万7800円のオプションで専用レザーシート&トリムセット(全席合成皮革+ステッチ付き)が選べる。

 それぞれボディカラーの近似色と組み合わせたステッチカラー&トリムカラーになっている。ただし、ボディカラーと指定の内装色以外の組み合わせはできない。

 これだけあると購入の際、大いに迷いそうだが、きっと気に入るカラーが見つかるに違いない。


■ミツオカバディ・ハイブリッド DX 4WD 主要諸元
●全長×全幅×全高:4730×1865×1685mm
●ホイールベース:2690mm
●車両重量:1750kg(4WD、HV車)
●エンジン:2487㏄、直4、178ps/22.5kgm
●フロントモーター:120ps/20.6kgm
●リアモーター:54ps/12.3kgm
●タイヤサイズ:225/60R18
●価格:589万9300円

バディというネーミングには「そばにいてくれる相棒」という想いを込めた

光岡自動車渡部稔執行役員

 ここからは、司会者とバディの開発のまとめ役、光岡自動車の渡部稔執行役員と、デザイナーである企画開発課の青木孝憲課長による質疑応答形式で行われたプレゼンテーションを紹介していこう(一部抜粋)。

―ではまず渡部執行役員にお伺いします。バディを企画した経緯について教えてください。

渡部執行役員 ちょうど2年前、光岡自動車50周年記念としてロックスターを発表しました。ロックスターは過去の光岡に方向性に捉われない、新たな方向性と、「いいじゃんコレ」とシンプルに言っていただけるデザインコンセプトで、これまで弊社とご縁がなかった多くの方々にご指示いただいて、ほどなくして限定200台が完売となりました。

 ロックスターはアメリカンテイスト溢れる2シーターオープンのクルマです。非常に趣味性が高く、マーケットとしても極めて狭いカテゴリーにありながら、短期間に販売し、いまもなお中古車情報希望の問い合わせを数多くいただいております。

 なによりもこの事実が私たち、光岡自動車の新たな方向性を見つける意味で大きな自信になりました。ロックスターをヒントにしながら、これまでにないカテゴリーで、遊び心溢れる楽しいクルマに挑戦しようと気持ちにさせてくれました。

―今回、SUVのカテゴリーを選んだ理由をお聞かせください。

渡部執行役員 過去にSUV企画が社内にまったくなかったという訳ではなかったのですが、年々機能性と利便性から拡大傾向にあるSUV市場に期待の声がありました。ただSUVの特徴、クルマの形は、デザイン上はモデファイするのは難しいのです。

 例えば輸入車ブランドではSUVをフラッグシップカーとして投入させていますが、どのブランドもラグジュアリー路線を踏襲するといいますか、高級路線一辺倒になりがちです。醸し出される雰囲気はブランドによってあまり変わりません。なんとなく機能的というか、私にはそういうイメージがありました。

 例えていうと、きれいでオシャレな服を着て、パーティにいくような、自分からすると堅苦しくてなんとなく、SUVのイメージとは違うなと。

 いろいろ考えていくうちに、もっと簡単に気軽に乗れるクルマがいいんじゃないかなと思いました。Tシャツにジーンズで、気取ることなくさりげなく自然体で乗れるクルマがあれば、みなさまに喜んでもらえるんじゃないかなと。自分自身もそういったクルマは好きですし、乗ってみたいと思っておりましたので、今回SUVを発表するという形になりました。

フロントマスクは実に緻密に作られている
リア回りの特徴的な縦型のテールランプと黒いバックドアパネル

―では具体的な形になにかテーマはあるのか?

渡部執行役員 いろいろモチーフはありますが、見ての通り、1970年代から1980年代にかけてのアメリカンSUVをテーマにしているのは間違いありません。イメージデザインは弊社青木から送られてきた時点でこれはイケると、ひと目で採用を決めました。

 昨今、SNSの普及などで時代は変わりました。昔であれば古いアルバムを引っ張りださなければ古い自分に出会えなかったと思います。

 でも今はSNSのおかげで、遠い昔の自分に、瞬時に振り返ることができる時代になったと思います。

 そうしたなかで、世代や性別に関係なく、誰しもが経験してきた泣き笑いの素敵な日々を、ある時は懐かしい自分に、ある時は今の自分に、またある時は未来の自分へ重ね合わせながら、物語を紡ぎあげる。

 バディというネーミングにはその人の物語にそっと寄り添い、そばにいてくれる相棒であってほしいという想いが込められています。

カタログに使われている写真
家族4人のそばにバディをあるイメージ

―カタログを見ると心が温まるような素敵な家族像が浮かんでいきますね。

渡部執行役員 カタログに関しては、タイムラインになぞらえて、誰しもが経験したような喜怒哀楽の物語を基本コンセプトとしました。

 青春時代を振り返って、愛しい人や友達との出会い、家族とのかけがえのない時間、そういったものをみなさん、それぞれの人生に重ね合わせながらバディにシンパシーを感じていただければと思います。

―新しい企画を進めていくうえで意識していることは?

渡部執行役員 あまりかしこまらずに、理屈より楽しさとか、遊び心を意識しながら進めています。自分の経験と感覚を信じること大事にしています。

―光岡自動車の今後の予定をお聞かせください。

渡部執行役員 現在、いろいろな企画が複数あります。ただ、生産能力の問題があります。例えばラインナップの特別仕様車にしても生産の調整をしなければいけませんから、なかなか難しく、商品化するためには優先順位をつけざるをえません。

 バディのようなベース車をモデファイして投入するようなモデルではなく、先ほど社長が話したような光岡独自のオロチやゼロワンのような型式認定取得を目指すならば、開発コスト、投入時期、市場規模、採算性も考慮しなければいけません。

 メーカーなんだから光岡らしいオリジナルのクルマを出してくださいという声も非常に多くいただいているのも承知しております。

 我々はこれからも努力を重ねながら、近い将来、真の光岡のオリジナルモデルを投入できるよう努力して参ります。

 これからも楽しいクルマ作りに遊び心を添えながら、生産していきますので、よろしくお願い致します。

バディをデザインした光岡自動車企画開発課の青木孝憲課長(左)

―続いて、バディをデザインした企画開発課の青木孝憲課長に話を伺います。バディのコンセプトは渡部執行役員にも伺いましたが、そのコンセプトをどのように生産モデルに落とし込んでいったのでしょうか。

青木課長 はじめのうちはかなり豪快でやんちゃなアメ車像が浮かんできました。渡部執行役員とディスカッションを重ねていくうちに、やはりその日本車の持つよさ、これはロックスターで感じたことなんですが、例えば機能性、サイズ感であったり、上品さであったり、そういったことも盛り込んだほうがいいだろうということになりました。

 そこへ、アメリカンビンテージという明確なコンセプトがありましたので、日本車のよさをうまくアメリカンビンテージに織り交ぜながら、明確なコンセプトをデザインに落とし込みました。

―それは具体的にはどんな部分に表われていますか?

青木課長 フロントグリルはどっちをとってもまあ単調にならないようにかなり細かいラウンドを重ねて、サイズ感に合うように収めています。

 ともするとアメリカンビンテージといいますと、豪快さばかりが目立ってしまって、いきどころのない線や面がバーッと豪快に構成しがちなんですが、それはアメリカの大地だから似合う造形なんですね。

 バディの場合は角ばった造形をしています。これは私たちが憧れ、過ごしてきた、1970年代や1980年代のカルチャーやクルマのデザインを反映していますが、昔の造形手法や表現手法をそのまま持ってきても時代観がめちゃくちゃになってしまいます。

 そこはアメリカンビンテージの香りをうまく残しながら、令和という新しい時代観をとりいれながら全体のシェイプを整えました。

―ではその特徴的なデザインを実現するために取り入れた手法とはどういったものですか?

青木課長 これまで少量生産に対応するためにFRP(強化プラスチック樹脂)を主に使ってきましたが、バディからは、一般的な自動車の外装に使われるABS樹脂、PP(ポリプロピレン)という素材を使っています。

 これは自動車メーカーとしてはごくごく当たり前の素材なのですが、我々の生産規模からしますとイニシャルコストがかかってなかなかハードルが高いのです。

 バディの場合は角ばった造形を出すために、細かい造形は苦手なFRPからABS樹脂とPPの車室設計に代える必要がありました。

 そして何よりもバディはより多くのお客様にお届けしたいという思いから、品質向上と生産効率を上げる必要があってこのような手法をとった次第です。

―最後にバディを心待ちにしている方々にメッセージをお願いします。

青木課長 バディはこれまで光岡をご存じなかった方にもお楽しみいただけるクルマではないかと思っています。

 明るくて、爽やかでストレートに心に刺さる、新しい光岡像を象徴するバディを心からお楽しみいただければ嬉しく思います。

ゼロワンは1996年にオリジナルカーとして型式認定を受け、光岡自動車が日本で10番目の乗用車メーカーとして認められた記念すべきモデル
2001年10月第35回東京モーターショーでコンセプトカーとして発表されたオロチ。2006年10月に市販モデルを発表し、2007年4月より発売を開始、2014年9月に生産終了
2018年に限定200台で販売した、マツダロードスターをベースにしたロックスター


■光岡自動車「バディの発表展示会」(一般ユーザー対象)の概要
●開催日時:2020年11月28日(土)~30日(月)の3日間
・11月28日(土):10時~19時
・11月29日(日):10時~19時
・11月30日(月):10時~15時
●開催場所:「MITSUOKA麻布ショールーム」
東京都港区麻布台2-3-3
※混雑時は入場制限をする場合があります。駐車場の用意はないため公共交通機関でお越しください。開催期間中、展示会場での申し込み、契約はお受けしません。

光岡自動車ホームページはこちら!

【画像ギャラリー】秘蔵写真! RAV4とどこが違う? ミツオカの新型SUVバディを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ