2030年度の新燃費基準で軽自動車はどうなるのか?

 経済産業省と国土交通省は昨年3月に、乗用車の2030年度燃費基準を策定したことを発表している。2030年度燃費基準の推定値は25.4km/Lで、2016年度実績値19.2km/L(WLTCモード)と比べると32.4%もの改善が必要な目標となっている。

 25.4km/Lというと、トヨタカローラシリーズのハイブリッドモデルやホンダフィットのハイブリッドといった、現行車ではトップレベルの燃費で、これを企業平均で目指すことになる。

 そこで気になるのが、これまでは本格的なハイブリッド車の設定をなしに燃費性能を向上させてきた軽自動車だ。

 2030年度の新燃費基準をクリアするために軽自動車はどのような進化が必要なのか? そしてこれからの軽自動車のために必要な対策とは?

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、スズキ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】厳しい燃費基準で生き残れるか…? 今後の動向が気になるクルマたち


■2030年度燃費基準は厳しい内容

 クルマ関連のニュースで、最近多く取りあげられるのが2030年度の燃費規制だ。燃費基準の達成度を判断するのはCAFE(企業別平均燃費方式)。企業別の平均値で捉えるから、燃費性能の優れた車種を数多く販売すれば、燃料消費量の大きい少数の車種があってもカバーできる。

 CAFEはすでに2020年度基準に採用され、各社ともクリアしているが、2030年度基準は燃費基準推定値が25.4km/Lという厳しい内容だ。

 2030年度燃費基準は、従来と同じく車両重量と燃費数値のバランスで決まるが、2020年度燃費基準のようなステップは設けていない。

 2020年度燃費基準では、車両重量が741~855kgの車種はJC08モード燃費が24.5km/L、856~970kgの車種は23.7km/L、という具合に燃費基準値を定めたが、2030年度燃費基準は曲線的にシームレスに示される。

■段階ごとにあった車重幅はなくなった

新しい2030年度燃費基準の概要。従来は、例えば741kgの車両と855kgの車両で同じ燃費基準(24.5km/L)が設定されていたが、それが変更される

 従って741kgと855kgの車種を比べた場合、2020年度燃費基準ではクリアすべきJC08モード燃費がどちらも24.5km/Lで等しかったが、2030年度では同じ値にならない。741kgよりも855kgのほうが対応する燃費数値は低下するのだ。

 今までのステップ型は不公平が伴った。741kgの車両が24.5km/Lを達成するのは比較的容易だが、855kgでは難しい。その点でシームレスな2030年度燃費基準は、741kgと855kgでは対応する燃費数値が異なるから不公平感も和らぐ。

■ハイブリッドでも達成できない車種は多数

シエンタハイブリッドのWLTCモード燃費は14.8km/L。達成目標の18.1km/Lに届かず、今のままでは2030年度燃費基準をクリアできない

 そして2030年度燃費基準は、燃費の計測方法もWLTCモードに変わり、前述のとおり車両重量に対応する数値も全般的に高まる。小型/普通車で見ると、ハイブリッドでも達成できない車種が多い。

 例えばアルファード&ヴェルファイアハイブリッドXは、車両重量が2090kgだから、2030年度燃費基準を達成できるWLTCモード燃費は18.1km/Lだ。ところが実際の燃費数値は14.8km/Lに留まっているからクリアできない。燃費性能を22%向上させる必要がある。

 燃費がいいと思われるシエンタハイブリッドも達成できない。車両重量は1380kgだから、2030年度燃費基準を達成できるWLTCモード燃費は24.8km/Lだ。しかし実際の数値は22.8km/Lだから、9%の燃費向上が求められる。

 このように2030年度燃費基準は、ハイブリッド車でもクリアするのが難しく、モーター駆動を使わないノーマルエンジン車では一層困難だ。

 ちなみに東京都は「2030年までに新車として販売される車両のすべてを電動車(ハイブリッドやプラグインハイブリッドを含む)に切り替える」と発表したが、それ以前の話として、2030年度燃費基準をクリアするために電動機能を搭載して燃費性能を向上させる必要があるわけだ。

■軽自動車は新燃費基準をクリアするのか?

全車にマイルドハイブリッドを搭載するハスラー。NA/2WD車のWLTCモード燃費は25km/L。2030年度燃費基準の達成目標(約28.6km/L)には惜しくも届かない

 そこで気になるのが軽自動車だろう。ハスラーは全車にマイルドハイブリッドを搭載する。モーター機能付き発電機が、減速時の発電+アイドリングストップ後の再始動+エンジン駆動の支援を行う。

 ターボを装着しない2WDはWLTCモード燃費が25km/Lと良好だが、車両重量が820kgで2030年度燃費基準をクリアするには、約28.6km/Lに達しなければならない。比率にすれば14%の燃費向上が求められる。

 国内の最多販売車種となるN-BOXは、売れ筋になる標準ボディLのWLTCモード燃費が21.2km/Lだ。車両重量は900kgだから、2030年度燃費基準を達成するには、27.8km/L前後まで高める必要がある。

 N-BOXは軽自動車のなかでも車両重量が重い部類に入り、燃料消費量が多くなりやすい。そこを考えると、WLTCモード燃費が21.2km/L(JC08モードは27km/L)なら、燃費数値としては相当に優れている。

 先代(初代)N-BOXが2011年に登場した時は、JC08モード燃費が22.2km/Lであった。つまり現行型は、マイルドハイブリッドなどのメカニズムを使わずに、燃費数値を22%向上させている。それなのに2030年度燃費基準は、さらに燃費数値を31%改善して、27.8km/L前後にすることを求めているわけだ。

■軽自動車でもストロングハイブリッドが必要⁉

今日本で一番売れている軽自動車、N-BOXのWLTCモード燃費は21.2km/L。2030年燃費基準の達成目標(約27.8km/L)には届かない

 前述のハスラーでは、マイルドハイブリッドを搭載しながら、2030年度燃費基準を達成するには燃費数値を14%向上せねばならない。そうなるとマイルドではなくストロングハイブリッドが必要だろう。ただしストロングタイプは価格が高い。

 軽自動車やスズキのコンパクトカーの場合、マイルドハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて約10万円高くなる。ストロングハイブリッドに相当するシステムは、少なく見積っても、さらに約15万円上まわる。従ってノーマルエンジンとストロングハイブリッドの差額は最小でも約25万円だ。

 マイルドハイブリッドを搭載するハスラー2WDハイブリッドXの価格は151万8000円だが、仮に2030年度燃費基準に対応すべく、ストロングハイブリッドに変更すると価格は166万8000円にアップする。

 N-BOX標準ボディLの価格は、現状で155万9800円だが、マイルドハイブリッドも搭載していない。ストロングハイブリッドにすれば約25万円の上乗せだから、2030年度燃費基準に対応した時の価格は180万9800円だ。かなり高額になってしまう。

■軽自動車は別枠の燃費基準が必要かもしれない

2019年7月発売の現行型タント。次回のマイナーチェンジでフルハイブリッドが搭載されるという情報も

 クルマはすべて高額商品で税金も高いが、公共交通機関が未発達な地域では、軽自動車が買い物、通勤、通院といった日常的に不可欠な移動に使われている。軽自動車に頼った生活を余儀なくされる高齢者も多く、ライフラインの役割を担う。軽自動車は小型/普通車とは本質的に異なり、福祉車両の一種と考えるべきだ。

 公共交通機関が未発達な地域で使われる軽自動車は、日常的な移動とあって走行距離が短いから、環境への負荷も小さい。コストと価格が過度に高くならないように、軽自動車に関しては燃費基準に別枠を設ける方法が考えられる。

 あるいは660ccという現状の排気量を見直して、燃費効率を向上させる方法もある。軽自動車の開発者からは「排気量を800cc前後に増やせば、エンジンの負荷が軽減されて、燃費にいい影響を与える」という話も聞かれる。

 ただし軽自動車の排気量を増やすと、増税とセットにされかねない。軽自動車がライフラインの役割を担う以上、さらなる増税は許されず、税額を据え置いて2030年度燃費基準の対応を目的に排気量を拡大する方法が考えられる。

 これらの複数の対策を組み合わせる方法が最も現実的だろう。マイルドハイブリッドを進化させてストロングハイブリッドの性能に近づけ、排気量も800cc前後に増やして高効率化を図り、なおかつ軽量化も実施する。

 それでもクリアするのが難しい場合は、燃費基準に別枠を設ける。2030年度燃費基準は、福祉の観点も踏まえ、軽自動車を優先させて制度を整えるべきだ。環境に優しくするために、ユーザーを困らせてはならない。

【画像ギャラリー】厳しい燃費基準で生き残れるか…? 今後の動向が気になるクルマたち

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ