【後編】佐藤琢磨×原田哲也対談 「ところで、いつまでレースするの?(笑)」「いつまでやりましょうね?」

ところで、いつまでレースするの?(笑)

原田 ところで、いつまでレースするの?(笑)
佐藤 いつまでやりましょうね?
原田 いやいや、聞いてるの(笑)。
佐藤 でも……、2回勝ったから、もう1回ぐらい勝てるのかなって思っちゃってるんですよね(笑)。
原田 行っちゃう? もう1回。この際だから(笑)。
佐藤 いやっ、あのね(笑)。勝つのがどれぐらい大変かは僕もすごくよく分かるんだけど、でも勝ったから、できないことではないじゃないですか。
原田 ああ、その感覚は分かる!
佐藤 でしょう? だから……、もうちょっとやろうかなって(笑)。
原田 (笑)じゃあさ、もしインディカーやめたとして、日本に帰ってきてレースする?
佐藤 その時に僕がステアリングを握りたいかどうか、ですかね……。
原田 そうか、そこだね。
佐藤 いい緊張感を持ってレースをやれてる時って、哲也さんが言った準備もしっかりできる。それだけのエネルギーをかけられる。だけどある時きっと、「もういい」ってなると思うんですよね。
原田 ぷつんと切れちゃう時がね。
佐藤 その時は、たぶんそのまま乗ってたら失礼になってしまうから、ステアリングを置くことになると思う。その後も、趣味としてはレースをすることがあるかもしれない。でももう1度同じようなエネルギーを使ってプロとしてレースをする力は残ってないと思います。
 であれば、自分が達成できなかった夢を、次の世代の子供たちに託すっていう気持ちの方が、今は大きいですね。
原田 琢磨は教えるのがうまいしね。
佐藤 哲也さんは引退される時、「バイクを見るのもイヤになった」っておっしゃってた。それぐらいやり切ったんだと思います。そして今はバイクの仕事をたくさんして、「バイクが楽しい」って言ってる。何か心境の変化があったんですか?
原田 現役を辞めてから琢磨の影響で自転車を始めたでしょ? で、引退して10年ぐらい経った時、ヨーロッパで自転車を漕いでたらバイクに抜かれてさ。「バイク、気持ちよさそうだなぁ」と。それが大きかったかな。
 で、美由希さんに「乗らせていただけませんか?」って下からお願いした(笑)。そしたら「じゃあ、日本で普及活動でもしてみたら?」って言ってもらって、それが今に至ってるんだよね。
佐藤 なるほど! 僕の自転車がきっかけで哲也さんがバイクの世界に戻ったんだとしたらうれしいな。

「レース引退したらツーリング行こうね」って話はしてるよね

原田 「レース引退したらツーリング行こうね」って話はしてるよね。
佐藤 それは、もう約束してますから。その話になると僕はもう今すぐにでもツーリングに行きたくなるんだけど、哲也さんの方から「いや、現役のうちはやめておこうね」って止められる(笑)。「絶対やらかすから」って。
 確かにツーリングのスピードで満足できるぐらいにならないと。たぶんすぐ全開にしちゃうからね。ウィーンってウイリーしちゃいますよね、きっと(笑)。
 まぁ、まずは免許を取るところから始めないと。原付しか乗ったことないし……。
原田 ツーリング行くなら琢磨は原付でいいよ。
佐藤 えっ? あっ、いや、原付も楽しそうだけど、ちゃんと大きいバイクに乗りたい。
原田 いやいや、原付もちゃんとバイクだから。僕は1000ccで行くけどね。
佐藤 ええっ!? それズルくないですか?
原田 いやズルくない(笑)。
佐藤 だって追いつくので精一杯ですよね?
原田 大丈夫、ゆっくり走るから。
佐藤 ホント?(笑)
原田 琢磨は自転車に乗ってるから、バイクも上手だと思うよ。
佐藤 自転車って倒し込んだら倒れる一方だけど、バイクってエンジンの力で起こすことができるんですよね? その感覚は分かんない。
原田 それね! 最初は琢磨が何言ってるか分かんなかったけど、自転車に乗るようになって「ああ、こういうことか」と。
──原田さん、自転車で佐藤さんに追いつけそうですか?
原田 追いつけるわけないでしょう、だって琢磨はオリンピックも見えてたんだから。
佐藤 いやいや(笑)。今だったら同じぐらいじゃないですかね?
原田 そんなことないよ。
佐藤 F1に乗ってた頃は、トレーニングも兼ねてかなり自転車に乗ってましたけどね。
原田 思い出した! 初めて会った時は「首が太い!」と思ったんだ。この間、昔の琢磨の写真見たら、顔より首の方が太かったよ。1回聞いて驚いたんだけど、スパ・フランコルシャンサーキットのオー・ルージュってコーナー、上下横にGがかかるんでしょう?
佐藤 そうですね。最後の上りは-1.5Gぐらいかかるんで、シートベルトがなかったら発射されちゃいます(笑)。
原田 ムジェロサーキットのアラビアータコーナーが6Gだっけ?
佐藤 はい、5G+。あの当時はアラビアータの2個目はアクセルを抜かないと曲がり切れなかったけど、今のF1は予選なんか全開のままですもんね。あれはちょっと信じられない。
原田 気を失いそうになるよね……。
佐藤 今はずっとアクセル踏みっぱなしだから、オンボードカメラの映像を観てて気持ち悪くなりましたよ(笑)。

次ページは : 僕は現役だから、今起きてること、今の苦悩を伝えられるんです

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します