ランクル、ハイエース…極悪燃費で存続に暗雲!? 新基準燃費 国産車ワースト10


 新車のカタログに掲載される燃費が新基準に。より実態に近づいたWLTCモードの燃費ワースト10車は?

 実際の使用により近い燃費の測定方法であるWLTCモード燃費の導入が進み、旧基準のJC08モード燃費からカタログに載る燃費値が車種によってはかなり変わっている。

 先日『新基準燃費ランキング ベスト10』という記事を当サイトでアップしたが、対照的に燃費が悪い方も気になるところ。

 実はCAFE(企業平均燃費基準)の導入もあり、燃費は、その車種の存続にも関わってくる。今後避けては通れない燃費向上のためにどんな対策を行うかも併せて、新しい燃費基準におけるワースト10車を見ていきたい。

文/永田恵一 写真/TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】燃費悪いのは御免だ!! 新基準で較べた国産車ワースト10!!


■ワースト2はSUVの本格派揃い踏み!

●1位:レクサスLX570/6.6km/L

レクサスLX570/6.6km/L


 LX570は、約2.7トンという巨体に、直噴ではないうえにアイドリングストップも付かないV8の5.7Lガソリンエンジンを搭載するだけに、この燃費もやむを得ず、見方によっては「思ったより悪くない」とも考えられるかもしれない。

 LXは後述するランドクルーザーのレクサス版なので、今後基本的にランドクルーザーに準じた対策を行うと思われるが、LXとランドクルーザーがもしまったく同じパワートレーンだとすると、それはそれで(差別化という意味では)微妙である。

●2位:トヨタ ランドクルーザー ZX/6.7km/L

トヨタ ランドクルーザー ZX/6.7km/L

 ガソリンのV8エンジンを搭載するランドクルーザー兄弟がワースト1、2を独占した。ただ、ランドクルーザーは最上級の「ZX」グレードだと車重はレクサスLXと同等の2.7トン。

 1.1Lも小さい4.6L・V8ガソリンエンジンを搭載するのにWLTCモード燃費がほとんど変わらないのは、動力性能と車重のバランスのためなのか意外ではある。

 ランドクルーザーは2021年5月を目途にフルモデルチェンジされる予定とされ、エンジンをそれぞれV6となる3.5Lガソリンターボと3.3Lディーゼルターボへの変更により燃費を向上、のちに3.5Lガソリンターボはハイブリッド化されるという情報もある。

■ワースト3位は存続を期待したい国産スポーツの至宝

●3位:日産 GT-R(NISMOを除く)/7.8km/L

日産 GT-R(NISMOを除く)/7.8km/L

 GT-Rはアイドリングストップのない3.8L・V6ツインターボを約1.8トン近い車体に搭載するだけに、このカタログ燃費は妥当なところだろう。

 ただGT-Rは、スーパーカーとしては低い空気抵抗や転がり抵抗の小ささにより、高速巡行などではカタログ燃費を大きく上回る実燃費をマークすることも事実だ。

 今後はかなり先の時期となりそうだが、現行モデルのままビッグマイナーチェンジを行い、その際に48Vマイルドハイブリッドとすることで発進時などにエンジンをアシストする約27馬力のモーターを組み合わせ、WLTCモードを10km/L程度に向上するという進化が有力視されている。なお次期モデルに関しては現時点では不透明だ。

次ページは : ■4~6位は大型ミニバン&オープンカー ディーゼルターボに換装されるか!?