レヴォーグ絶好調でアウトバックが出ない?? アクア5月受注ストップ? ほか国内クルマ業界最新情報!


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、レヴォーグ引き続き絶好調!!! …のウラで、こちらもスバル人気車種で北米で先行して販売されているアウトバックの日本導入が先送りされる? という話題から。いったいどういうことなのか?

 ほか、アクアのオーダーがいよいよ5月ストップ? ノート・オーラは夏以降? トヨタラインアップ統合続報などなど、コロナ禍による新車開発の遅れ、半導体が調達できないことによる影響が避けられない状況だが、最新のスクープ情報、新車の販売状況、モデル消滅情報などなど多岐にわたりレポート!

※本稿は2021年2月のものです
文/遠藤 徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】導入先送りってマジか…新型アウトバックと国内現行型をギャラリーでチェック!


■スバル 新型レガシィアウトバックは2022年以降導入か?

 スバルは次期型レガシィアウトバックの国内投入を2022年以降に先送りする見通しです。

 新型レヴォーグや改良型フォレスターが好調で、新型レガシィアウトバックの国内投入は今年必要ないとの見方が強まっているようです。

 新型アウトバックはサイズアップし、上級シフトによって国内のニーズに合わないとして、とりやめる可能性も取り沙汰されています。

アメリカではすでに販売されているスバルの新型レガシィアウトバック

■スバル 新型レヴォーグ絶好調!!!

 スバルが2020年10月15日にフルモデルチェンジした新型レヴォーグが好調な立ち上がり。

 今年1月の登録台数は4692台で前年同月比550.8%もの大幅な増加で、トヨタプリウス、ノア、RAV4、ホンダステップワゴンなどの人気車をも凌駕。

 2月中旬現在の納期は3カ月待ちの5月末で、推定受注累計は1万5000台。売れ筋は中間グレードであるGT-Hで90%以上が新開発の「アイサイトX(グレード名はEX)」が占めています。

 新開発「スバルグローバルプラットフォーム」にインナーフレーム構造の採用によるボディ剛性の大幅な向上、1.8Lターボの搭載などが人気要因として挙げられます。

新型レヴォーグは旧型からの乗り換えだけでなく新規ユーザーも獲得。しかし、レヴォーグの販売好調が新型アウトバックの日本導入延期の一因なのは皮肉だ

次ページは : ■トヨタ 現行アクアは5月にもオーダーストップか?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ