ガチで実走テスト!! 危ない? 大丈夫?? 軽自動車は100km/hと120km/hでどう変わる?

ガチで実走テスト!! 危ない? 大丈夫?? 軽自動車は100km/hと120km/hでどう変わる?

 日本の高速道路にも120km/h時代がやってきた。

 昨年12月22日に新東名の御殿場JCT~浜松いなさJCT間の145kmが上り下り合計完全6車線化となり、最高速が正式に120km/hに引き上げられたのだ。

 国産車も含めて普通乗用車の性能が高くなっていたこともあり、これまでの100km/h制限に疑問の声が高かったのだが、これでやっと海外(特に欧州)並みになったわけだ。

 しかし、日本には海外にはない特別なクルマが存在する。そう、それは軽自動車。

 その昔、高速道路における軽自動車の最高速は80km/hだったのだが、性能向上により2000年10月より普通車と同じ100km/hに引き上げられ今日に至っている。つまり100km/hになってからすでに20年以上の月日が流れているのだ。

 この20年余りの間に軽自動車界に何が起きたのか? というとハイト系、スーパーハイト系といった背の高い軽自動車が大人気。スーパーハイト系軽自動車で120km/hは大丈夫なのか?

 さっそく三菱eKスペース&eKクロススペースの2台で走ってみることにした。

●今回検証した7つのポイント
・「ハンドリング」はどう変わる?
・「クルマの挙動」はどう変わる?
・「加速性能」はどう変わる?
・「乗り心地」はどう変わる?
・「ADAS(運転支援機能)」はどう変わる?
・「室内騒音」はどう変わる?
・「燃費」はどう変わる?

※本稿は2021年2月のものです
文/松田秀士 写真/ベストカー編集部 撮影/佐藤正勝
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】軽自動車は高速道路120km/h時代を生き抜けるのか? 実験の様子をギャラリーでチェック!


新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!