スペーシアvs.ソリオ 高速120km/hで走ると…どうなる?? 禁断の超ハイト軽を高速テスト!!

禁断の超ハイト軽を高速テスト!!! スペーシアvs.ソリオ 高速120km/hで走ると…どうなる??

 大人気のスーパーハイトワゴン軽自動車。現在、軽自動車の規格は全長3400mm以下/全幅1480mm以下/全高2000mm以下である。この全高2000mm以下を最大限利用すべく登場したのがスーパーハイト系の軽自動車だ。

 縦のスペースは乗ってみると非常に心地よいのだ。天井の高い部屋ってなんだか幸福感あるよね。お金持ちだなぁ! って感じ。たくさんの酸素独り占めです。酸素さえあればコロナなんか恐くない。

 しかし、最近の軽自動車はとても高性能でさらに室内装備も乗用車顔負けであります。そのためいい値段だよ。ヨシ決めた! と思ってプライスリストを見たら迷います。

 この価格ならひとクラス上のプチバンと変わらないか? 逆に安い場合だってあるのだ。プチバンは小型車だから横のスペースにも酸素がいっぱい! 少し? の税金の差くらいで、なにも軽自動車にこだわることはないだろうが!?

 迷うアナタのためにスーパーハイト系のスペーシアカスタム(ターボ)とプチバンのソリオを比べてみました!

※本稿は2021年3月のものです。加速タイム、騒音レベル、燃費は2名乗車で測定。なお、加速タイムはストップウォッチ、騒音レベルは騒音計、燃費は車載の燃費系で計測。テストコンディションはできるだけ同条件としましたが、路面状況、若干の勾配の違いなどがあるため、目安としてお考えください
文/松田秀士 写真/ベストカー編集部 撮影/佐藤正勝
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】スズキの誇るスーパーハイトワゴン2台対決の様子をギャラリーでチェック!!!!


■ところでなぜ120km/hテストなのか?

 昨年(2020年)12月22日に新東名の御殿場JCT~浜松いなさJCT間の145km、東北道の一部の最高速が正式に120km/hに引き上げられた。高速道路120km/h時代の到来だ。

 今後日本車のクルマ作りにも変化が出てくるのは明らかだと思われるが、現在販売されている日本専売のドメスティックカーの120km/hでのトータルの走行性能は気になるところ。

 今回はスペーシアカスタムとソリオ(←どっちにしようと悩んでいる人も多いハズ)を新東名で松田秀士氏のドライブで実走テストを敢行。

スペーシアカスタム(左)とソリオで120km/h対決!!!

■ハンドリング対決

 ハンドリングはまぁひとクラス上のソリオがイイに決まってるだろ。スペーシアカスタムがどこまで迫れるかなぁ? という予想でした。乗る前はね。

 ところが実際に走り始めるとスペーシアカスタムの素直なステアリングフィールがスムーズ。背の高さを感じさせない、操舵量に比例したわかりやすいコーナリングなのだ。

 S字のようなコーナーでも、揺り戻しでの地から浮いたような不安感ナシ。少し硬めのサスペンションが、コーナリングによる横Gをしっかりと受け止めている。といっても硬め過ぎたガチガチ系のサスペンションではない。

 ステアリングを切り始めると適度なロールを発生して急激に横方向にノーズが向くのを制御。とはいえ微小舵での応答はしっかりしている。

直進安定性に優れたクルマはハンドリングもいい。逆もしかり。スペーシアカスタムのスムーズなステアリングフィールは評価できる

 そして、さらにステアリングを切り込むことでロールモーメントが増えてゆくのを、今度はジワジワとサスペンションの硬さを発生させてロール量を抑え込むのだ。柔らかいようで硬い。そんな足を持ったハンドリングである。

 いっぽうソリオは全体にフワッとしたハンドリング。そうa フワちゃん。ステアリングを切り始めた時に過敏すぎず、まずサスペンションのバンプやリバンプで吸収してジワジワとコーナリングを始める感じ。

 スポーツ性がないと初めは感じてしまうが、だんだんとボディの堅剛性を感じるようになる。ボディ剛性が高いからステアリングを微小舵入れた時にもノーズはシンクロして動く。

 スポーティに走らせたければ操舵スピードを上げればいいだけ。つまりサスペンションで万人受けするハンドリングを出しているのだ。

ソリオのハンドリングはスポーティではないし、面白いという類ではないがしっかり感がある

 で、どちらが? ということになると、軽快感も含めてスペーシアだねぇ。

次ページは : ■クルマの挙動対決