その存在今こそ貴重です! 昭和の「ダサカッコいいクルマ」はいくらで買える?


 人気若手俳優の着こなしが「ダサカッコいい」として話題となっている。そのファッションの基本は、昭和を思わせる着こなし。

 1980年代に流行したDCブランドのダブルのジャケットをはじめ、派手なアニマルプリントのシャツやアロハシャツといったような具合で、映画のちょっと道を外した若者のようなファッションを取り入れているという。

 しかし、この「ダサカッコいい」は世界的にはトレンドのようで、一見ダサイけれどもアーティステックという意味合いで使われているという。

 そこで、今回は遠くなってしまった昭和の時代を感じられる「ダサカッコいいクルマ」を選び、今いくらで買えるのか調べてみた。

文/萩原文博、写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ マツダ スバル

【画像ギャラリー】今見ると意外とカッコいい!? ダサカッコいいクルマの画像を見る!


■昭和のダサカッコいいクルマとは?

 今回「ダサカッコいいクルマ」を選ぶ条件は、昭和の時代に開発が行われて、バブル時代に登場したモデルとした。現在はミニバンやSUVブームとなっているが、当時の人気だったのはクーペやスポーツカーがモテるアイテムだった。

 今となってはちょっと恥ずかしいけれども、それらを堂々と乗りこなせば、「ダサカッコいい!」と定義できるのではないだろうか。

 ということで、1980~90年代に登場したクーペを「ダサカッコいいクルマ」として紹介しつつ現在の中古車事情を紹介しよう。

■トヨタ セラ/普通のクルマなのになぜにガルウイングドア?

エンジンは最高出力110psほどだったが、スターレットがベースとあって車両重量は890kgと軽量だった

セラの中古車情報はこちら!

 まず、「ダサカッコいい」クルマとしてピックアップしたのはトヨタセラ。1990年~1996年まで販売された2ドアクーペだ。

 セラの特徴は前上方に開くガルウイングドアとグラスキャノピーやグラストップを採用し、ルーフ部分がガラスで多く占められていること。

 某モータージャーナリストがかつてセラを所有した時に、真夏に乗っていたとき、頭が焦げるかと思うほど暑くなったと語ってくれた。

 ベース車はスターレットで、搭載されるエンジンは1.5L直4DOHCの1種類。なぜかトランスミッションは5MTと4ATが用意されていた。

 現在、セラの中古車は6台流通していて、直近3カ月の間は5~7台の間で推移している。平均価格も約79万円でこの3カ月の間推移している。

 現在の価格帯は約68万~約150万円で、ほとんどが4AT車だが、1台だけレアな5MT車が流通しており、価格は応談となっている。

次ページは : ■2代目日産 パルサーエクサ/ノッチバックとキャノピーの2種類で、着せ替えできるはずだった

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ