その存在今こそ貴重です! 昭和の「ダサカッコいいクルマ」はいくらで買える?


■トヨタ サイノス/ダサカッコいい度抜群のターセル&コルサの2ドアクーペ版

北米向けに開発されたコンパクトサイズの2ドアクーペ。当時、北米ではセクレタリーカーという、秘書のようなカッコイイ女性向けのクルマが人気となっていて、そこをターゲットにしていた
2代目サイノスに1996年に追加設定された、サイノスコンバーチブル

サイノスコンバーチブルの中古車情報はこちら!

 ラストを飾るのが、1991年に初代モデルが発売されたトヨタサイノスだ。ターセル&コルサセダンをベースとした2ドアクーペで、北米ではセクレタリーカーとして人気を博した。

 しかもTV-CFの音楽には当時人気絶頂だったglobeのJoy to the loveが使用された。残念ながら、初代そして1995年に登場した2代目サイノスは、中古車市場ではすでに絶滅してしまっており、ここでは1996年に追加されたサイノスコンバーチブルを「ダサカッコイイ」クルマとしてピックアップした。

 コンバーチブルは補強を加えたクーペボディをアメリカのASC社に送り、ルーフやピラーをカットし、ソフトトップに架装してもらうという非常に手間が掛かったモデルだった。

 搭載するエンジンは1.3Lと1.5Lの直4で、トランスミッションは1.3L車が4MT/3AT、1.5L車は4ATのみだった。

 現在サイノスコンバーチブルの中古車は6台流通していて、平均価格は約67.5万円。直近3カ月はほとんど値動きがない状態が続いており、流通台数も横這いが続いている。

 中古車の価格帯は約35万~約110万円で、最高値の中古車はMT車で、そのほかはすべて1.3LのAT車。1.5L車は全く流通していない。ただし、限定150台のボディカラーがイエローの中古車が2台残っているのは奇跡といえる。

 先日、86/BRZのニューモデルが公開されて話題となっているが、昭和から平成にかけてはクーペやオープンカーはかなり存在していたのだ。

 トヨタサイノスや日産NXクーペのような、廉価でオシャレなスペシャルティカー、セクレタリーカーが誕生している。

 しかもクーペといっても、今見るとなんとも微妙な、決してカッコいいクルマばかりではなかった。

 だからこそ「ダサカッコいい」クルマに推すことができるのだ。しかし、よくこれらのクルマは令和になっても生き延びていることが不思議でもある。

日産のNXクーペ。トヨタのサイノスと同様のコンセプトで開発された、コンパクトなクーペだ

NXクーペの中古車情報はこちら!

【画像ギャラリー】今見ると意外とカッコいい!? ダサカッコいいクルマの画像を見る!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ