新型ハイエースどうなる? このまま2030年まで現行型でいく…のか…??


 商用バンのエース車種、ハイエースの新型への切り替え情報が、まったく流れてこない。

 「次期ハイエースらしい開発情報が」ということで裏取りに動いたら海外仕様だったりマイチェンだったりで、肝心の日本仕様のハイエースのフルモデルチェンジについての情報はなしのつぶて。

 基本設計の古さ(それにともなう衝突安全性能≒乗員保護の弱さ)や、商用車全般のモデルサイクル、電動化への要請(遅くとも2030年頃までにハイブリッド化しなければ新車販売が難しくなる)などを考えると、そろそろ新型車の開発が進んでいないといけないはずだが…。

 本稿では現行型ハイエースの販売状況と、次期型ハイエースの噂話について、販売店を回って最新情報をつかんでくる流通ジャーナリストの遠藤徹氏に伺った。

文/遠藤徹 写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】販売台数絶好調の現行ハイエースと次期型予想CG画像はこちらから


■現行モデルは16年半以上経過するも販売推移は絶好調

 一時期、トヨタの小型キャブオーバーバン&ワゴンである「ハイエース」の新型が登場するという噂があったが、それは海外バージョンのことで(2019年2月にフィリピンで発表)、日本国内は引き続き従来モデルが販売されている。

 ハイエースの日本現行モデルの登場は2004年8月24日であるから、すでに発売から16年半以上が経過している。この間にやや大きめな変更は、2010年と2020年にマイナーチェンジや一部改良しただけ。

どうなるどうする新型ハイエース このまま2030年まで現行型でいく…のか…??
ワゴンGL(ワイドボディ 2WD 2700ガソリン車)ブラックマイカ オプション装着車

 トヨタ販売店に取材したところ、今の時点で、ハイエースについてのフルモデルチェンジ、マイナーチェンジなど世代交代するといった新型車情報は、まったく流れていない。

 さてハイエースだが、上記のように現行型発売からかなり時間がたっているにも関わらず、最近まで絶好調の販売推移であることが伺える。

 今年1~2月の登録台数は小型貨物車(バン+コミュ―ター)が2カ月合計で1万1607台、前年同期比31.5%増、月平均5804台。ワゴンのほうは合計1317台、前年比10.3%増、月平均659台と、ともに好調に推移している。

 商品性の高さによる圧倒的な人気がその理由であるが、2020年5月からは、ネッツ店専売の「レジアスエース」と統合、「ハイエース」そのものも従来のトヨペット店専売からトヨタ全系列店扱いとし、セールスパワーが倍増したことも売れ行き増の大きな要因として上げられる。

■圧倒的に売れているのは4ナンバーバンGLの5ドア標準ルーフ

 ハイエースのラインアップはバン、ワゴン、コミューターの3分野に分かれるが、圧倒的に売れ行きが良いのは4ナンバーのバンである。

 バンは商用の貨物車で荷物の配送、仕事道具の積載などの業務用に多く使われているが、これだけではなくレジャーなどに出かけるのにつり、サーフィン、キャンプなど関連用品などを運ぶ、あるいはキャンピングカーなどへの改造などと幅広く一般の乗用車としても愛用されている。

 貨客両様としても使えるので、ウィークデーは業務用、週末や休日はレジャーに出かけるといった使い方もできる。

どうなるどうする新型ハイエース このまま2030年まで現行型でいく…のか…??
左:バン スーパーGL(標準ボディ 2WD ディーゼル車) 中:ワゴン グランドキャビン(2WD 2700ガソリン車) 右:コミューターGL(2WD ディーゼル車) すべてオプション装着車

 販売の中心となっているバンはボディ長がロング、スーパーロング、ルーフ形状は標準、ハイルーフ、フロア形状は標準、ジャストロー、ドア数は4、5ドア、乗車定員は2列シート2/5人、2列シート3/6人乗り、1列3人乗りなどいろいろ選べる。

 エンジン、駆動方式、トランミッションの組み合わせはエンジンが2.7L、2LガソリンNA、2.8Lディーゼルターボの3種類。駆動方式との組み合わせは2WDが3エンジン、4WDは2L以外の2ユニット、トランスミッションは2Lガソリンが6ATと5MT、これ以外はすべて6ATのみの設定となっている。

 おおよその販売構成比では、80%が2.7&2Lガソリン仕様。また、70%が2WD。そして大半は6ATとなっている。グレード構成は標準のDXと装備を柔術させたGL、ワゴンはスーパーロングのグランドキャビンも設定する。一般向け、業務用も含めて最も売れ行きが好調なのは上級のGLで5ドア標準ルーフ、2/5人乗りだ。

次ページは : ■特別仕様車は納期2.5ヶ月待ちという人気ぶり