世界でたった3台!!! 最高速360km/h「7億円のパガーニ」販売!


 2021年1月、スーパーカーブランド「パガーニ」は、7年の歳月を費やし開発した「ウアイラ」の限定車、「ウアイラ トリコローレ」を販売した!

 お値段なんと7億円! しかしすごいのは値段だけじゃない! 本誌月イチ連載「スーパーカー劇場」で、「ゾンダ」「ウアイラ」にも試乗した武井貴史(プリウス武井)がご紹介!

※本稿は2021年2月のものです
文/武井貴史 写真/Pagani
初出:『ベストカー』 2021年3月10日号

【画像ギャラリー】トルク約112kgmってまじか 「ウアイラ トリコローレ」の画像をギャラリーで見る


■ジェット機にインスパイアされた限定モデル「ウアイラ トリコローレ」

 イタリアのハイパー自動車メーカー、パガーニがまたやった!

 なんと7億円超えモデルを発表! 今回、世界リリースされたのはウアイラのスペシャルモデル「ウアイラ トリコローレ」。

 イタリア空軍のアクロバットチーム「フレッチェトリコローリ」の設立60周年を記念してオマージュモデルを3台のみ製造。

ダウンフォースを増大させるフロントスプリッターと、インタークーラーの効率と冷却効果を高めるサイドエクストラクターを備えるフロントバンパー

 パガーニは設立当初から空力に強いこだわりを持ち、空気を切り裂いて飛ぶ戦闘機をリスペクトしている。

 過去にプロモーションで空軍とコラボした経緯もあり、今回の記念モデルが誕生した。

 代表のホラチオ・パガーニ氏は、それだけ信頼に値する人物だということだ。日本だと光岡自動車がブルーインパルスとコラボしたようなモノかな(笑)。

細部に至るまでイタリア空軍アクロバットチームへのオマージュが表現されているという

 パガーニは本誌『ベストカー』の「スーパーカー劇場」でゾンダとウアイラをインプレッションさせてもらった。

 空力が抜群で首都高でも異次元の走りで驚愕させられた。

 特にコーナリング性能は高く、ステアリングを切り込んだ瞬間から旋回Gを体感できる凄いクルマだ。

 さらにコクピットの質感ひとつとっても調度品を誂えたような高級感は独特なセンスを持つ。

フロントフードに空力状態、気流の速さを測定するピトー管を装備

 スタンダードの車両価格は550万ユーロ! 日本円で7億円超え。

 価格だけならブガッティディーヴォの6億6000万円を凌ぐ。

 まぁスタンダードモデルの価格は7億円だけど、オプションを追加するとさらに車両価格はさらに2000万~3000万円ほど高くなる。

 なぜここまで価格が高くなるかというと、ふつうの市販車ではコスト高で絶対に使わない素材を採用しているから。

 モノコックはパガーニが独自で開発した最先端素材のカーボンチタンHP62G2とカーボントライアックスHP62で構成され、超軽量かつ高剛性を実現している。

 さらにボディパーツ、パワートレーン、インテリアデザイン、シートやベルトにまで細部にわたってこだわっている。

 搭載されたエンジンはAMG製ツインターボ12気筒をこのモデルのためにパガーニがチューニングして5600回転で840hpを生み出す。

 トルクは1100Nm(約112kgm)と驚異的。このスペックで乾燥重量は1270kg。数字だけでもコイツの凄さが理解できる。

 昨年10月に発売された「ウアイラロードスター」が0~100km/h加速は3.1秒。最高速は360km/hなので、スペックを比較してもこの数字を上回ることは間違いない。

 機会があれば運転したいけど、スーパーカー劇場を担当しているオレでもドライブさせてもらうのは難しいかもね。

リアエンドはジェット機のテールフィンと同様の形状となっているウアイラトリコローレ

【画像ギャラリー】トルク約112kgmってまじか 「ウアイラ トリコローレ」の画像をギャラリーで見る

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ