これが次期クラウンのSUVになるのか!? クラウンクルーガー発表!!


 トヨタは、2021年4月19日、同日より始まった上海モーターショーにおいて、新型の大型SUV「クラウンクルーガー」を発表した。

 「クラウン」の名を冠した大型3列シートSUVであり、トヨタの中国仕向けSUVのフラッグシップとして君臨することになるという。2021年半ばに発売される予定だ。

 「クラウン」といえば、昨秋、「セダンは現行型で終了し、2022年にSUVとして投入される」という衝撃的なニュースが報じられていた。

 新型「クラウンクルーガー」の詳細をご紹介していくとともに、このクラウンクルーガーがそのまま日本で、次期クラウンとなるのか、についても考察していく。

文/吉川賢一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】次期クラウンは王冠が付いたクルーガーになるのか? 詳細写真をチェック!


中国向けの最高級フラッグシップSUV

クラウンの王冠マークが装着されたクラウンクルーガー
グリル中央にはクラウンの象徴、王冠がマークが取り付けられている
クラウンクルーガーのリア回り

 トヨタは中国市場に、同社が海外で展開している3列シートのSUV「ハイランダー」を、2007年から導入している。

 累計販売台数は100万台を超えるヒットモデルで、その新型となる4代目「ハイランダー」も本モーターショーで発表された。新型「クラウンクルーガー」は、新型ハイランダーと兄弟車であり、ハイランダーの上級仕様のフラッグシップSUVになるようだ。

 新型ハイランダーと新型クラウンクルーガーの主な違いはエクステリアデザインだ。フロントバンパーのデザインが大きく異なり、おとなしめのハイランダーに対し、よりワイルドでド派手なのがクラウンクルーガーだ。

 なかでも、クラウンクルーガーのフロントグリル中央に付いた王冠マークは、「最上級の証」でもあるのだろう。

 またどちらも、TNGAアーキテクチャを採用しており、2.5リッターのハイブリッドシステムと、E-Fourシステムを搭載している。また、品質と効率性を兼ね備えた広々としたインテリアスペースを備えているという。

 蛇足になるが、ヴェルファイアのグリルにクラウンマークを付けたクラウンヴェルファイアも合わせて発表されている。

ヴェルファイアにクラウンのマークを付けたクラウンヴェルファイア

北米がメインマーケットである「ハイラインダー」がベース

中国専売の新型SUV「クラウンクルーガー」
4代目となる新型ハイランダー
3代目ハイランダー ボディサイズは4890×1925×1720(全長×全幅×全高ミリ)、2リッター直4エンジンと(162kW/350Nm)6速ATの組み合わせる

 「ハイランダー」の現行モデルは、2019年11月に登場した4代目で、RAV4よりもひと回り大きな3列シートのSUVだ。北米では、ガソリンモデルのベーシックグレードが3万4600ドル(約371万円)、ハイブリッド車は3万8200ドル(約409万円)で販売されている。

 RAV4のボディサイズが、全長4600×全幅1855×全高1685mm、ハリアーは4740×1855×1660mm、北米向けハイランダーは、全長4950×全幅1930×全高1730と、見事なボディサイズをしている。ランドクルーザー(全長4950×全幅1980×全高1870mm※日本仕様)よりは、やや小さい。

 ハイランダーは、ハリアー、RAV4と共通のGA-Kプラットフォームを採用している。日本人の繊細な感覚に合わせた「ハリアー」、オンでもオフでも走行できるオールラウンダーな「RAV4」、北米市場での用途に特化し、大人数でハイウェイをつかって長距離移動をするようなシーンに合わせた「ハイランダー」。

 このように、セッティング次第でクルマの個性をいかようにも変えられるのは、このGA-Kプラットフォームのポテンシャルの高さを表している。

 ちなみに、この3台とも、開発責任者は、チーフエンジニアの佐伯禎一氏。複数台をひとりが見ることで、3台の味付けの違いを確認でき、一台にあれもこれもと詰め込まず、マーケットごとに合わせたクルマを用意することができたそうだ。

次ページは : トヨタのピュアEV大攻勢がいよいよ始まった

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ