超名門ボルボがEV専売メーカーに!?? 初の専用EV「C40」登場 これが未来か…

EV専売メーカーへの布石か ボルボ初のEV専用モデル「C40」登場!!!

 2021年3月4日、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボが新型SUV「C40」を発表した。

 また、2030年までに「EV専売メーカー」となることを発表。EV専売メーカーになると発表したのはジャガーに次いで2メーカー目だ。

 ボルボの現状、そして電動化戦略の新たな旗印となる「C40」について紹介していこう。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/VOLVO
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】EVもスタイリッシュに! ボルボC40をギャラリーでチェック!!!


■ボルボ初のEV専売モデルとなる「C40」

 C40はボルボ初のEV専売モデルとなる。XC40と同じコンパクト・モジュラー・アーキテクチャを採用するため、全高はXC40より低いが、全長や全幅、ホイールベースはXC40とほぼ同じとなる。

 気になる航続距離は欧州参考値で約420kmと、充分な距離を確保した。

ボルボ C40。スタイリッシュだ

■コロナ禍でも絶好調だったボルボ。なぜ?

 実はボルボ、コロナ禍にもかかわらず、2020年下半期の売上高が1兆8859億円(前年比8.2%増)、営業利益が1186億円(前年比4.9%増)、販売台数が39万1751台(前年比7.4%増)となり過去最高を記録した。

 2020年通年でも売上高3兆2848億円、営業利益1061億円を計上。売上の増加と合わせて固定費を削減することに成功した。

 さらに、2021年の1月と2月の販売台数は前年比29.1%増と好調。中国とアメリカでの販売増が大きく、業績を牽引した。

ボルボ初のクーペSUVとなるC40。「C」はクーペのCではなく、クロスオーバーのCらしい

次ページは : ■業績を牽引したのはプラグインハイブリッド車