ヤリスクロス ライズなど人気SUV4モデルの2WDと4WD どっちを選ぶべき?


 近年SUVは街乗りを重視した車種が増えたため2WDが選ばれるケースも多いが、もともとはクロカン4WDから発展したクルマということで、できれば4WDを選びたいと迷う人も多いはず。

 車種によっては、日産キックスのような2WDのみのモデル、スバルフォレスターのような4WDのみのモデルもあるが、2WDと4WDが両方設定されたSUVの場合、どっちを選んだほうがいいのか?

 当記事では2WDと4WDのある人気SUVのトヨタライズ、トヨタヤリスクロス、マツダCX-30、トヨタハリアーを、「2WD、4WDどっちがいい?」というテーマで、ライバル車とも比べた価格差、燃費の差などによって考察してみた。

文/永田恵一  写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今注目の国産SUV4台をギャラリーでチェック!!


■5ナンバーコンパクトSUV/トヨタ ライズ

2019年11月に発売されたライズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmのコンパクトSUV。WLTCモード燃費は2WDが18.6km/L、4WDが17.4km/L


●2WDと4WDの価格差は?
 上級のGグレードで2WD/189万5000円、4WD/213万3700円と、価格差は23万8700円だ。なお、ライズは直接的なライバル車がないので以下比較はしない。

●2WDと4WDの燃費差は?
 WLTCモード燃費は2WDが18.6km/L、4WDが17.4km/Lと燃費性能は若干の低下なので納得できる範囲だ。むしろライズの場合は、2WDは車重1トン以下なのに対し4WDは1トンを超えるので、車検の際の重量税の負担が増えるほうが気になるかもしれない。

●2WDと4WDのリセールバリューは? (予想価格)
・3年後のリセール/2WD: 99万6000円、4WD: 108万8000円
・4年後のリセール/2WD: 79万5900円、4WD: 89万6000円
・5年後のリセール/2WD: 66万3000円、4WD: 74万7000円

  新車から5年までは新車時の差額を8万円から10万円は処分する際に回収できるので、実質的な2WDと4WDの差額は15万円程度までに縮まる。

 (※以下、残価設定ローンの最終回の支払額≒処分する際の額の目安とします)

●結論
 ライズの2WDと4WDは、リセールバリューを含めた長い目で見た差額や、燃費の差が少ない。それに加え、ボディサイズの小ささや185mmという充分な最低地上高を確保していることなどによって、機動力が高いことも合わせて総合的に考えると4WDが推しだ。

■コンパクトSUV/トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド

ヤリスクロスのハイブリッドは1.5L、直3エンジンにモーター2つを組み合わせたもの。システム最高出力は116ps、WLTCモード燃費は2WDが30.2km/L、4WDが28.1km/L


●2WDと4WDの価格差は?
 ヤリスハイブリッドは上級のGグレードで2WDが239万4000円、4WDが262万5000円と、価格差はライズと同等の23万1000円だ。この価格差をライバル車と比べると、ホンダヴェゼルのハイブリッドが22万円差、CX-3の1.5Lガソリン車が23万円差で、ほとんど同じとなっている。

 なお、ミドルクラスまでのSUVの2WDと4WDの価格差はほとんどのクルマで20万円から25万円の間となっていて、この範囲の価格差が平均的といえそうだ。


●2WDと4WDの燃費差は?
 ヤリスクロスハイブリッドのWLTCモード燃費は2WDが30.2km/L、4WDが28.1km/Lだ。その差は2.1km/L。

 ヴェゼルハイブリッドは2WDが21.0km/L、4WDが19.0km/L、CX-3の1.5Lガソリンは2WDが17.0km/L、4WDが15.7km/L。ヤリスハイブリッドの燃費は絶対値、4WDによって低下する燃費差ともにモデルが新しいこともあり優秀だ。


●2WDと4WDのリセールバリューは? (予想価格)
・3年後のリセール/2WD 124万5000円:、4WD: 136万5000円
・4年後のリセール/2WD: 105万3000円、4WD: 115万5000円
・5年後のリセール/2WD: 88万6000円、4WD: 97万1000円

 新車から5年までは新車時の差額を8万円から12万円は処分する際に回収できるので、実質的な2WDと4WDの差額は11万円から15万円程度までに縮まる。

●結論
 ヤリスハイブリッドも2WDと4WDの差は、ライズ同様にリセールバリューを含めた実質的な差額と燃費の低下が少ない。それに加え、4WDは重量増によるものなのか乗り心地が2WDに対して若干向上する。それらを総合すると4WDが推しだ。

次ページは : ■小さめのミドルSUV/マツダ CX-30(ディーゼル)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ