絶滅危惧種!! ラストチャンスか!?? 時代を背負った憧れのFRスポーツは中古で狙うべし!!

絶滅危惧種!! ラストチャンスか!?? 時代を背負った憧れのFRスポーツは中古で狙うべし!!

 新型GR86、そしてBRZの発表でにわかに盛り上がりを見せるFRスポーツ勢。

 そんなFR好きであれば一度は恋焦がれたであろう、S2000、80スープラ、シルビア、RX-7といったFRスポーツの名車たち。そんな名車たちを、中古で買おうと思ったらその相場などは今どんな状況なのか?

 自動車評論家 伊達軍曹がレポート!

※本稿は2021年4月のものです
文/伊達軍曹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年5月10日号

【画像ギャラリー】いまはせめて画像だけでも存分に! FRの名車たちをギャラリーでチェック!!!


■FRの名車1:ホンダ S2000

 2021年4月上旬時点での流通量は全国で約150台。前期2Lと後期2.2Lは、前者が約100台で後者が約50台という比率。

 モデル全体の相場は180万~650万円とかなり上下に幅広いが、平均価格は307万円。

 この平均価格よりも安い100万円台から200万円台の物件は走行10万kmあるいは20万kmを大きく超えているものが中心で、逆に300万円台以上では7万km前後の物件が多く目につく。

 ただ、走行40万km(!)を超えているような個体でも、エンジンオーバーホールやブッシュ交換などがしっかり行われているものは、300万円台半ばの高値がついていることも多い。

 このくらいの年式になると、価格は走行距離の多寡ではなく「コンディション次第」で決まるようだ。とはいえ、走行2万km台などのお宝系は600万円近いプライスとなるのだが。

S2000の中古市場はピンキリの様子。しかし整備さえできていれば過走行個体も充分狙い目か
S2000の中古市場はピンキリの様子。しかし整備さえできていれば過走行個体も充分狙い目か

■FRの名車2:トヨタ スープラ(JZA80)

 2021年4月上旬時点の流通量は全国で約40台と、やや少なめ。MT車とAT車の比率はほぼ半々だが、若干ながらMTのほうが多い。

 ターボとNAの比率もおおむね半々ではあるが、流通全体の約56%がNAである。

 モデル全体としての相場は250万~2500万円。

 この2500万円という個体は走行わずか1万kmちょいの最終RZ-S 6MT、ワンオーナー車ということでやや特殊な値付けだが、平均価格で見ても421.7万円と、やはり高いは高い。

 グレード別の流通量は、最も多いのがSZで、次点がRZ-S。他はおしなべてやや希少で、特にエアロトップは超希少。

1990年代スポーツの代表格である80スープラ。ターボ+MT仕様の価格はどれも非常に高くなる
1990年代スポーツの代表格である80スープラ。ターボ+MT仕様の価格はどれも非常に高くなる

次ページは : ■FRの名車3:日産 シルビア(S15)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ