ランクル300納期はいつ? 新型アクアは燃費ヤリス超えか ほか国産車最新情報


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは発売待ち遠しいトヨタ 新型アクア&ランドクルーザーの話題から! アクアに搭載される? 新開発バッテリーについて詳報! ランクルは早くも納期の話題???

 ほか、ヴェセル絶好調! ノート・ジムニー納期、エクリプスクロスの生産が半分に? …などなど、秋までに登場する新型車と人気車の販売動向を追う!

※本稿は2021年5月のものです
文/遠藤 徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】国内メーカー最新動向を網羅! 各トピックをギャラリーでクイックチェック!!!


■トヨタ 次期型アクアは新開発バッテリー搭載!

 トヨタは7月上旬にも一新する次期型アクアに燃費を大幅に向上させる新開発のハイブリッド(以下HV)バッテリーを搭載します。

 同ユニットは現在、ヤリスに搭載しているHV用バッテリーと異なる新開発のリチウムイオンによる高性能大容量のコンパクトユニットとなります。

 ヤリスに積んでいるHVバッテリーはEV走行可能速度を20km/hまでとしていますが、次期型アクア用のHVバッテリーはその2倍にあたる40km/hまでEV走行が可能となります。

 現行ヤリス用は実走行レベルで23km/L程度の燃費ですが、次期型用は30km/Lと大幅に向上させます。

 従来モデルはニッケル水素方式で2WDのみでしたが、次期型はリチウムイオン方式で2WD車のほか4WD車も設定します。

 次期型のボディサイズは全長、全幅は従来モデルとほぼ同じですが、全高を若干引き上げることで、室内の居住空間、とりわけ後席のヘッドクリアランス&ニールームを大幅に拡大します。

 現行モデルは5月上旬まで最終オーダーを受け付け、それ以降は生産を停止し、次期型は6月上旬に先行予約の受付を開始する見込みです。

 こうした大幅燃費の向上を売りに月販1万台超えを回復させる構えです。車両本体価格は燃費向上やクォリティの引き上げ、安全対策強化などによるコストアップ分で10万円程度の値上げになる見込みです。

新アクアは燃費ヤリス超え? ランクルはバックオーダー必至!? ヴェゼル絶好調! ほか国内自動車メーカー動向総チェック
新型アクアは新開発のハイブリッド用バッテリーの採用によりモーター走行が増え、ヤリスハイブリッドと差別化。質感の高さも魅力(画像はベストカー編集部による予想CG)

■トヨタ 次期型ランドクルーザーの納期は来年にずれ込むかも??

 8月上旬に発売予定の次期型ランドクルーザー300の納期が早くも来年にずれ込みそうな見通しとなっています。日本向けの生産枠が限定され、販売台数も絞らざるを得なくなっているためと思われます。

 国内よりも北米、ヨーロッパ、中東など海外からのニーズが高く、国内に振り向ける余力が限られるといった事情があるのです。

 ただ注目度の高いモデルだけに、トヨタ全系列店扱いですので、当面は多数のバックオーダーを抱えるようになるのは必至の情勢です。

新アクアは燃費ヤリス超え? ランクルはバックオーダー必至!? ヴェゼル絶好調! ほか国内自動車メーカー動向総チェック
トヨタ ランドクルーザー(現行型)

次ページは : ■ホンダ 新型ヴェゼルが絶好調の滑り出し!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ