電動化で車の「顔」変化? フロントグリルは消滅するのか

電動化で車の「顔」変化? フロントグリルは消滅するのか

 ご存じのとおり、クルマのフロントグリルは、エンジンを冷やすための「風穴」。フロントグリルから空気を取り入れることで、ラジエーターへ風を導き、この風によって、エンジンの熱で温まった冷却水を冷やしている。内燃機関を持つクルマとっては、大切な装備だ。

 しかし、モーター駆動であるBEV(=Battery Electric Vehicle=バッテリー動力のみで駆動するEV)の場合、エンジンを冷やす必要がない(というかエンジンがない)ため、フロントグリルは必要がない。

 では、EV化が進むと、フロントグリルは消滅してしまうのだろうか。

文/吉川賢一 写真/TOYOTA、HONDA、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】本文未掲載車も 個性的なフロントグリルで特徴ある『顔』になったクルマたち


■フロントグリルの役割は「風穴」だけじゃない

BMW伝統のキドニーグリルは今やここまで巨大化している。写真は4ドアセダンの「M3」

 そもそも「グリル(Gril)」とは、肉や魚を焼くときに使う「焼き網」のこと。クルマのフロントグリルは、クルマの正面についている網や格子上の部分のことを指し、バンパー側にあいている開口部とは分けて考えられることが多い。

 例えば、BMWのキドニーグリル、アルファロメオの盾型グリル、国産車だと、日産のVモーショングリル、レクサスのスピンドルグリルなどは有名だ。

 フロントグリルの役割のひとつは、冒頭でも触れたように、エンジンを冷やすための空気の取り入れ口、ということ。ちなみに、グリルよりも下側にあるフロントバンパーの穴は、ラジエーターの冷却以外にも、空気抵抗を抑えるための空気の抜け穴として存在する。

 最新トレンドの技術では、このフロントバンパーの穴から取り入れた気流をフロントタイヤの直前から、タイヤの横を通るように吹き出して「エアカーテン」をつくり、フロントタイヤ横で発生する渦をコントロールすることで、空気抵抗を低減させている。

 そして、もうひとつ重要な役割がフロントグリルにはある。クルマの顔に表情を作る、というデザイン要件だ。

■クルマの「表情」作りに欠かせないフロントグリル

マイナーチェンジでのフロントグリル変更によって「やりすぎた」ベルファイアは売れ行きを大きく下げた。人によっては「どちらもやりすぎ」と思われるかもしれないが、アルファードは売れ行きを大きく上げている

 クルマの「顔」の一部であるフロントグリルは、ちょっとしたデザインの違いで、売り上げが天と地ほども差がつくことがある。その典型例が、いま絶賛爆売れ中の「アルファード」、そしてその兄弟車である「ヴェルファイア」だ。

 以前はヴェルファイアのほうが人気だった2台だが、2017年のマイナーチェンジで状況が一変する。このマイナーチェンジでは新開発の直噴エンジンとダイレクトシフト8ATの組み合わせが搭載されたほか、内外装の変更と、クオリティアップがおこなわれた。

 マイチェンによって、フロントグリルがブラック基調にメッキの縦ラインとなり、高雅な雰囲気となったアルファードに対し、ヴェルファイアは、メッキエリアがグリルだけでなく、サイドまで拡大、ギラギラ感が増すフェイスとなった。

 ヴェルファイアは若者や女性をターゲットとしたネッツ店(当時)の顧客に合わせて、艶やかで派手なフロントフェイスとしたわけだが、これがどうやら「やりすぎ」だったようで、現在は、アルファードがヴェルファイアの10倍も売れている状況だ。

アルファロメオ伝統の盾型グリルを採用したアルファロメオジュリアGTA。公道走行可能な史上最強のGTAの価格は、なんと2064万円

 冒頭で触れたように、BEVはフロントグリルから冷却用の空気を取り入れる必要はない。BEVで冷やすべきなのは、床下に敷き詰めた駆動用バッテリーだ(高速走行直後に急速充電をすると、バッテリー加熱保護のための充電速度抑制がおこなわれてしまうことがある)。

 機能的にはフロント部にグリルを装備する必要のないBEVではあるが、現在販売されている多くのBEVでは、エンジン車のグリルのようなデザインをもっている。これは、メーカー各社がフロントフェイスに個性や表情をつくるためにグリル(のようなもの)は必要だ、と考えているからであろう。

次ページは : ■グリルレスに違和感がなくなれば消滅の可能性も