クラウンクルーガー登場!! 新型エクストレイルも披露!! 波乱の上海ショー注目モデル全紹介!!!


■マツダ CX-30 EV 

●実はこれがマツダの本命のEV!?

 長安マツダは中国でのマツダブランドのEV第1弾として、CX-30 EVのデザインスタディモデルを初公開した。量産モデルは今年中に販売を開始する。

デザインスタディの段階というものの完成度は高い。ノーマルのCX-30とは少々イメージが違う

 マツダの新世代電動化技術のe-SKYACTIVをベースに開発を進めている、と明言したのみだが、MX-30のユニットが移植されているのは間違いない。

 日本ではMX-30 EVとバッティングするため、導入はないだろう。

■三菱 エアトレック

●新型EVのデザインを初公開!!

 広汽三菱汽車は、EVの新型SUVのデザインを公開。ただし、実車は展示されず。

 車名はかつて日本で販売され、アウトランダーの前身でもあったエアトレックというから郷愁の念を禁じ得ない。

リアコンビランプのデザインはこれまでの三菱車になかったタイプ
エアトレックのフロントマスクは最新のダイナミックシールドを採用

 洗練されたダイナミックシールド、リアは新しさを感じさせるデザインだ。日本への導入可能性は低い。

次ページは : ■これが“クラウンSUV”説の正体か⁉ 突如発表されたクラウンクルーガーを検証する