激安だけど見栄を張れる! 禁断の激安中古輸入車5選

激安だけど見栄を張れる! 禁断の激安中古輸入車5選

 現在、50代以上のおじさんが若者だった頃、持っているクルマによって、女にモテる、クルマで見栄を張ることがステイタスという、令和の今では考えられない時代だった。

 時はバブル全盛期(1986~1991年)、女にモテるか、見栄を張れるか、そんなことばっかり考えていた男たちが多かったのだ。

 そこで、今回は、この令和の時代に、見栄を張れて、激安な輸入中古車はないのか、探してみた! いったいどんなクルマが令和の時代に出てくるのか、楽しみだ!

文/伊達軍曹
写真/メルセデスベンツ、BMW、ボルボ、ベントレー

【画像ギャラリー】これでブイブイ、言わせちゃう? 選出された5選をチェック!


■令和の時代にクルマで見栄を張れるのか!?

ここで人間の心の奥底にある混沌を筆者が綴る!? 写真はW221型メルセデスベンツS400ハイブリッド

 冒頭の文を読んだ人のなかには、「クルマで見栄張るとか、今どき意味わかんねえし! 昭和かよ! 」、「ぷぷっ。お金持ちに見られると思ってるのは本人だけで、周りはみんな『あ~、貧乏な奴が無理して中古の輸入車買ったんだなぁ』って思ってるだけですよ。ぷぷっ」

 あとはまぁストレートに「これ書いた奴バカじゃねえの?」といった感じだろうか。そういった指摘(?)も、もちろんわかるつもりではある。

 しかし、人間の心の奥底というのはヤフコメ以上に混沌としているものだ。どれだけ澄ましていても、人間の心の奥底には「人から偉いと思われたい」、「貧乏人と思われるよりは、金持ちだと思われたい」、「ナメられたくない」、「モテたい」などの、あまり格好良くはない感情が渦巻いている。当然、筆者の奥底にもそれはある。

 そんなドロドロとした生身の感情を持つ「格好悪い生き物」だからこそ、私はは「クルマで見栄を張る」という行為を否定しようとは思わない。いや、むしろ応援したいとさえ思っている。

 だが中古の輸入車で見栄を張るのは、決して簡単なことではない。車種選択をほんの少しでも間違えると、「ぷぷっ。本人はカッコいいと思ってるみたいだけど、周りから見ると……」という、トホホでダサい状態になってしまうのだ。

 そこで本稿では、筆者の25年にわたる輸入中古車記者経験のすべてをかけて、5車種の「激安だけど見栄を張れる中古輸入車」を本気でピックアップしたいと思う。本気で見栄を張りたい方は、心して読んでいただきたい。

■先々代メルセデス・ベンツSクラス(W221)

メルセデス・ベンツSクラス(W221)


■販売期間:2005~2013年
■中古車相場:60万~560万円

W221型ベンツSクラスの中古車情報はこちら!

 カーマニアのことは置いといて、一般人を「おおっ! 」と思わせるには、やはりなんといってもメルセデス・ベンツが一番である。いや、ここはひとつ「ベンツ」と呼びたいところだ。

 そのベンツのなかでも(マイバッハを除けば)トップ・オブ・トップのモデルである「Sクラス」こそ、人に「おおっ! 」と言わせる絶大なパワーを有している。

 Cクラスあたりを買っても、「あら、お隣の山田さん、主任から係長になったのかしら? 」ぐらいにしか思われないのが関の山だ。

メルセデス・ベンツSクラス(W221)

 本来であれば近所のベンツディーラーで1293万円のS400d 4MATICあたりを買いたいところだが、当然そんなおカネはないため、ここで狙うべきは2世代前のSクラス、W221型になる。

 これの次の世代であるW222型(2013~2020年)は中古でもまだ少々高く、これの前の世代であるW220型(1998~2005年)は、さすがに全身から古臭くて貧乏なオーラがにじみ出てしまっている。

 だが先々代であるW221は、ベンツSクラスとしては破格のロープライスで狙えるにもかかわらず、まだまだ割とハイソなオーラを放っているのだ。

メルセデス・ベンツSクラス(W221)のコクピット

 とはいえ車両価格60万円ぐらいから狙える底値圏の個体はさすがにボロさが目立つため、カーマニア以外のパンピーにも「あ、安い中古車だな」とすぐにバレてしまう。

 そのため車両価格100万~150万円ぐらいでゾーニングを行い、そのなかで、なるべく内外装のコンディションが悪くない個体をじっくり探すのが、この場合の勝利への道だ。

 そのうえでの注意点は下記のとおりである。

●社外パーツでドレスアップされている個体は安っぽく見える。フルノーマルまたはノーマルに近い個体を探すべし
●納車時に磨きとコーティングを行って、ボディをなるべくツヤツヤにせよ
●つるっぱげタイヤは危険なだけでなく、貧乏ったらしく見える。アジアンタイヤでも構わないので新品に交換を!(格安中古車のタイヤはたいていつるっぱげだ)
●そのうえで、日頃の洗車を怠るべからず(ホコリだらけだと安く見える)
●変な改造をすると安っぽく見える。ノーマル状態を保つべし
●腐っても(?)SクラスはSクラス。部品代は高いということを覚悟しておくべし

 もちろんこのほか、購入前の各部チェックや納車時の整備、また購入後の定期的な点検と整備が重要であることは言うまでもないが、本稿はそこを語るものではないのでバッサリ割愛する。そのあたりは各自、常識に基づいて行動されたい。

次ページは : ■先代メルセデス・ベンツEクラス(W212)