50歳から乗りたい! 趣味性で選ぶ濃厚“オジカー”


 異論はあるかもしれないが、幼少期に1970年代の「スーパーカーブーム」を体験し、免許を取った頃にバブル期を体験した世代こそが、クルマ好きの黄金世代ではないだろうか。

 そのクルマ黄金世代も、現在では50代真っ盛り。若い頃からのクルマの趣味嗜好はなかなか変わらないが、年齢とともに意識は少しづつ変わる。交通法規の締め付けは厳しく、電動化へのカウントダウンが迫ってくるなど、自分は変わらなくても世の中は変わる。

 では、中高年になったクルマ好きは、今後どうやって積極的にクルマを選び、楽しめばいいのだろうか? 今回はそのヒントみたいなものを、中高年代表ということで、今年で59歳になった自動車評論家の清水草一が考えてみた。

文/清水草一 写真/フォッケウルフ、本田技研工業、BMWジャパン、メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】50歳から選びたい! 中高年の趣味を充実させる“オジカー”


■速すぎないし維持費も安い軽スポーツ

 タイトルにある「オジカー」だが、そもそも最大の趣味が「クルマそのもの」というオヤジはこの世の中に多いはず。そうなると老後も相変わらずクルマを主役にしなくちゃならない。そこで、まずはこれだ。

2022年での生産終了が発表されたホンダ S660

 世の中、速く走ることが難しくなりつつあるし、ドライバー側の肉体(特に動体視力)だって衰えるから、速いクルマで楽しむことはどんどん厳しくなる。

 もうクルマは速過ぎないほうがいい! 逆に遅いくらいのほうがいい! 維持費の安い軽ならば、増車も不可能ではないってことで、嫁には運転できないMTだって許されるかもしれない。軽スポーツカーこそ、クルマが趣味の中高年に最適だ。

スズキ アルトワークスはクルマ通の間で高い人気を誇る!

 ならば、世界最小のスーパーカー・ホンダ S660がいい! と言いたいところながら、絶版決定ということで、現在、中古車価格は高騰中。それでもS660へ突撃する者はアッパレながら、もっと手の届きやすいアルトワークスやN-ONE RSのMT車でも充分である。

 軽スポーツは女子ウケが悪いことで有名だが、実際に中高年になってみれば、モテたいという気持ちもきれいサッパリ消滅する。今こそ軽スポーツで小さなシアワセを得ようではないか!

■走りも楽しいし帰農もできる軽トラも魅力的! 

惜しまれつつも、この春で生産終了となってしまったホンダ アクティ。最近、軽トラは、岩城滉一さんやヒロミさんなど芸能人も購入して注目されている!

 いま、「軽トラ」こと軽トラックが大注目だ。よく見ればクールでカッコいいし、軽トラを買えば、「農園を借りて趣味の農業を始めてみよう!」という気にもなりやすい。最近の軽トラは上級グレードを選べば快適性も高く、安っぽさはまったくない。

 軽トラにはMTがしっかり生き残っているから、MTを選べばさらによし。加速は相変わらず遅めですが、遅い軽トラをMTを駆使してスムーズに走らせるだけで、クルマ好きの趣味として成立する!

 駆動方式も多様だ。絶版間近のホンダ アクティはミドシップ、旧スバル サンバーはRRで、それぞれ「農道のNSX」、「農道のポルシェ」との異名を取る。

スズキのスーパーキャリイは、キャリイのキャビンスペースを広げたタイプ

 リクライニングシートが欲しければ、ハイゼットジャンボとスーパーキャリイがある。ホントの農家じゃないかぎり、荷台の広さはそんなに必要ないので、キャビンは広いほうがいいから、ジャンボ系は一挙両得。軽トラに乗るオッサンは、周囲からも一目置かれるはずだ!

次ページは : ■見栄とゴルフエクスプレスを兼ねた先行車追従クルコン付きセダン