ベンツGクラスの人気衰えず!! 日本人はなぜGクラスが好きなのか?


 依然として芸能人各位と富裕層、およびプチ富裕層各位に大人気のメルセデス・ベンツGクラス。そんなGクラスに2021年5月19日、新たなグレード「G400d」が追加された。

 G400dは、エントリーグレードであるG350dより44ps/100Nm増強された最高出力330ps/最大トルク700Nmの3L、直6ディーゼルターボエンジンを搭載。

 基本的な装備類はG350dと同様だが、標準色以外に12色の有償カラーと左右のステアリング位置が選択でき、さまざまな内装色とスペシャルな装備も用意される「G manufaktur(Gマヌファクトゥーア)プログラム」が設定されたことが、G400dの特徴となっている。

 それでいて車両価格はエントリーグレードであるG350dの38万円高でしかないということで、これからGクラスを買おうという人にとっては、G400dの登場によりグレード選択はさらに悩ましいものとなりそうだ。

 ここで改めて「なぜGクラスは人気なのか?」に迫ってみたい!

文/伊達軍曹
写真/メルセデスベンツ

【画像ギャラリー】芸能人御用達!変化していないようで結構変化しているベンツGクラス写真集


■2021年5月19日、G400dが追加された

G350dと同じ3L、直6エンジンを搭載しながらもソフトウエアのアップデートなどにより44ps/100Nmアップの330ps/700Nmを発生。G350dより38万円高い1289万円
G63はメルセデスAMGが完全自社開発したV8、4L直噴ツインターボ、585ps/850Nmを搭載。価格は2218万円

 まずはメルセデス・ベンツGクラスの歴史をごく簡単におさらいする。

 オーストリアのシュタイア・プフという会社とメルセデスが共同開発したNATO軍向けの軍用車というのが、Gクラスの起源。そしてその民生版として1979年に発売されたのが初代Gクラス(W460)だ。

 Gクラスというか、当時は「ゲレンデヴァーゲン」という呼称だったわけだが、1990年のモデルチェンジで2代目、つまり「先代」に相当するW463型が登場したが、基本構造やデザインが大幅に変わったわけではなく、内外装が少々モダンな感じになり、4WD機構がフルタイム式になった程度ともいえる。

 そして1994年にはゲレンデヴァーゲンから「Gクラス」へと呼称が変わり、マイナーチェンジや年次改良を重ねながら2018年5月まで長らく販売。同年6月、型式名としては同じW463ながら構造やデザインはそこそこ異なる新型にフルモデルチェンジされたというのが、メルセデスベンツGクラスの超ざっくりとしたヒストリーである。

 現行Gクラスで安価なG350dの次に売れているのは、車両価格2218万円也の最上級グレードであるメルセデスAMG G63。

 ……ということで、ある意味「中途半端なグレード」といえなくもないG400dの登場は、もしかしたら大勢に影響を及ぼさないのかもしれないが。

 しかしアレだ、2000万円超のG63が飛ぶように(?)売れているメルセデス・ベンツGクラスの日本における人気は、相変わらず非常に高い。

 東京の港区界隈を歩いていると、ちょっと大げさに言うなら「通り過ぎる車の20台に1台はGクラス」といった印象を確実に受ける。

G550d。価格は1705万円。搭載されるエンジンは422ps/610Nmを発生する4L、V8ツインターボ

 そして高年式の高額輸入車を得意とする中古車販売店で別件の取材をする際も、最近はおおむね2回に1回の割合で「Gクラスの納車」に図らずも立ち会うことになる。本当に、バカ売れしているのである。

 そして、いわゆる芸能人各位もGクラスが大好きだ。

 ベストカーの調査によれば、まずは明石家さんまさんがGクラスを何台も乗り継いでおり、俳優の玉木宏さんや吉瀬美智子さん、高島礼子さんなどもGクラスユーザー。

 そして故人ではあるが「破壊王」の異名をとったプロレスラー橋本真也さんも、当時のG55 AMGに乗っておられた(※G63 AMGだったかもしれない。雑誌のインタビューでご本人の発言を読んだのだが、55か63かの記憶は曖昧だ)。

 メルセデス・ベンツGクラスがいつ頃から日本でここまでの人気を博すようになったのかは定かでないが、テレビ番組の企画で、ビートたけしさんが明石家さんまさんのGクラスをペンキ塗れにしたうえで破壊したのが2008年。

 しかし破壊ならぬ破壊王の故・橋本真也さんは(筆者の記憶によれば)2000年頃にはすでにAMGのGクラスに乗っており、それどころか、筆者が自動車メディア業界に奉職した1990年代半ばには、もう「Gクラス=芸能人やお金持ちに人気の車」という図式は完全に出来上がっていた。

 おそらくは、初代Gクラス(W460)から2代目(W463)へとフルモデルチェンジされた1990年から、日本におけるその人気はスタートしたのであろう。

■なぜ日本ではGクラスがこれほど人気なのか?

ローマ法王のパレード車にも使われているGクラス(写真は2007年)

 そして、もちろん世界的に人気のメルセデス・ベンツ Gクラスではあるが、とりわけ日本での人気が高い理由は、基本的な部分では下記のとおりであるはずだ。

1/成功のシンボルとして手に入れたい

 「予約が1年先まで満杯のレストラン」や「2時間待ちの行列は当たり前のラーメン店」が、その予約の取りづらさや行列の長さにより、さらなる予約確保の困難や待ち時間の長さを生んでいるのと同じ状況が、Gクラスでも起きている。

 つまり「売れているから売れる」という、何事においても日本の市場ではよくある現象である。

 メルセデス・ベンツGクラスというクルマが「経済的な成功のわかりやすいシンボル」となったことで、「Gクラスが欲しいというよりも、成功の“シンボル”を手に入れたい。

 そのためには、ややわかりにくいディフェンダーとかではなく、どう考えても“ゲレンデ”でしょ」と考える人が多いのだ。

2/普通に使えるSUVだから売れている

 上記1のとおりGクラスは「経済的な成功のシンボル」となっているわけだが、同種のシンボルであるフェラーリやランボルギーニは(基本的に)2座式のスポーツカーであるため、乗り手や乗るべきシーンなどがきわめて限定されるプロダクトだ。

 しかしGクラスはご存じのとおり定員5名の四角い車であるため、富の象徴であると同時に「買い物や通勤、旅行などにも普通に使える」という側面を持ち合わせている。

 例えて言うなら、フェラーリやランボルギーニは「普通のダイヤモンド」で、基本的には家に置いておくか、たまに身につけてデパートやパーティなどに行くぐらいの使いみちしかない。

 それに対してGクラスは「ルンバの形と機能を持ったダイヤモンド」だ。富と成功の象徴であると同時に、「お部屋をキレイにする」という実用的な機能も十分に有している。だから、売れるのである。

3/造形や歴史が「日本人好み」である

 上記の1と2はもちろんそのとおりであると思ってはいるが、いささか意地の悪い見方でもあるだろう。そういった意地悪な見方以前にGクラスは、もちろん「自動車そのものとして好意的に受け取られているから、よく売れている」のはいうまでもない。

 2018年以降の現行型ではやや丸みを帯びたフォルムにはなったが、それでも依然として「スパッと斬り落としたかのような四角四面のフォルム」は、欧州文化的なデコラティブよりも「シンプルな美」を尊ぶ日本人の感性や美意識に強く訴える。

 また「NATO軍制式採用の軍用車が源流である」という部分も、ミリタリー系の趣味や文化に惹かれる場合が多い日本人男性の琴線に激しく触れる。

 それゆえ、モノコック構造で乗り心地が良い他社製プレミアムSUVと比べれば、さして乗り心地とハンドリング性能が抜群なわけでもないGクラスが、快適な他社製よりもバカ売れするのだ。

Gクラスは過酷なオフロード走行のための頑強な背骨となるラダーフレームを採用。最大3.4mm厚の鋼板製の閉断面サイドメンバーとクロスメンバーによってねじれ剛性が向上。ボディは高強度・超高硬度スチールを使用しアルミニウム製のフェンダー、ボンネット、ドアなどとともに、約170kgの軽量化に貢献

次ページは : ■新車で買うならどのグレード?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ