新型アリア補助金は最大100万円超!? 実際いくらで買えるのか


 2021年6月4日、世界に先駆けて、国内で予約注文専用の「limited」が発表された日産の新型EV「アリア」。デリバリー開始は、2021年10月とのことだ。

未来感のある内外装デザインや、電動4WD「e-4ORCE」による走行性能の高さなど、前評判も高いアリアだが、一番安いグレードの「B6 limited」でも車両本体価格は税込660万円となかなかの高額で、簡単に手を出せるクルマでない。

 しかし、ご存じのとおりEVには国や自治体からの補助金が出る。補助金の額次第では、購入検討したい!! というかたもおられるのではないだろうか。

 補助金を最大限活用すると、アリアはいったいいくらで購入できるのか。

文/吉川賢一
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】未掲載写真含む22枚!! 日本限定車 日産アリアlimitedをみる


新型アリアの免税は最大で30万円

2021年6月4日に日本専用の予約注文限定車を発表した新型EV アリア(全長4595×全幅1850×全高1655mm)

 本題に入る前に、まず「補助金」の詳細について確認していく必要がある。新車でEVを購入すると、各種税金で免税となるものがあるほか、

1.国からの補助金
2.県からの補助金
3.市区町村からの補助金

 といったかたちで、各行政機関から補助金を受けることができる。

 まずは、新車登録時の免税。新車EVの場合、環境性能割が非課税(3万9500円×3年=11万8500円 ※2.0Lの場合)となり、自動車重量税も免税(4万9200円)となる。さらに、東京都と愛知県では、自動車税が免税となる(約12万円)。

 合計すると、東京都と愛知県では、免税一切なしの2.0Lガソリン車と比較して約30万円近くは安くなる。65歳以上の方の場合はさらに、最大で10万円のサポカー補助金を受けられる。

国からの補助金は最大で82万円

都道府県や市町村からの補助金も用意されている。東京都の場合は、条件有で45万円、神奈川県の場合は、新車EV購入補助金10万円と、各地方自治体で条件、金額にかなりのばらつきがある

 次に、国からの補助金交付額は、そのEVの充電一回あたりの走行可能距離や用途(V2Hができるか否か)で金額が決まっている。

 例えば、40kWhのリーフは補助金額42万円、テスラ モデル3は40万円、ホンダeは23.6万円、MX-30 EVは16.2万円など、だ。アリアの場合だと、リーフと同じく42万円となる(見込み)。

 さらに、環境省が推進している「再生可能エネルギー100%電力利用の場合に出る補助金」もある。

 例えば、お住いの一軒家またはマンション等の太陽光発電などで自家発電が可能な個人の方などだ。ただし「4年間のモニタリング調査」が前提なので、途中で解約することは原則できない。なお、再エネ電力証書を購入することでも受けられる(詳しくは、環境省のHPに詳細な内容があるのでこちらを参照してほしい)。これが40万円。

 これらを合計すると、アリアの場合は、国から最大で82万円の補助金を受けることができる(※参考:環境省_大気環境自動車対策_省エネ100%電力調達案件について)

次ページは : 地方自治体の補助金はバラバラ

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ