GT-R NISMO 2022年モデル価格発表と同時に完売! 現行GT-Rついに生産終了か


 2021年8月5日、2021年4月14日に先行初公開したGT-R NISMO 2022年モデルと、特別仕様車のGT-R NISMO スペシャルエディション 2022年モデルの価格を発表(発売は10月末)するとともに、予定していた販売台数を超えたため、オーダー受付を終了していることを発表した。

 公式サイトを見るとさらに驚く情報が! 標準仕様のGT-Rについても「こちらに掲載のGT-Rのオーダーは終了させていただきました」と掲載されているのだ。

 これをもってR35GT-Rは生産終了なのか? 次期R36型GT-Rの最新スクープ情報とともにお伝えしていこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/日産自動車、ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】次期R36型GT-Rはどうなる? マイルドHV搭載か?


■330台を受注しオーダーストップしたGT-R NISMO 2022年モデル

価格発表前になるが、すでに公式サイトにはオーダー終了のアナウンスが掲載されていた
特別仕様車のGT-R NISMO スペシャルエディション 2022年モデル。専用色のステルスグレーを設定。NACAダクト付き専用カーボン製エンジンフードや20インチの専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(レッドリム加飾付き)を装備。価格は2464万円

 実は公式発表する前に、公式サイトで「予約注文台数が予定販売数量に達したため、オーダーを停止しております」とアナウンスされていた。

 GT-R NISMO 2022年モデルの価格は2420万円。GT-R NISMO スペシャルエディション 2022年モデルは2464万円。

 マクドナルドとのコラボレーションした4月の先行公開から3ヵ月で予約受注台数は330台。そのうち、全体の99%はスペシャルエディションだったという。ちなみに2020年度のGT-R NISMOの販売台数は131台だったから、いかに短期間で注文が殺到したかがわかる。

 このスペシャルエディションはNISMO専用の新色「NISMOステルスグレー」が設定されているが、スペシャルエディションの約半数がこのステルスグレーとのこと。

 特別装備品としては、NACAダクト付きのクリア塗装のNISMO専用カーボンエンジンフードをはじめ、専用のレイズ製20インチ鍛造アルミホイール(フロント:10J×20、リア:10.5J×20)、手組みの証としてエンジンに貼り付けられる匠プレートも赤い文字とした専用品となる。

 エンジン関係では、600psの最高出力は変わらないものの、ピストンリング、コンロッド、クランクシャフト、フライホイール、クランクプーリー、バルブスプリング(吸気)、バルブスプリング(排気)など、徹底的にこだわった高精度&高重量バランスエンジン部品を使うことで、よりスムーズに回り、振動も軽減、ポテンシャルが大幅に上がっているという。

専用のNISMOステルスグレーを身にまとったGT-R NISMOスペシャルエディション
GT-R NISMO スペシャルエディションのコクピット

■公式サイトには標準仕様のGT-Rもオーダー終了とアナウンス

GT-Rの公式サイトには、「こちらに掲載のGT-Rのオーダーは終了させていただきました」と掲載されている
標準仕様のGT-R 2020年モデル。近々にGT-R 2022年モデルが発表されるとのこと

 さて、ノーマルのGT-Rはどうなるのか? 公式サイトでは標準仕様のGT-Rが掲載されており、いずれも「こちらに掲載のGT-Rのオーダーは終了させていただきました」と掲載されている。

 実は2021年6月にはアナウンスされていたものだが、これを見て、R35GT-Rはもう生産終了か! と思った方もいるかもしれないが、さにあらず。

 ちなみにこの公式サイトに掲載されているモデルは2019年4月に発表、6月に発売されたGT-R2020年モデルだ。

 さっそく日産関係者に問い合わせると、「標準仕様のR35GT-R 2022年モデルが近々に発表されます。現行のR35GT-Rが生産中止になったわけではありません」とのことだった。はたしてどんなモデルになるのか、発表を待ちたい!

次ページは : ■次期R36型GT-Rは2023年発売予想