BYD製ポンチョ登場!? クルマの近未来情報3選

小型バスに中国の影? LG ファーウェイEV参入?? クルマの近未来情報3選

 ベストカー本誌にて、ハイテクから新サービスまで、あらゆる最新技術を解説している人気連載記事「近未来新聞」。

 今回はこちらから、BYD製ポンチョ登場? EVにLGファーウェイが参戦!!?、エネオスが水素価格を1/3に!? などの話題をご紹介!

●トピック 
・小型バスにも中国の影? BYD製ポンチョ登場
・LGにファーウェイもEV参入!? 新規プレイヤーが増加中
・水素価格を3分の1に エネオスの意欲的挑戦
・【番外コラム】アップルカー・自動運転の行方 ウィラーの新しい試み… 20秒ニュース×3

※本稿は2021年5月のものです
文/角田伸幸 写真/Adobe Stock、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年8月10日号「近未来新聞」より

【画像ギャラリー】クルマの“明日”が見えてくる! 最新技術のトピックをギャラリーでクイックチェック!!!


■小型バスにも中国の影? BYD製ポンチョ登場

 短い移動を担う小型バスとして、あちこちで見かけるようになった日野のポンチョ。このポンチョにZEV(ズィーイーブイ)という電気自動車仕様が登場した。

 正確にいえば、過去にもポンチョのEVは存在したのだが、あくまでディーゼル車を改造したコンバージョンモデル。

 バッテリー容量も小さく、実験的な意味合いが強かったから、今度のZEVこそが初のEV仕様といえるだろう。

日野ポンチョZEV。全長6990mm、全幅2090mm、全高3060mm。定員はシートレイアウトにより約30人。充電はCHAdeMOの急速充電に対応

 それにしても、顔つきからしてポンチョと違うなと思ったら、なんとこのZEV、中国でバッテリーやEVの製造を手掛けるBYD製だった。

 BYDはすでにさまざまな電動バスを販売しているのだが、ポンチョZEVのベースとなったのは「J6」というモデル。ボディサイズのほか、バッテリー(容量105kWh)やモーター(出力161kW)が、ポンチョZEVと共通のようだ。

BYDのJ6。サイズや定員はポンチョZEVとまったく同じだが顔つきが無機質。日本でも販売中だ

 ここまでの経緯から、筆者などは「とうとうポンチョも中国製に……」と早合点してしまったのだが、どうやら日野は、独自のEVポンチョも開発しているらしい。

  ではこのZEVはなんなのかといえば、公共交通機関のCO2削減を急ぎたい自治体向けの応急措置的モデルなのだ。いまや脱炭素は市や町のイメージ作りにも影響するだけに、EVバスの需要は予想以上に高まっているのだろう。

 それにしても乗用ばかりか商用でも中国製EVの存在感が高まっている。日本勢の巻き返しはいかに!?

■LGにファーウェイもEV参入!? 新規プレイヤーが増加中

 EV市場への新規参入が加速している。なかでも大きな流れといえるのが、スマホメーカーの転身だ。

 当連載では過去にもアップルやフォックスコン、シャオミのEV参入を伝えてきたが、ここへきて韓国のLG電子がスマホから撤退し、EVのコンポーネンツ製造に軸足を移すことが明らかになった。

 同社は近くカナダのマグナ・インターナショナルと合弁会社を作り、ドイツのボッシュや日本のデンソーに並ぶ巨大サプライヤーを目指すという。

 確かに同社は、世界屈指の電池メーカーであるLGエナジーソリューションを傘下に持つし、GMのEVプロジェクト「アルティウム」にも深く関わっている。動き方次第では、侮れない存在となることは間違いない。

 もう1社、恐ろしいのが中国のファーウェイだ。昨今の米中分断の余波を受け、スマホではアンドロイド市場から駆逐された同社だが、そこで培った技術をそっくりEVに持ち込み、市場への浸透を図っている。

 ファーウェイは現在、中国のさまざまな自動車メーカーと組み、自動運転やインフォテインメントといった領域をそっくり請け負う戦略をとっている。

 同社はこれを「HI(ファーウェイ・インサイド)」と呼んでいるのだが、すでに複数のクルマが試作段階にあるようだ。

 ますます混迷を深めるEV産業。はたして勝者は?

写真はHI(ファーウェイ・インサイド)の「アークフォックス・アルファS」。上海モーターショーに出展

次ページは : ■水素価格を3分の1に! エネオスの意欲的挑戦

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ