トヨタ カローラ一部改良! ほか最新限定車・特別仕様車情報

トヨタ カローラ一部改良! ウィリスCJ-3Aベースのラングラーとは? 最新限定車・特別仕様車情報

 カローラ3車種がそろって一部改良を果たした。多岐にわたる改良の内容を紹介。

 国産車5台、輸入車4台。ピカピカの新型車たちのなか、今回メインに使用した画像は1948年に発表された「ウィリスCJ-3A」。現代のSUVの基礎とも言えるこのモデルを意識したジープ ラングラーの限定車とは?

※本稿は2021年9月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月10日号

【画像ギャラリー】充実出来! カローラを中心に秋の新型9モデルをギャラリーでチェック!!!


■国産車編

■トヨタ カローラ(一部改良・7月2日発売)

 トヨタが7月2日、カローラ3車種に一部改良を加えたモデルの販売を開始。

●主な改良内容
・カローラ・カローラ ツーリング
– ペダルの踏み間違いによる急加速を抑制するプラスサポートを採用(販売店装着オプション)
– ウイルスや菌の抑制に効果があるOHラジカルを含む微粒子イオンを「ナノイー」の10倍量放出する「ナノイーX」を助手席側エアコン吹き出し口に設置(W×Bグレード、Sグレードにオプション)
– W×Bグレードの設定色にセンシュアルレッドマイカを追加
・カローラ スポーツ
– 外板色に新規開発色エモーショナルレッドIIIを採用

トヨタ カローラ

 踏み間違い防止のプラスサポートやナノイーX装備など、改良は多岐に渡る。価格に変更はない。

●価格:193万6000円~

■レクサス ES(マイナーチェンジ・8月26日発売)

 レクサスは8月26日、4月にマイナーチェンジを発表していたESの国内販売を開始した。

ESは今回のマイチェンで数多くの改良を施しており、「レクサス・セーフティ・システム+」も採用された

 今回のマイチェンでは、フロントグリルのメッシュパターンとヘッドライトの意匠を新しい物へと変更し、全体的に鋭いルックスとしている。

 それ以外では、F SPORTSには専用のオレンジ塗装が施されたブレーキキャリパーなど、専用装備が与えられている。全3グレードを展開し、価格は599万~715万円とされる。

●価格:599万円~

■スズキ エブリイ/エブリイワゴン(一部改良・9月13日発売)

 スズキは9月1日、軽バンのエブリイシリーズとエブリイ車いす移動車に一部改良を施したモデルの発売を発表した。9月13日より販売が開始される(※車いす移動車のみ10月18日発売)。

ディスチャージヘッドライトを新たに設定し安全性が向上したエブリイJOINターボ
快適装備をさらに充実させたエブリイワゴン。全車658cc直3ターボの4ATとなる
車いす移動車にも改良が施された

 今回の一部改良では、WLTPによる認証を取得したほか、オートライト、ESPを全車標準装備とした。また、エブリイ5MT車にはセーフティサポートを新設定、JOINとJOINターボではディスチャージヘッドライトを装備するなど、改良箇所は多岐に渡る。

 また、エブリイワゴンPAリミテッドではパワーウィンドウを追加しUSB電源ソケットを増設し、さらに利便性を向上させている。

 価格はエブリイ(商用)で97万1300~154万円。エブリイワゴン(乗用)の場合は155万8700~190万7400円となる。

●価格:97万1300円~

■ダイハツ ミラトコット(一部改良・9月1日発売)

 ダイハツは9月1日、ミラトコットに一部改良を施したモデルを同日に発表、販売を開始した。

グレード体系の見直しも行われ、全5グレードが2グレードへとまとめられた

 今回の一部改良では、安全性向上のためオートライトを標準装備としたほか、ボディカラーを一部変更。新色としてレイクブルーメタリックを追加している。

 また、L“SAII”では専用ホイールキャップを装備する。価格は116万2700~138万6000円。

●価格:116万2700円~

■日産 NT100クリッパー(一部改良・8月25日発売)

 日産は8月25日、軽トラックのNT100クリッパーに一部改良を施したモデルの販売を開始した。

オプションで4枚強化リーフスプリング仕様も選択できる。価格は91万7400~133万9800円となる

 軽トラックとして利便性や取り回しのよさはそのままに、今回の一部改良で安全装備を拡充、走行するうえであると便利な機能を備えている。

 走行時のクルマの状況をセンサーで検知し横滑りを防止するVDC、またオートライトを全グレード標準装備とした。また坂道発進で心強いヒルスタートアシストや、ぬかるみで強いブレーキLSDを追加で選べるようになる。

●価格:91万7400円~

■三菱 ミニキャブトラック(一部改良・8月26日発売)

 三菱は8月26日、ミニキャブトラックに一部改良を施したモデルの販売を開始した。

人気グレード「みのり」では3ATが新設定。価格は90万8600~134万9700円

 今回の一部改良では、運転支援機能「e-Assist」とアクティブスタビリティコントロールを標準装備とするグレードを拡大することで、サポカーSワイド対象となるグレードの範囲を広げている。「みのり」では強化リーフを標準装備。

 また、エクステリアでは上級グレード「G」のみ採用のメッキフロントガーニッシュを全グレードで採用とした。

●価格:90万8600円~

■輸入車編

■BMW M135i ストリートレーサー(限定モデル・9月9日発売)

 BMWは8月26日、BMWエントリーモデルとして高い人気を誇る1シリーズにMスポーツの技術を注ぎ込んだ限定モデル、M135iストリートレーサーの販売を発表した。発売日は9月9日となる。

カタログモデルにはない専用パーツを多くまとい、より刺激的な走りが楽しめる一台とされた

 M135iは、専用スポーツシート、18インチホイールをセットしたMパフォーマンス・パッケージやMパフォーマンス専用エアロを装備したホットハッチである。

 価格は696万円。日本全国限定で40台を販売する。

●価格:696万円

■ルノー メガーヌ(マイナーチェンジ・8月26日発売)

 ルノーは8月26日から、マイナーチェンジされたメガーヌの販売を開始した。

運転支援のセンサー・警報も新装備されたメガーヌ。インテンスの価格は310万円となる

 今回のマイナーチェンジによって、フロントバンパーとフロントグリルのデザインが一新。メッキパーツも採用されることでより洗練されたデザインへ進化している。

 ボディはスポーツモデルであるR.S.での使用を考慮した高剛性シャシーであり、そこに159ps、27.5kgmを発生させる1.3L直4直噴ターボを搭載。安定感ある力強い走りを実現したモデルとなった。

●価格:310万円~

■BMW M440i xDrive グランクーペ(追加モデル・7月16日発売)

 BMWは7月16日、4シリーズグランクーペにサーキットで鍛えられた性能を街乗りで存分に活かせるM440iの販売を開始した。

3L直6、387psを発生

●価格:1005万円

■ジープ ラングラーアンリミテッド ウィリス(限定モデル・9月4日発売)

 ジープは8月24日、ラングラーアンリミテッド・スポーツをベースとした限定車、「ウィリス」の発売を発表した。発売は9月4日からで、300s台限定販売となる。

ボディ色はスティングレーC/CとサージグリーンC/Cの全2色となる
モチーフとなったウィリスCJ-3A

 車名にウィリスとあるとおり、ウィリスCJ-3Aを意識したモデルであり、車体側面に専用デカールが入るなど専用装備を数多く取り入れ、各種運転支援も充実したモデルだ。

●価格:568万円

【画像ギャラリー】充実出来! カローラを中心に秋の新型9モデルをギャラリーでチェック!!!