BMW 2シリーズアクティブツアラーの新型が欧州でお披露目に


 BMW初のMPVであり、同ブランド初のFFとして登場し、大きな話題となった2シリーズアクティブツアラーが、ついに2世代モデル登場に向けたカウントダウン。本国で新型の情報が公開された。

 SUVのような広がりを見せてはいないものの、独自のポジションを獲得し、新たなBMWファンの獲得に成功した2アクティブツアラーは、どんな未来を描くのか。新型の特徴やモデルライン、強化されるPHVシリーズまで含め、新2シリーズアクティブツアラーの情報を纏めてお届けする。

文/大音 安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】年明け欧州デビューへ!BMWのMPV「2シリーズアクティブツアラー」


■世界初公開された2代目MPVはキープコンセプト

 BMWは、2021年10月6日(現地時間)、第2世代となる新型2シリーズアクティブツアラーをオンラインにて世界初公開した。

ドイツよりオンライン発表された新型2シリーズアクティブツアラー

 同車は、2014年に発表されたBMW初のMPVであり、同時にBMWブランドとして初のFF車であった。しかもクーペとカブリオレで構成されたコンパクトスペシャルティな2シリーズの仲間でありながら、ボディの関連性がないことに加え、キャラクターもまったく異なるという、異端的な存在だ。

 しかし、手頃なサイズと広い車内空間を両立させることで、若いファミリー層などの新たなBMWファンの獲得にも繋がった。そんなBMWにとって革命的であった2シリーズアクティブツアラーの第2世代が、ついに姿を現したのだ。

■BMWの新デザイン言語を取り入れたエクステリア

 エクステリアのデザインは、現行型同様にトールスタイルを継承するが、新世代デザインを取り入れることで、よりスポーティな雰囲気に仕上げられている。これは同じFF車である1シリーズとの共通性の高さも感じさせ、特にアイコニックな段付きデザインのキドニーグリルのマスクが印象的だ。

 ただ、アクティブツアラーでは、グリルを大型化させることで、より逞しい顔つきに仕立てられている。この新マスクはBMWのSUVともイメージが重なるところがあり、同車のクロスオーバーモデルとしてのポジションを主張しているのだろう。

 リアスタイルには現行型の面影を残すものの、テールランプはすっきりとしたアーモンド形に変更。ただ、ブレーキランプデザインに、L字型を取り入れることでBMWらしさもしっかりと主張。また、エキゾーストパイプが隠されたのも新型の特徴のひとつといえよう。

 最大の関心事のひとつとなるボディサイズは、全長が+32mmの4386mm、全幅が+24mmの1824mm、全高が+21mmの1576mmとわずかに拡大。ホイールベースは、現行型同様の2670mmとなるが、トレッドを拡大させることでハンドリングの向上を図っているという(※欧州発表値による比較データ)。

現行型のイメージも残すスタイルは、ボディサイドやウィンドウデザインに、新1シリーズとの共通性も垣間見れる

次ページは : ■激変のコックピットスタイル