マイチェン版のBMWミドルSUV「X3」と「X4」の魅力とは!?


■デジタル化を強化したコックピット

 インテリアデザインでは、コックピットのデジタル化の強化が大きなハイライトとなる。BMWオペレーティング・システム7.0にアップデートされ、インフォテイメントディスプレイが12.3インチと大型化され、メーターパネルもフル液晶ディスプレイに変更されている。

 同時に、先進の安全運転支援機能も最新世代にアップデート。高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーを備えるものとなり、高速道路渋滞時に手放し運転が可能となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も標準搭載されている。

X3のコックピット。デジタル機能が強化され、音声認識機能やコネクテッド機能が進化している

■ニーズを読み解いた充実のパワーユニット

 新型X3とX4は全車が4WDとなり、仕様は右ハンドルのATのみ。パワートレーンは、ガソリンとクリーンディーゼルに加え、X3ではプラグインハイブリッドも用意。エントリーとなるX3 xDrive20iは、184ps/300Nmの2L直列4気筒ターボエンジンを搭載。X3とX4で選択可能なクリーンディーゼルxDrive 20dは、X3が190ps/400Nmに対してX4が184ps/400Nmとチューニングが異なる。

 X3のみに設定されるPHEVのxDrive 30eは、xDrive 20iと同じスペックの2L直列4気筒ターボエンジンに、電気モーターと34Ahのリチウムイオン電池を組み合わせたもの。EVモードの航続距離は49.5kmとし、システム最高出力は292ps、システム最大トルクは420Nmとパワフルなものだ。

 また、X4には専用グレードとなるxDrive30iがあり、こちらはハイチューン仕様の2L直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力252ps、最大トルク350Nmを発揮する。

最強のMハイパフォーマンスモデルに収まる3L直列6気筒ターボエンジン。

次ページは : ■走り屋を魅了する個性豊かなMラインナップも用意

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ