マイチェン版のBMWミドルSUV「X3」と「X4」の魅力とは!?


 人気のSUVのなかでも、特に熾烈な争いが繰り広げられるミッドサイズモデルは、BMWにとっても重要な重要なカテゴリーだ。その中核的モデルである「X3」と、基本を共有するクーペSUV「X4」が、フェイスリフトを含む改良を受けた。

 新モデルのビジュアル的特徴や機能の進化、ラインナップなど、磨き上げられた新X3とX4の魅力をお届けしよう!

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】マイチェン版BMWミドルSUV「X3」と「X4」の改良ポイント


■電動化や先進機能など時代に合わせたアップデートを……

 BMWは2021年10月28日、BMWのミッドサイズSUVであるSAVの「X3」とSACの「X4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日より販売を開始した。新価格は、X3が699万円~1311万円。X4が776万円~1338万円となる。

BMWのミッドサイズSUVの中核的モデルであるX3とX4がマイナーチェンジを実施した

 BMWでは、スタンダードなSUVをSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)、クーペSUVをSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)とそれぞれ呼んでいる。

 改良のポイントは、前後バンパーデザインやキドニーグリルなどのエクステリアの変更、先進の安全運転支援機能の強化やプラグインハイブリッド(PHEV)の追加などが挙げられる。

■よりゴージャスとなったフロントマスク

 エクステリアの変更のポイントは、X3とX4が持つラグジュアリーな雰囲気を高めたことにある。新デザインで最もインパクトがあるのが、新キドニーグリルだ。独立した左右のグリルを一体化させ、グリルをより押し出した立体感のあるデザインに変更。標準車のフロントバンパーをプレーンな仕上げとし、メリハリが与えられた。

標準車のフロントバンパーは、開口部を絞り込み、プレーンな形状とすることで、新キドニーグリルを強調する

 一方、人気のMスポーツはフロントバンパーの開口部を絞り込みながら、より立体的なデザインとすることで、躍動感を増している。左右のダクトはL字デザインとすることで幅広さや安定感も強調しているようだ。新型M4に関しては、標準車がすべてMスポーツに集約されている。

X4 M40iのエクステリア。フロントバンパーデザインを変更。Mパフォーマンスモデルなので、グリルはブラック化

 リアスタイルでは、X3が立体感のある新デザインのテールランプに変更。また、リアバンパー内蔵タイプのエキゾーストフィニッシャーが新デザインとなっているのが大きな変更点となる。

立体的なデザインのテールランプが印象的なX3。リアバンパーデザインも変更し、テールフィニッシャーの形状も改められた

次ページは : ■デジタル化を強化したコックピット