目立った活躍はしていないけど…実はすごい! 日産の今を支える隠れ名車たち6選


 次々とNEWモデルを発表・発売し、確実に輝きを取り戻しつつある今の日産。EVとe-POWERが日産の今後を支える屋台骨になることは間違いなく、三菱自動車との共同プロジェクトで企画・開発を進める軽クラスのEVを2022年度初頭に発売することも発表されたばかり。

 日産ファンにとっては嬉しいニュースが続く今日この頃だが、日産がここまでの復活を果たしたその裏には、セールス的に決して成功したとは言えないものの大胆な挑戦で時代をリードした数多くのモデルも存在する。今回は、そんな“隠れ名車”たちを紹介したい。

文/FK、写真/日産、三菱

【画像ギャラリー】”やっちゃえ日産”のプライドが垣間見える実力車(22枚)画像ギャラリー

「キックス」と聞いて“軽自動車”を連想するアナタは相当な日産マニア!?

2008年10月にデビューしたキックス。KIXという名前は、“興奮”“熱中”の意味を持つ「KICKS」と“未知数” を意味する「X」を組み合わせた造語だった

 キックス(KICKS)といえばe-POWERを搭載したコンパクトSUVを思い浮かべる人が大半だろうが、スペルこそ異なるものの、過去に同じ“キックス(KIX)”の車名で販売されていた軽自動車があったことをご存じだろうか? 

 2008年10月デビューのキックスは、三菱自動車からのOEM供給によって発売された軽自動車SUV。パジェロミニがベースだったキックスとはいえ、パジェロミニとは一線を画すフロントグリルは兄貴分であるエクストレイルを彷彿とさせるもので魅力も十分。

 エンジンは街乗りから高速道路、さらには山坂道までパワフルかつスムーズな走りを実現する直列4気筒SOHC16バルブ4A30インタークーラーターボを搭載。

 2WDと4WDの切り替えがトランスファーレバーで簡単に操作できるイージーセレクト4WDと相まって高い走破性と機動力も発揮した。これにアプローチアングル38°、デパーチャーアングル46°、最低地上高195mmという十分なロードクリアランスと15インチの大径タイヤによる悪路走破性の高さが加わり、刺激的な走りにも十分に応える1台だったが、パジェロミニの生産終了にともなって2012年6月に生産を終了した。

コンパクトSUVのジューク&キックスの成功の裏に「デュアリス」あり!

骨太な挑戦が時代をリードする! 日産の迷車・珍車たち
美しいシルエットラインを持つミドルサイズクローオーバーSUV、デュアリス。デビュー後約1.5カ月で受注台数が累計1万163台を達成するなど、ロケットスタートを決めた

 ONとOFF、デュアルライフでの充実を提供したいという想いが車名に込められたデュアリスは、“スマート&コンパクトクルーザー”をコンセプトとしたミドルサイズクロスオーバーSUV。

 デビューは2007年5月でその後のジュークやキックスといった日産のSUVに大きな影響を与えたデュアリスは、軽快かつコンパクトな上半身とSUVらしいダイナミックさを有する下半身を融合させたエクステリアデザインが最大の特長だった。

 2010年8月にはマイナーチェンジを実施。いまや日産の代名詞となったVモーショングリルの採用をはじめ、視認性と高級感を高めた大径メーター、瞬間燃費やメンテナンス必要時期などの情報を表示する車両情報ディスプレイなどが新たに搭載されたが、2014年3月に販売が終了に。

 日本でこそセールスは伸び悩んだものの、欧州でのモデル名であるキャシュカイの販売台数では、日産車のラインナップにおいて3年連続No.1を獲得するなど人気を博した。2021年2月には、新型キャッシュカイを欧州市場に投入することを発表。空前のアウトドアブームに沸く今の日本に導入されることがあれば話題になることは必至だが、果たして?

次ページは : 高級感あふれる大柄な見た目とは裏腹なコスパ抜群の大人のセダン「ティアナ」