交通死亡事故は減ってない!? 統計による死亡者数のマジック

交通死亡事故は減ってない!? 統計による死亡者数のマジック

 令和2年(2020年)度、警察庁発表の交通事故死者数は2839人。令和元年(2019年)より376人少なく、統計開始以来4年連続最小を更新し、今回初めて3000人を下回った。喜ばしいことに交通事故死者数は年々減少している。しかし、ここでいう「交通事故死者数」という言葉が、“交通事故によって死亡した人数ではない”ということをご存じだろうか? 交通事故死亡者数の不思議について見てみたい。

文:江藤誌惠/写真:ベストカー編集部/図版引用元:警察庁

【画像ギャラリー】交通事故の恐怖! 即死か30日以内に死ぬか!(5枚)画像ギャラリー

交通事故死者にカウントされるのは24時間以内に死亡した人だけ

交番前に掲げられている「昨日の交通事故」の死亡者数情報も「24時間死者」が基準となる

 実は、日本では事故発生から24時間以内に死亡した人のみを「交通事故死者数」としている。これを「24時間死者」という。なので、事故発生から25時間後に死亡した人は、交通事故死者数には入らないのだ。警察庁は、昭和23年(1948年)以降の統計からずっと「24時間死者」をカウントしており、警察署や交番前に置かれた看板『昨日の交通事故~死亡/負傷』に記載されている数字がこれに当たる。

 だから、前述した2020年度の交通事故死者数2839人は「24時間死者数」を現わしているというわけだ。「それっておかしくない?」と思う人は多いだろう。もしも、大切な人が交通事故に遭い、事故発生から25時間後に死亡したから「交通事故死者数」にカウントされないとなると、ちょっとやり切れないのではないだろうか。

事故後30日以内に死亡した数でいえば、まだ3000人越えという現実!

30日以内交通事故死者の状況。「24時間死者」+「30日死者」=「30日以内死者」(警察庁資料より)

「24時間死者」に対し、24時間を越え、30日以内に死亡した人を「30日死者」という。令和2年(2020年)の「24時間死者」2839人に対し、「30日死者」は577人。「24時間死者数」同様、年々減少し続けている。しかし、交通事故の実態を見るなら、「24時間死者」と「30日死者」を足した「30日以内死者」で見るべきではなかろうか。

「24時間死者」2839人と「30日死者」577人を足した「30日以内死者」は3416人。警察庁が「交通事故死者数3000人を切りました!」と高らかに宣言しても、「30日以内死者数」で見れば3000人を切ってはおらず、「24時間死者数」を2割押し上げる結果となるのだ。

 世界では「30日以内死者」をカウントするのがスタンダード。日本も世界基準に合わせ、国際比較ができるように平成5年(1993年)から「30日死者」の統計を取り始めたおかげで、実態に即した交通事故死者数を把握できるようになったのだ。とはいえ、国内で発表される交通事故死者数は「24時間死者」なので、「30日以内死者」を見ない限り、やはり即死~24時間以内の死亡者のみの数字がメインとなる。

 ちなみに、世界で最も交通事故死亡者(人口10万人あたり)が多いのはコロンビア(2017年調べ/13.63人)、2位アメリカ合衆国(2018年調べ/11.17人)、3位チリ(2019年調べ/10.24人)。日本は27位(2019年調べ/3.10人)と健闘している。

次ページは : 「30日死者」の自転車乗車中の死亡事故は、「24時間死者」の約2倍!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ