マツダ2022年に逆襲開始!! 北米仕様MAZDA3にまさかの250ps2.5Lターボ搭載


 北米マツダが12月2日、マツダ3の2022年モデルを発表した。この冬に北米での発売を開始する。日本仕様のマツダ3には設定のない2.5Lターボ車も新たに設定されている。しかも日本で同じエンジンを積むマツダ6やCX-5、CX-8の230ps仕様よりも20psもパワーアップされているのだ。

 今のところ、これがそのまま日本に導入されるかは未定だが、北米マツダ3の2022年モデルの内容をお伝えしよう。

文/ベストカーWeb編集部写真/マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】マツダが北米でマツダ3のマイチェンモデルを発表! 日本にはない250psのガソリン2.5Lターボも搭載!!(11枚)画像ギャラリー

■デビュー3年目のマイチェンを敢行!

 まずはエントリーグレードとなる「2.0」には直4、2LDOHC(155ps/20.7kgm)が搭載され、駆動方式はFFのみとなり、ボディタイプはセダンのみだ。

 続いて中間グレードとなる「2.5S」には直4、2.5LDOHC(186ps/25.7kgm)を搭載。ボディタイプはセダンとファストバックの2タイプとなり、こちらは標準の2.5Sに加え、セレクトパッケージ、プリファードパッケージのほか、カーボンエディション(赤色のレザー内装やブラックの18インチアルミ、BOSE製オーディオなどを採用)が用意される。

セダンの2.5Sカーボンエディション。ブラックの18インチアルミホイールが精悍な印象だ。インテリアも鮮烈なレッドのレザー内装となる

 ファストバックには6MT車のプレミアムパッケージも設定される。2.5LエンジンのSKYACTIV-G 2.5には気筒休止技術が採用され、燃費性能を向上させている。

■日本仕様にはないホットな2.5Lターボ車を追加設定!!

 また、日本仕様のマツダ3のラインナップにはない直4、2.5L直噴DOHCターボのSKYACTIV-G 2.5T搭載車を設定。この2.5Lターボはオクタン価が87のガソリンを使った場合には227ps/42.8kgmとなるが、オクタン価93のプレミアムガソリン使用時には250ps/44.2kgmにまでパワー、トルクともに向上する。

北米のマツダで新たに設定された直4、2.5Lターボエンジンを搭載する「2.5 TURBO」。プレミアムガソリン仕様は250ps/44.2kgmを発揮!

 この2.5ターボ、最新のダイナミック・プレッシャー・ターボの採用により、新たに設計されたポートからターボチャージャーのなかにフレッシュエアを取り込むことで、瞬時にブーストを得られる応答性のよさが特徴なのだという。

 2.5Lターボ車には専用となるスポーティなエクステリアが用意されており、グロスブラックで精悍に仕上げられたフロントグリルをはじめ、大型のリアテールパイプにグロスブラックの18インチアルミホイール&ドアミラーなどを装着。

 インテリアにも本革巻きのパドルシフト付きステアリング、クローム仕上げを施されたプッシュ式エンジンスターターボタンなどが奢られる。

 2.5ターボにはプレミアムプラスグレードが設定され、セダンにはトランクスポイラーが装着され、ファストバックにはフロントエアダムとルーフスポイラーが装着され、スポーティな雰囲気を演出している。4WDのi-ACTIV AWDも2.5ターボ車には設定される。

 これまで日本仕様で積まれてきたマツダ6やSUVのCX-5、CX-8よりもボディが小さく、Cセグメントモデルとなるマツダ3に搭載されるうえ、ハイパワー化&高トルク化でマツダ3に最適化されているというから楽しみだ。

次ページは : ■全車に最新のi-ACTIVSENSE搭載!!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ