「護衛艦」ってどんな船? 日本独自の定義とDD、DDH、DDG……艦種記号の意味とは?


■海自護衛艦の種類と艦首記号の意味とは?

 今日、海上自衛隊の保有する艦艇の中で、護衛艦と呼ばれるのは、以下の5種となる。汎用護衛艦(DD:本来の意味はDestroyer)、ヘリコプター搭載護衛艦(DDH:Helicopter Destroyer)、ミサイル護衛艦(DDG:Guide Missile Destroyer)、近海警備用護衛艦(DE:Escort Vessel)、そして最も新しい艦種の多機能護衛艦(FFM:Frigate Multi-purpose/Mine)だ。

 面白いことに海上自衛隊では汎用駆逐艦からヘリ空母に相当するような大型艦まで、大きさや用途が異なる水上戦闘艦をひとまとめにして護衛艦と呼んでいるのだ。

 また、海上自衛隊の艦艇に付けられているDD、DDGなどの記号は艦種記号と呼ばれるもの。

ミサイル護衛艦(DDG)のみょうこう。こんごう型のイージス艦であり、高い防空能力を備える。 写真/出典:海上自衛隊ホームページ

 この艦種記号は1920年にアメリカ海軍から始まった。書類上の表記のために戦艦(Battleship)、巡洋艦(Cruiser)、駆逐艦(Destroyer)の頭文字を取って戦艦=B、巡洋艦=C、駆逐艦=Dと分類し、表記の際に見やすいように文字を重ねてBB、CC、DDとした。その後、巡洋戦艦=BC、重巡洋艦=CA、軽巡洋艦=CL、駆逐艦=DDなどというように表記されるようになったのである。

 海上自衛隊では発足当初アメリカから貸与された艦艇に付けられていたDDやDEなどの表記法を敷衍して1956年に艦種記号と定め、同一記号の艦が複数ある場合は各艦に番号を付するようになった。

 これが海上自衛隊における艦番号の始まりで、今日まで続いている。たとえば汎用護衛艦の「あきづき」はDD-115、ミサイル護衛艦の「こんごう」ならDDG-173というように表記されるのだ。

 次回は、護衛艦の種類について、さらに掘り下げて紹介したい。

【画像ギャラリー】DD、DDH、DDG……海自の艦艇を一気チェック!(10枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ